レビュー
» 2010年02月18日 11時00分 UPDATE

最高キーボードのThinkPad T400sはマルチタッチも最高? (1/2)

「最高のキーボード」を搭載したThinkPad T400sにはタッチパネル搭載モデルもある。Windows 7で対応したマルチタッチの使い勝手はキーボードを超えるのか?

[芝田隆広(撮影:矢野渉),ITmedia]

最高のキーボードを載せたThinkPadでタッチパネルを使う

kn_tp400smp_01.jpg 本体サイズと外観は従来モデルと同じマルチタッチ対応の「ThinkPad T400s」。デスクトップ上部の赤い「SimpleTap」アイコンがタッチパネル搭載モデルであることを示す

 ThinkPad T400sといえば、「歴代ThinkPadで最高」とうたうキーボードを搭載したノートPCだ。そのパフォーマンスやキーボードについては、すでにレビューで紹介しているが(ThinkPad T400sのレビュー記事はThinkPad T400sの「歴代最高」なキーボードを“ガシガシ”たたいてみたを参照のこと)、そのThinkPad T400sにはマルチタッチ対応液晶搭載モデルも存在する。歴代最高のキーボード+タッチパネルのコラボは、どのような操作感を生み出すのだろうか。その使い勝手を試してみた。

 画面を直接触って操作を行う「タッチパネル」といえば、以前からThinkPadのラインアップに存在していたが、一部の特定業務以外では普及しきらないままだった。最近になってiPod touchやiPhoneの普及、そして、先日発表されたiPadなど、タッチインタフェースもだいぶ認知されてきたが、現状としてはコンシューマーノートPCで広く利用されているとは言いがたい(iPadの概要や挙動についてはAppleイベント現地リポート:Appleの「iPad」を展示ブースでねっとりと眺めるAppleイベント現地リポート(2):ぬるぬる動くぜ「iPad」、展示ブースから動画でチェック!を参照のこと)。

 とはいえ、Windows 7で新たに搭載されたタッチパネル機能である「Windowsタッチ」は、新OSの目玉機能ということもあって、Windows 7発売時におおいにクローズアップされた。「機会があれば試してほしい」とはマイクロソフトのみならず、多くのPCメーカーも訴求しているポイントだ。

kn_tp400smp_04.jpgkn_tp400smp_05.jpg ThinkPad T400sマルチタッチ対応版の前面と背面。従来モデルと仕様は変わらず、背面にはDisplayPortを備える

kn_tp400smp_06.jpgkn_tp400smp_07.jpg 左側面と右側面に搭載するインタフェースも従来モデルと同様だ

ThinkPad T400sの静電容量式タッチパネルは「指で使う」

 ThinkPad T400sのタッチパネル液晶は、最大4本の指を同時に認識できる、いわゆる「マルチタッチ」に対応したものだ。本体にスタイラスペンは付属せず、指で画面を直接タッチして操作することになる。タッチパネルの感度は良好で、今回の評価作業においても「タッチが認識されずにイライラする」ということはなかった。洗ったばかりの湿った手で操作しても特に問題ない。また、ボールペンなどのプラスチック部分や、金属などでタッチすると反応しない。

 ThinkPad T400sが搭載する液晶ディスプレイのサイズは14.1型ワイドで、最大解像度は1440×900ドットになる。デスクトップに表示されるアイコンのサイズはいくぶん小さめだが、男性の指でも狙いを定めるのはたやすい。仮に使いづらく感じるのであれば、Windowsの画面設定で解像度を低めにしたり、コントロールパネルの「ディスプレイ」から「画面上の文字を読みやすくします」で表示を大きくして使えばいい。

kn_tp400smp_02.jpgkn_tp400smp_03.jpg 液晶ディスプレイは14.1型ワイドで解像度は1440×900ドットと従来タイプのThinkPad T400sと変わらない。タッチパネルはイスラエルのN-tring製デバイスを採用する(写真=左)。キーボードレイアウトも従来モデルと同様。2段分の縦幅を持つEscキーとDeleteキー、ドットプリントを載せたタッチパッドなどを継承する(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.