ニュース
» 2007年09月03日 11時11分 公開

2007年PC秋冬モデル:液晶一体型PCでついに復活を果たした水冷モデル――VALUESTAR W

NECの水冷PCが秋冬モデルで復活する。液晶一体型として登場した水冷PCは、静音性を重視した全4モデルでラインアップが構成される。

[田中宏昌,ITmedia]

“第4世代”の最新水冷ユニットの採用でさらなる静音化を実現

HD DVD-ROMの再生に対応したBlu-ray Discドライブ搭載の最上位機「VALUESTAR W VW790/KG」

 7月の発表会(関連記事:第4世代はCPUとHDDを冷やす──NECの水冷PCが秋冬モデルで復活する)で予告されていた、NECと日立製作所が共同開発した「第4世代水冷ユニット」搭載モデルが液晶一体型PCとして登場する。

 新たに生まれ変わった「VALUESTAR W」シリーズは、液晶一体型PCで最上位に位置するモデルだ。CPUだけでなくHDDの冷却が可能な新水冷ユニットの採用により、PCの最大稼働時でも25デシベル程度の低騒音ですみ、従来の水冷VALUESTARシリーズに比べて静音レベルは約33%まで減ったという。これにより、HDコンテンツやDVD-Videoの再生、音楽試聴時もPCの騒音に悩まされずに楽しめるようになった。

 水冷ユニットの導入にあわせてボディデザインが一新され、これまでの20インチワイド液晶搭載モデルの702(幅)×360(奥行き)×469(高さ)ミリから、534(幅)×253(奥行き)×476(高さ)ミリ(いずれもディスプレイ直立時)と大幅なコンパクト化に成功した。また、手の届きやすい前面に電源ボタンやメモリカードスロット、USB、ヘッドフォン端子を並べるなど使い勝手も考えられている。

日立製作所と共同開発した“第4世代”の水冷ユニット(写真=左)。PCの動作音を視覚化したイメージ(写真=中央)。新モデルの静音化が一目瞭然(りょうぜん)だ。扱いやすい前面に光学ドライブやメモリカードスロット、各種端子が並ぶ(写真=右)

地上デジタル/地上アナログ放送に対応

 全4モデルあるラインアップのうち、上位の2モデルが1680×1050ドット表示対応の22インチワイド液晶ディスプレイ(スーパーシャインビューEX2液晶)を、下位2モデルが1440×900ドット表示の19インチワイド液晶ディスプレイ(スーパーシャインビューEX液晶)を搭載する。上位3モデルでは地上デジタルと地上アナログチューナー(いずれも1波)を内蔵し、最上位のVW790/KGにはHD DVD-ROMの再生機能を備えたBlu-ray Discドライブを採用しているのが目を引く。ただ、VALUESTAR Wシリーズでは地デジ放送のデコードがソフトウェア処理となり、約2秒で地デジ番組を楽しめる「ぱっと観テレビ」機能や高画質スケーラは省かれている。

 CPUやHDD容量、外付けグラフィックスチップや無線LAN機能の有無でラインアップが構成されており(メインメモリは全モデル1Gバイト)、フラッグシップのVW790/KGにはCore 2 Duo E4400(2.0GHz)とNVIDIA GeForce 8400M GT(ローカルグラフィックスメモリは256MバイトのGDDR3-SDRAM)を搭載するほか、ドラフト11nの無線LAN機能を内蔵するなど高性能と多機能化が図られている。

 「VW770/KG」はVW790/KGと同じCPUとHDD容量(500Gバイト)を採用するものの、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブに、グラフィックス機能がチップセット内蔵(ATI Radeon Xpress 1250)になり、無線LAN機能もIEEE802.11a/g/bにダウンするが、実売価格で7万円ほど安価になる。

 19インチワイド液晶ディスプレイを備えた下位2モデルは、無線LAN機能を持たず、HDD容量が320GバイトになるほかはVW770/KGのスペックを受け継ぐ。ただ、「VW500/KG」はCPUにPentium Dual-Core E2160(1.8GHz)を搭載するが、エントリーの「VW300/KG」はCeleron 420(1.6GHz)で、TVチューナーも省略されるなど違いがある。

 OSは全モデルでWindows Vista Home Premiumを採用、オフィススイートのOffice Personal 2007がプリインストール済みだ。実売価格はVW790/KGが34万円前後、VW770/KGが27万円前後、VW500/KGが24万円前後、VW300/KGが21万5000円前後で、上位3モデルが10月末、VW300/KGが9月上旬の発売予定となっている。

 なお、NEC Directで販売される「VALUESTAR G タイプW」では、OSをVista Ultimateにしたり、メモリ容量を4GバイトにしたりといったBTOカスタマイズが行える。

左からVW770/KG、VW500/KG、VW300/KG。前面下部に出力3ワット+3ワットのAuraSound製スピーカーを全モデルで内蔵している

VALUESTAR Wの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VALUESTAR W VW790/KG 液晶一体型 フルモデルチェンジ Core 2 Duo E4400(2.0GHz) 1024MB 500GB Home Premium 34万円前後
VW770/KG 液晶一体型 フルモデルチェンジ Core 2 Duo E4400(2.0GHz) 1024MB 500GB Home Premium 27万円前後
VW500/KG 液晶一体型 フルモデルチェンジ Pentium Dual-Core E2160(1.8GHz) 1024MB 320GB Home Premium 24万円前後
VW300/KG 液晶一体型 フルモデルチェンジ Celeron 420(1.6GHz) 1024MB 320GB Home Premium 21万5000円前後
VALUESTAR Wの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VALUESTAR W VW790/KG 液晶一体型 1680×1050 ATI Radeon Xpress 1250 Blue-ray(HD DVD-ROM対応) GeForce 8400M GT 地デジ/地アナ 約21キロ
VW770/KG 液晶一体型 1680×1050 ATI Radeon Xpress 1250 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ/地アナ 約21キロ
VW500/KG 液晶一体型 1440×900 ATI Radeon Xpress 1250 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ/地アナ 約20キロ
VW300/KG 液晶一体型 1440×900 ATI Radeon Xpress 1250 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約20キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう