ニュース
» 2007年09月03日 11時00分 公開

2007年PC秋冬モデル:容積7.9リットルのセパレート型PCがデュアルコアCPUに対応――VALUESTAR L スリムタイプ

横幅が約66ミリの薄型デスクトップPC「VALUESTAR L スリムタイプ」がデュアルコアCPUに対応し、付属の液晶ディスプレイも小型タイプに変更された。

[田中宏昌,ITmedia]

Pentium Dual-Core E2140を搭載し峡額縁の液晶ディスプレイが付属

スリムタイプの液晶ディスプレイが付属したVALUESTAR L スリムタイプ

 VALUESTARシリーズの中で最も小型軽量となる「VALUESTAR L スリムタイプ」がデュアルコアCPUを内蔵した。ラインアップは夏モデルと同じ1モデルのみだ。

 夏モデルのVL300/JGではCPUにCeleron D 360(3.46GHz)を搭載していたが、新モデルの「VL300/KG」は1.6GHzで動作するPentium Dual-Core E2140(L2キャッシュは1Mバイト)を採用した。動作クロックこそダウンしているが、FSBは533MHzから800MHzに高速化し、2次キャッシュも倍増、そしてデュアルコア化により性能は強化された格好だ。また、付属する17インチスクエア液晶ディスプレイ(スーパーシャインビューEX液晶)が峡額縁タイプの「FR17R71」になり、省スペース性も向上した。画面解像度は1280×1024ドットで、1ワット+1ワットのステレオスピーカーを背面に内蔵して峡額縁化を図っている。

 そのほかのスペックは夏モデルと同様で、チップセットはATI Radeon Xpress 200/IXP450、PC2-4200対応のメモリは1Gバイト、HDD容量は320Gバイト、そしてDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブを備える。ボディサイズは66(幅)×341(奥行き)×352(高さ)ミリで、USB接続のFeliCaポートが付属する点も変わりない。

 OSはWindows Vista Home Premiumで、Office Personal 2007が付属する。価格はオープンプライスで、予想実売価格は夏モデル登場時と同じ18万円前後だ。発売時期は9月上旬予定で、直販のNEC DirectではCPUやHDD、OSやオフィススイートなどのBTOが可能な「VALUESTAR G タイプL スリム」が用意されている。

VALUESTAR L スリムタイプの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VALUESTAR L VL300/KG セパレート型 マイナーチェンジ Pentium Dual-Core E2140(1.6GHz) 1024MB 320GB Home Premium 18万円前後
VALUESTAR L スリムタイプの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VALUESTAR L VL300/KG 17インチスクエア 1280×1024 ATI Radeon Xpress 200 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約8.2キロ

関連キーワード

VALUESTAR | ディスプレイ | ATI | Radeon | FeliCa | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう