ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VALUESTAR W」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VALUESTAR W」に関する情報が集まったページです。

2013年PC春モデル:
トリプルチューナー内蔵の液晶一体型フラッグシップモデル――「VALUESTAR W」
23型フルHD液晶を内蔵する液晶一体型PC「VALUESTAR W」は、高画質&高音質の特徴を引き継ぎつつ、最新の「Office Home and Business 2013」をプリインストールした。(2013/2/5)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第1回 「VALUESTAR G タイプW」をAV機器目線でチェックする
PC+テレビ+レコーダー+音楽プレーヤー、1台4役に使える液晶一体型デスクトップPCが「VALUESTAR W」シリーズ。実は、YAMAHAスピーカーやHDMI入出力なども付いていたりし、意外と侮れない豪華なAV仕様だったりする。というわけでいつもとは少し視点を変え、AV機器レビュワーが「AV機器目線」で使い込んでみる。(2012/12/13)

2012年PC秋冬モデル:
Thunderboltを新設した高機能な23型テレビPC――「VALUESTAR W」
AV機能に注力した液晶一体型PCの上位シリーズ「VALUESTAR W」は、CPUを刷新しつつ、Thunderboltを新設。Windows 8の操作に対応したリモコンやマウスも付属した。(2012/10/19)

PCならではのテレビ連携機能とは:
テレビPCの「テレビ機能」はどれだけ便利か──3波“トリプル”チューナーの「VALUESTAR W」検証
テレビPCのテレビ機能、実はかなり多機能・高機能。PC各メーカーのテレビPCはすでに「あとは何を載せれば?」となるほど熟成しつつあるようだ。改めてPCのテレビ機能で何ができるか、NECの最上位AVデスクトップ「VALUESTAR W」で検証する。(2012/5/24)

2012年PC夏モデル:
“3波ぱっと観テレビ”に対応した新ボディの液晶一体型PC――「VALUESTAR W」
液晶一体型PCの上位シリーズ「VALUESTAR W」は、夏モデルでボディデザインを一新。約2秒で3波デジタル放送の視聴が可能になる“ぱっと観テレビ”機能も搭載した。(2012/5/8)

2012年PC春モデル:
テレビ機能を強化したハイエンドAV液晶一体型PC――「VALUESTAR W」
AV機能を重視した液晶一体型PC「VALUESTAR W」はテレビチューナーカードに新チップを採用し、フルHD画質で16倍録画が可能となった。(2012/2/14)

2011年PC秋冬モデル:
Core i7とメモリを強化したAV機能重視の23型フルHD液晶一体型――「VALUESTAR W」
23型フルHD液晶一体型PCの「VALUESTAR W」は、AV機能を重視したVALUESTARシリーズのフラッグシップモデル。2011年秋冬モデルはCPUクロックとメモリ容量を底上げした。(2011/9/12)

CMスキップ機能も搭載:
家庭用テレビで十分? それは食わず嫌いかも──「VALUESTAR W」のテレビ機能をねっちり検証
地デジPCはどうか。確かに単体価格は少し高額だが、AV機器を個別購入するシーンを考えると“ほぼ全部入り”の点は少し考えると意外にアリだ。今回は“ややプレミアム”な仕様の新型「VALUESTAR W」を検証する。(2011/6/10)

2011年PC夏モデル:
第2世代Core i7 Quad+BDXL+W長時間録画の23型ワイド液晶一体型――「VALUESTAR W」
AV機能を重視した液晶一体型PCの「VALUESTAR W」は、第2世代のクアッドCore i7を初採用。BDXL対応のBlu-ray Discドライブを搭載し、2番組の長時間同時録画も可能とした。(2011/5/16)

2011年PC春モデル:
新Core i+LED IPS液晶+3波ダブル録画+3D立体視の一体型PC――「VALUESTAR W」
AV機能を重視した液晶一体型PCの「VALUESTAR W」は、ノートPC向けの第2世代Coreを採用。64ビットOSを生かすべく、メモリを標準で8Gバイト搭載し、テレビ機能も強化した。(2011/2/1)

2010年PC秋冬モデル:
3D対応+新デザイン、“迫力AV仕様”の液晶一体型デスクトップPC──「VALUESTAR W」
23型ワイドの大型液晶ディスプレイを備えるハイスペックAV液晶一体型「VALUESTAR W」がデザインとプラットフォームを一新。上位モデルは3D表示に対応する。(2010/9/13)

HOT PRODUCTS:
これは、プライベートルーム“最強”PCかっ──「VALUESTAR G タイプW」を“家族のため”とも言い訳できる俺仕様に仕上げる
NECの高機能液晶一体型PC「VALUESTAR W」を、NEC DirectのBTOメニューでさらに“スペシャル”なPCにカスタマイズしてみよう。店頭では購入できないCore i7搭載の高性能+長く使える仕様がおすすめだ。(2010/6/25)

2010年PC夏モデル:
大画面と迫力サウンドの液晶一体型、GPUとテレビ系機能を強化――「VALUESTAR W」
フルHDの大型ディスプレイと3波デジタルチューナー、BD搭載のハイエンドAV志向の液晶一体型PCがリニューアル。外部GPUやテレビ機能を強化し、Office 2010も同梱する。(2010/6/8)

2010年PC春モデル:
映像とサウンドを“極める”、ほぼ全部入りのハイエンドAVデスクトップ──「VALUESTAR W」
ハイエンドAVデスクトップ「VALUESTAR W」がCore i5搭載でパワーアップ。デジタル放送、フルHD液晶、BD、ウーファー搭載ヤマハサウンドなど、PCとAVの流行機能を“ほぼ全部入り”で搭載する。(2010/1/18)

2009年PC秋冬モデル:
サウンドと映像を“極める”ハイエンドAV液晶一体型に一新、タッチ対応モデルも──「VALUESTAR W」
液晶一体型のハイエンドモデル「VALUESTAR W」は、フルHDのIPS液晶やヤマハサウンドでAV性能を大きく高めたスリムボディにフルチェンジ。タッチ操作が可能なタッチパネル搭載モデルも用意する。(2009/10/16)

水冷システムはやはり静かですよ:
高性能と静音性を両立した、“孤高”のハイエンド液晶一体型PC──「VALUESTAR W VW770/TG」
NECの「VALUESTAR W VW770/TG」は、デジタル3波のダブルチューナーやBlu-ray Discドライブ、そして「水冷システム」を備えた液晶一体型PCだ。パフォーマンスや機能とともに、どんな利用シーンに向くかを検証する。(2009/7/13)

2009年PC夏モデル:
クアッドコア搭載の液晶一体型水冷PC――「VALUESTAR W」
NECの静音水冷PC「VALUESTAR W」シリーズの夏モデルは、ラインアップを縮小し、クアッドコアCPU搭載モデルの1機種で勝負する。(2009/4/14)

2009年PC春モデル:
フルモデルチェンジでクアッドコアCPUを搭載しSmartVisonが復活した水冷PC――「VALUESTAR W」
NECの静音水冷PC「VALUESTAR W」シリーズがラインアップを一新し、ハード/ソフトウェアの両面で大幅に性能を強化した。(2009/1/13)

2008年PC秋冬モデル:
3波デジタル対応のダブルチューナーを全モデルに内蔵した水冷PC――「VALUESTAR W」
NECの水冷PC「VALUESTAR W」シリーズの新モデルは、3波デジタルテレビ対応のダブルチューナーの内蔵とCPUの高速化がトピックだ。(2008/9/2)

2008年PC夏モデル:
全モデルで地デジ/地アナ放送に対応した水冷PC――「VALUESTAR W」
液晶一体型PCで唯一の水冷システムを採用したNECの「VALUESTAR W」は、チップセットの変更とCPUの強化がモデルチェンジのポイントだ。(2008/4/16)

2008年PC春モデル:
基本性能の強化に徹した水冷PC――VALUESTAR W
高い静音性が人気の水冷PC「VALUESTAR W」シリーズの2008年春モデルでは、CPUやメモリといった基本スペックの底上げが行われた。(2008/1/8)

2007年PC秋冬モデル:
液晶一体型PCでついに復活を果たした水冷モデル――VALUESTAR W
NECの水冷PCが秋冬モデルで復活する。液晶一体型として登場した水冷PCは、静音性を重視した全4モデルでラインアップが構成される。(2007/9/3)

HD DVD-ROM対応のBDドライブを搭載:
最新の水冷ユニットを身にまとって静音性をアップ――NEC「VALUESTAR W」
NECと日立製作所が共同で開発した“第4世代”水冷ユニット搭載PCが「VALUESTAR W」シリーズだ。早速その中身に迫ってみよう。(2007/9/3)

2007年春 Vista搭載PC特集:
Core 2 Duoと外部GPUの採用で性能の底上げを図った液晶一体型PC――VALUESTAR W
NECはVALUESTARシリーズのフラッグシップモデル「VALUESTAR W」にCore 2 Duoを搭載した2モデルを投入する。(2007/1/15)

NEC、デスクトップ「VALUESTAR W」の電源ユニットを無償交換
日本電気は、液晶ディスプレイ一体型デスクトップPC「VALUESTAR W」および直販モデル「VALUESTAR G タイプW」に、電源が入らないことがある不具合があると発表、無償修理を開始した。(2006/10/30)

ダイレクトPC最前線:
地上/BS/110度CS+BDドライブが選べる液晶一体型PC――NEC「VALUESTAR G タイプW」
NECの「VALUESTAR W」は、デジタル放送の録画機能に注力した液晶一体型PCだ。秋冬モデルはBDドライブを初採用した。(2006/10/10)

2006年春の地デジ対応モデル連続レビュー:
地上デジタル放送もすぐ見られる手軽さが光る──NEC「VALUESTAR W VW970/EG」
NECの大型液晶一体型PC「VALUESTAR W」シリーズがフルモデルチェンジした。NECの第二世代となる新しいデジタル放送機能と、電源スイッチを押してから約2秒で映像が表示される「ぱっと観テレビ」機能を試してみた。(2006/2/24)

ITmedia PCUPdate Weekly Access Top10
もっとマヌケな“えびふりゃあ”本来の姿
先週、早速ランクインした日本電気「VALUESTAR W VW900/CD」に始まり、今週より、2005年PC夏モデルが続々発表され始めた。そんな発表・説明会取材時に役立ったのは、ちょっとしたデータのやりとりに便利なUSBメモリ。USBメモリといえば……あれである。(2005/4/19)

大型液晶一体型PCは、新しいユーザーを創出できるか──NEC「VALUESTAR W VW900/CD」
NECの夏モデルで唯一の新シリーズである本機の特徴は一言でいうと「大型液晶一体型」。今回レビューする上位機種には、異例の大画面26インチワイド液晶が搭載されている。(2005/4/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。