ニュース
» 2010年06月08日 11時00分 UPDATE

2010年PC夏モデル:Office 2010に刷新、高機能AV志向の液晶一体型も──NEC、夏の「LaVie/VALUESTAR」第2弾 (1/3)

NECが2010年夏モデルの第2弾、全7シリーズ60モデルを発表。液晶一体型PCは3D表示モデルに加えて23型ワイドの大型液晶搭載モデルをリニューアル、全モデルでオフィススイートがOffice 2010に刷新された。

[ITmedia]

VALUESTARシリーズの特徴(夏モデル第1弾含む)

ラインアップ

  • 高機能AV志向の液晶一体型PC「VALUESTAR W」をリニューアル
  • 主力の液晶一体型PC「VALUESTAR N」は3モデル3カラーで展開
  • ハイパフォーマンス志向のセパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」はCore i7/i5/i3別に3モデルで展開
  • VALUESTAR EシリーズはVALUESTAR Nに統合

ハードウェア

  • VALUESTAR W」はフルHDの23型ワイドIPS液晶と、21.5型ワイドのタッチパネル液晶モデルを用意
  • VALUESTAR W」の最上位モデルは外部グラフィックス「GeForce GT 330」搭載
  • 下位モデルを除く「VALUESTAR W」でUSB 3.0とSDXC対応メモリカードリーダーを搭載
  • VALUESTAR N」は、全モデルで地デジチューナーを内蔵
  • VALUESTAR N」の上位モデルはCore i5-450Mに強化
  • VALUESTAR N」にSDXC対応(UHS-Iは非対応)メモリカードスロットを搭載
  • VALUESTAR L」の上中位モデルにフルHD対応の23型ワイド液晶ディスプレイが付属
  • VALUESTAR L」の上位モデルは標準で8Gバイトのメインメモリ(最大16Gバイト搭載可能)とGeForce GT 220を搭載
  • VALUESTAR L」の上位モデルはUSB 3.0、SDXC対応(UHS-Iは非対応)メモリカードスロットを搭載

ソフトウェア

  • 全モデルで「Office Home and Business 2010」を同梱
  • 全モデルで「64ビット版Windows 7 Home Premium」を採用
  • 携帯電話に転送できる「外でもVIDEO」機能により高解像度のSD画質モード追加
  • SmartVisionに「きこえる変速再生機能」、「オートチャプター機能」を搭載

LaVieシリーズの特徴(夏モデル第1弾含む)

ラインアップ

  • 薄型コンパクトボディを採用する新シリーズ「LaVie S」を投入。5モデル4カラーで展開
  • A4オールインワンノートPCの「LaVie L」は、3モデル4カラーで展開
  • CULV版CPU搭載の「LaVie M」は3モデル3カラーで展開
  • Netbookの「LaVie Light」は2モデル4カラーで展開。全モデルでモバイルWiMAXとLuiクライアント機能を内蔵

ハードウェア

  • LaVie L」の上位モデルはCore i5-450Mに強化
  • LaVie L」に地デジチューナー内蔵モデルを追加
  • LaVie L」の上位モデルは、USB 3.0とSDXC対応(UHS-Iは非対応)メモリカードスロット搭載
  • LaVie S」はCPUにCore iシリーズ、全モデルでDVDスーパーマルチドライブを搭載
  • LaVie S」「LaVie M」「LaVie Light」にSDXC対応(UHS-Iは非対応)メモリカードスロット搭載
  • LaVie M」の上位モデルに、超低電圧版Core i3-330UM搭載モデルを追加
  • LaVie Light」は、全モデルでAtom N470を搭載
  • LaVie Light」は、全モデルでIEEE802.11a/b/g/n対応無線LANとモバイルWiMAXモジュールを内蔵

ソフトウェア

  • 全モデルで同梱オフィススイートを「Office 2010」に刷新
  • 64ビット版Windows 7を、LaVie Lightを除くモデルで採用
  • 64ビット/32ビットセレクトOSモデルは、初期インストールOSが64ビット版に
  • LaVie Light」全モデルに、Luiリモートスクリーン機能を搭載


夏モデルの第2弾は全モデルで「Office 2010」に刷新、一部でCPUの強化も

photo NECの2010年PC夏モデル。左上からLaVie S、LaVie L、Lavie M、LaVie Light、左下からVALUESTAR W、VALUESTAR N、VALUESTAR L

 NECは6月8日、2010年PC夏モデルの第2弾を発表、2010年6月中旬より順次発売する。

 今回の第2弾は、2010年4月に投入した夏モデル第1弾と基本仕様はほぼ共通となる。オフィススイートを「Office 2010」に全面刷新、(第1弾で投入しなかった)高機能AV志向の液晶一体型PC「VALUESTAR W」のリニューアル、上位モデルの一部でCPUの強化、モバイルノートPC「LaVie M」の超低電圧版Core i3搭載モデル追加などが主な変更点となる。

 Office 2007から刷新されたオフィススイート「Office 2010」は、VALUESTRシリーズとLaVie L、LaVie Sの全モデルでWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookを含むHome and Business 2010エディション、モバイルノートPCのLaVie MとLaVie LightはWord、Excel、Outlookを含むPersonal 2010エディション(LaVie Lightの下位モデルは2年間ライセンス版)を同梱する。

“高品質な映像とサウンド”が特徴のAV液晶一体型「VALUESTAR W」シリーズ

photo 「高画質+高音質」を訴求するハイエンドAV志向の液晶一体型「VALUESTAR W」

 2010年夏モデル第1弾で投入されなかった液晶一体型「VALUESTAR W」は、64ビット版Windows 7 Home PremiumとOffice 2010、強化した外部グラフィックス、USB 3.0などを新たに備えてマイナーチェンジした。

 主な特徴はテレビ+レコーダー+オーディオプレーヤー+PCの機能を1つにまとめつつ、高級感のあるボディデザインを実現する液晶一体型のスタイルにある。VALUESTAR Nと比べ、大画面で高画質・高音質志向、3波対応のダブルデジタルチューナーなど、AV系の機能で強化が図られている。上位モデルには別途デジタルレコーダーや家庭用ゲーム機などを接続し、PC起動なしで利用できるHDMI入力端子も備わる。

スタイリッシュな液晶一体型「VALUESTAR N」は全モデルで地デジ内蔵

photo 全モデルで地デジチューナーを内蔵、3D表示対応モデルも用意する「VALUESTAR N」

 主力デスクトップPCの「VALUESTAR N」は、厚さ約6センチのスリムな液晶一体型スタイルを継承する。ディスプレイは1600×900ドット表示に対応する20型ワイドで、上位モデルにはBlu-ray Discドライブを搭載。さらに、全モデルで地上デジタル放送対応チューナーを内蔵し、付属する無線式リモコンとともに液晶テレビ兼レコーダーとしても便利かつ手軽に利用できる。

 夏モデルの第2弾は、3D(立体視)表示に対応する最上位モデル「VN790/BS」を追加し、オフィススイートもOffice Home and Business 2010に刷新された。VN790/BSとVN370/BSは2010年6月下旬、そのほかは6月中旬に発売する。

Core i7+23型ワイドのフルHD液晶+8Gバイトメモリ「VALUESTAR L」

photo セパレートスタイルを採用し、高性能を追求するユーザー向けの「VALUESTAR L」

 「VALUESTAR L」シリーズは、PCとしての高い性能と大画面を望むユーザー向けのセパレート型デスクトップPCだ。Core i7-860+外付けグラフィックスのGeForce GT220+8Gバイトメモリ+1TバイトHDD+Blu-ray Discドライブを搭載し、23型ワイド液晶ディスプレイ(1920×1080ドット)が付属する上位の「VL750/BS」を筆頭に、Core i5-650+4Gバイトメモリ+1TバイトHDDを登載し、23型ワイド液晶ディスプレイ(1920×1080ドット)が付属する「VL350/BS」、Core i3-530+4Gバイトメモリを搭載する「VL150/BS」の3モデルを用意する。発売日は2010年6月中旬の予定だ。

 夏モデル第2弾は、オフィススイートの刷新以外は第1弾の仕様を継承する。「Office Home and Business 2010」が同梱される。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう