レビュー
» 2010年11月30日 16時30分 UPDATE

イマドキのイタモノ:ASUSのGeForce GTX 580搭載OC版「ENGTX580/2DI/1536MD5」の実力とSLI性能を試す (1/2)

リファレンス準拠がほとんどだったGeForce GTX 580搭載モデルで、数少ないオーバークロック版「ENGTX580/2DI/1536MD5」。SLI構成も含めてその性能を検証した。

[石川ひさよし,ITmedia]

OC版なれどその姿はリファレンスデザインに準拠

 先日発表されたNVIDIAのGeForce GTX 580。単体構成でのパフォーマンスは、先日掲載したレビュー記事で紹介したように、現時点で最強といっていい。ならばSLIを組めばさらにパフォーマンスが向上するだろうと期待は高まる。今回、GeForce GTX 580のリファレンスカードとASUSの「ENGTX580/2DI/1536MD5」という組み合わせで検証してみた。

 ASUSの「ENGTX580/2DI/1536MD5」は、GeForce GTX 580のリファレンスクーラーを採用したグラフィックスカードだ。リファレンスデザインと並べてみたが、「ASUS」のロゴ以外に違いはない。ただし、オーバークロック仕様となっており、コアクロックがリファレンスデザインの772MHzに対し782MHzと、10MHz引き上げている。わずかといえばわずかのクロックアップだ。ただし、GPUの駆動電圧を変更できる「Voltage Tweak」機能を備え、オーバークロックツールの「SmartDoctor」から調節することで、リファレンスデザインで設定されている電圧上限を超えるオーバークロックを目指すことも可能だ。

kn_gtx580sli_01.jpgkn_gtx580sli_02.jpg 左がリファレンスデザインのGeForce GTX 580搭載グラフィックスカードで、右がASUSの「ENGTX580/2DI/1536MD5」だ。コアクロックを10MHz上げたモデルだが、外観の違いはASUSロゴのみ(写真=左)。コアクロックはリファレンスデザインの772MHzに対し782MHzと10MHzほどクロックアップされている。メモリクロックはリファレンスデザイン通り(写真=右)

 ここでは、ENGTX580/2DI/1536MD5のパフォーマンスをリファレンスデザインと比べるとともに、この2枚を用いてSLIを構築し、そのパフォーマンスをテストしてみたい。ただし、前回リファレンスカードを検証した「1枚構成」のベンチマークテストと今回の2枚組み構成では、「熱」の影響が無視できないほどに大きかった。

 検証用のシステムではマザーボードにASUSの「Rampage II GENE」を用いている。このマザーボードはSLIに対応しているもののmicro ATXフォームファクタであるため、2スロット厚のグラフィックスカードを2枚組み込むと2枚のカードのすき間がわずかで、長時間高負荷がかかり続けるベンチマークテストを繰り返し実行すると熱の影響を受けてベンチマークテストのスコアが変動する現象が発生しやすい。それを避けるため、ベンチマークテストの間に5分間のインターバルを設けてみたが、それでも、スコアのブレが激しい結果に関しては検証のデータから省いている。

ベンチマークテストシステム構成
CPU Core i7-980X(3.33GHz、Turbo Boost Technology有効時3.6GHz)
マザーボード ASUS Rampage II GENE
チップセット Intel X58 Express
メモリ DDR3-1333(バルク 2GB×3/9-9-9-24)
HDD WD5000AAKS(500GB/7200rpm/16MB)
OS 64ビット版 Windows 7 Ultimate

3DMark Vantageで明確な差が出るSLI構成

kn_gtx580sli_03.jpg 3DMark06:3DMarks(nonAA/nonAN)
kn_gtx580sli_04.jpg 3DMark06:3DMarks(4xAA/8xAN)
kn_gtx580sli_06.jpg 3DMark06:3DMarks(8xAA/8xAN)

kn_gtx580sli_05.jpg 3DMark Vantage(Overall)
kn_gtx580sli_10.jpg 3DMark Vantage(Graphics Test)

 3DMark 06に関しては、すでに標準画質でGPU以外にボトルネックが生じており性能の検証には適さない。それでも高画質設定では差が生じた。ENGTX580/2DI/1536MD5単体性能で見ると、わずか10MHzの差であるため、スコアにして50前後、多くても100は超えないが明らかに高い。SLIを構築した場合のスコアはどの結果よりも高く、GeForce GTX 480のSLI構成も明らかに上回っている。

 3DMark Vantageになるともう少し明確な差が確認できる。こちらではリファレンスデザインのGeForce GTX 580とENGTX580/2DI/1536MD5とのスコア差が100〜150、SLI構成におけるGeForce GTX 580とGeForce GTX 480との差は5000ほどになる。なお、単体構成を1とした場合のSLI構成の相対結果を比べると、GeForce GTX 480が約1.7、GeForce GTX 580は約1.6倍となった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう