レビュー
» 2010年07月14日 11時00分 UPDATE

1万円台の“オトナの玩具”:「iPad……」なの?──謎のAndroid端末「EKEN M001」ぷちレビュー (1/3)

GENOで、“iPad?”……っぽい、なんだか怪しいAndroid端末が販売されている。話題のAndroid端末にしては安価なようだが、どんなモノかをチェックした。

[布施繁樹(K-MAX),ITmedia]

こ、これは「iPad なの」nano?

photo Android OS 1.6を搭載する「EKEN MID&Ebook M001」。GENO直販サイト価格は1万2790円だ

 2010年7月現在、アップル“iPad”やアマゾン“Kindle”といった、新たな生活スタイルを創造する可能性を秘めた「タブレットスタイル」の端末、そしてスマートフォンを中心に「Android」や「タッチパネル」といった単語が注目を集めている。

 「EKEN MID&Ebook M001」(以下、M001)は、なんとこの“ハヤリ”の要素をすべて備えている。

 ただ、それ以外は謎だ。この怪しげな端末、PCやPC周辺機器以外に同じく怪しげ(失礼!)なものも多数販売する「GENO」で見つけたので早速導入してみた。GENO直販サイト価格は1万2790円。価値観は人それぞれだが、いろいろできそうな検証用のAndroid端末として、そして“遊び心が分かる子どもオトナ”のオモチャとして遊ぶなら、どうだろうか。

 遠目に見ると、M001はなにやらiPadっぽい。薄型のボディに7型ワイドのディスプレイを備えており、意外に手に馴染む。大きさはiPadと「WILLCOM D4」の間といったところで、片手で保持できるサイズではあるが、iPhoneなどのように片手での操作は少し難しい──そんな感じだ。

photophotophoto iPad、iPhone 3GS、WILLCOM D4とサイズ感を比較。幅はちょうど片手で握れるほどだ
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.