ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GF100」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GF100」に関する情報が集まったページです。

新フラッグシップ「TITAN Black」も登場:
NVIDIA、Maxwell世代の最新GPU「GeForce GTX 750 Ti」を発表
NVIDIAは、Maxwellアーキテクチャを採用した初のGPU「GeForce GTX 750 Ti」および「GeForce GTX 750」を発表、メインストリーム向けに投入する。(2014/2/18)

Keplerと何が違う?:
NVIDIAの最新アーキテクチャ“Maxwell”を徹底解説
Maxwell世代初のGPU「GeForce GTX 750 Ti」が登場した。Keplerと何が違うのか。徹底解説。(2014/2/18)

イマドキのイタモノ:
GK110がついに使える!──「GeForce GTX TITAN」の“破格”なパワーを知る
GeForce GTX 600シリーズでは登場しなかった幻のGK110コアが、満を持して登場。あえてGTX 600シリーズにしなかったそのパフォーマンスを見ていこう。(2013/2/22)

イマドキのイタモノ:
2万円台と身近になったKeplerだ──「GeForce GTX 660」の“バランス”を検証する
GeForce GT 640というローエンドは早期に登場していたものの、ぽっかり抜けていたKeplerのスィートスポットに、GeForce GTX 660とGeForce GTX 650が登場した。(2012/9/14)

週末アキバ特価リポート:
残り物の福を狙え!――GeForce GTX 580の値下げが加速
セール品として店頭に並び、お得状態のまま気づかれずにたたずんでいるアイテムや、世代交代で底値となっているGeForce GTX 580搭載カードをチェック!!(2012/3/24)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2011年のGPU
“イマドキのイタモノ”で2011年に検証したGPUは5モデル。例年になく静かな“休戦状態”だったが、2012年につながる“兆し”をベンチマークテストで振り返る。(2011/12/31)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2011年のCPU
“イマドキのイタモノ”で2011年に検証したCPUは10モデル。業界関係者の正月の三が日を吹き飛ばし、クリスマスの三連休を消滅させたCPUレビューを振り返る!(2011/12/30)

古田雄介のアキバPickUP!:
「年末直前まで新製品が出そう」――ノートPCを“2画面化”できる液晶ディスプレイが話題
週末の3連休から本格的に年末モードに突入したアキバ電気街。しかし、PCパーツの新製品の投入ペースは衰えない。先週は拡張ディスプレイ「On-Lap 1301」やEVGAのデュアルGPUカードなどが登場している。(2011/12/26)

GPUクーラーを換装しよう:
オーバークロックも静音化も思いのまま――「Twin Frozr II」でギュンギュン冷やすぜ
MSI製GPUクーラー「Twin Frozr II」の単体販売モデルをリファレンスカードに装着し、そのOC性能や静音性を確かめる。換装手順からベンチマーク結果まで詳しく解説。(2011/8/11)

MSI、独自開発の“静かで冷える”GPUクーラーを単体販売
MSIは、同社開発のグラフィックスカード用クーラーユニット「Twin Frozr II」の単体販売を開始する。出荷は7月6日からで実売予想価格は5980円前後の見込み。(2011/6/30)

イマドキのイタモノ:
“P67”“H67”入りましたっ──ASUS「P8Z68-V PRO」で“Z68”を試す!
インテルの新チップセット「Intel Z68 Express」が登場した。その存在はCeBIT 2011などで明らかにされていたが、その機能と実力はどうなのか? (2011/5/11)

エイサー、Core i7搭載ゲーミングデスクトップPC「AG3600-H74F/G」
日本エイサーは、同社製ゲーミングデスクトップPC「Aspire Predator G」シリーズの新モデル「AG3600-H74F/G」を発売する。(2011/4/27)

オンキヨー、“タワー オブ アイオン”推奨デスクトップPCなど3製品
オンキヨーは、オンラインRPG「タワー オブ アイオン」推奨ゲーミングデスクトップPCなど計3製品の販売を開始する。(2011/4/20)

ミコッテおねえさんの、教えてあ・げ・る:
いろいろなクエストを楽しんでみよう
「ファイナルファンタジーXIV」初心者向け連載記事。第4回目は、実装されたばかりのサブクエストを中心に紹介していく。(2011/3/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年2月14日〜2月20日):
CPUの売れ筋に小変化、インテルも「Core i7-970」などで盛り返す
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第3週版】(2011/2/28)

ミコッテおねえさんの、教えてあ・げ・る:
素材を集められる“ギャザラー”にチャレンジ!
「ファイナルファンタジーXIV」初心者向け連載記事。第3回目は、アイテムを集めるクラス“ギャザラー”に関してレクチャーしていく。(2011/2/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年2月7日〜2月13日):
Intel 6シリーズ不具合の影響続く、代わりにAMDの「Phenom II」がかなり浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第2週版】(2011/2/21)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月31日〜2月6日):
「Intel 6シリーズ不具合」の影響くっきり──CPUとマザーはランク外へ急降下
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第1週版】(2011/2/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月24日〜1月30日):
通販サイトでも「この商品は現在お取り扱いできません」──Intel 6マザー“販売休止直前”の結果は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第5週版】(2011/2/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
P67/H67マザーが消えたアキバの現状
各メーカーによるP67/H67マザーの自主回収が行われ、PCパーツショップでは対応マザーのないCPUのみが売られる状態となっている。さて、これでどんな変化が起きた?(2011/2/7)

5分で分かった気になるアキバ事情:
年明けから「Sandy Bridge」に彩られた1月のアキバ
1月初旬に登場した“Sandy Bridge”こと第2世代のCoreシリーズは、多くのショップが「予想外」と口をそろえるほどのヒットを果たし、その勢いは月末まで続いた。そう、1月末までは……。(2011/2/4)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
CPUは「Core i7-2600」、マザーは「Intel P67」──現在の自作PCパーツの売れ筋は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第4週版】(2011/1/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
“今は微妙”な「GeForce GTX 560 Ti」がデビュー
500世代のメインストリームGPU「GeForce GTX 560 Ti」を搭載したカードが各社から一斉に登場した。売れ行きに関して、多くのショップは「微妙」と口をそろえるが、「期待外れ」ではないらしい。(2011/1/31)

イマドキのイタモノ:
「GeForce GTX 560 Tiのオーバークロックモデル」は“みんなが喜ぶ”グラフィックスカードか?
NVIDIAは、1月25日にGeForce GTX 560 Tiを発表した。価格性能比でヒット製品となった「GeForce 8800 GT」の再来をねらうGPU、とNVIDIAが訴求するその実力は?(2011/1/26)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
“Sandy Bridge”旋風、今週はもっと強烈──マザーボードはすべてIntel 6シリーズ搭載製品に
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第3週版】(2011/1/24)

古田雄介のアキバPickUp:
「2TバイトHDDは7000円以下じゃないと」――パーツ別の“売れる境界線”
価格の変動が激しいPCパーツの中でも、HDDやメモリ、グラフィックスカードの低価格化は顕著だ。そうしたパーツには、売れる/売れないがはっきり分かれる境界線があるらしい。(2011/1/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
“Sandy Bridge”、ホントにすごかった──「Core i7-2600K」が集計1日でいきなり首位
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第2週版】(2011/1/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年12月20日〜2011年1月2日):
“Sandy Bridge”待ちか、値下げ+セールの既存モデル狙いか──自作PCパーツ、年末年始の売れ筋は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第4週、2011年1月第1週版】(2011/1/11)

マウスコンピューター、Core i7-2600搭載デスクトップなど9製品を投入
マウスコンピューターは、Intel製最新CPUとなるCore i7-2600などを標準搭載したデスクトップPC計9製品を発表した。(2011/1/6)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2010年のGPU
2010年の“イマイタ”レビューに登場したGPUは12モデル。その性能と仕様の進化と傾向をベンチマークテストのグラフで振り返る。(2010/12/29)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年12月13日〜12月19日):
冬ボで自作PCをぷちパワーアップ、「Radeon HD 5870」人気が急上昇
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第3週版】(2010/12/27)

ミコッテおねえさんの、教えてあ・げ・る:
アレコレ作れる“クラフト”を始めようじゃないか!
「ファイナルファンタジーXIV」初心者向け連載記事の2回目は、アイテムを作れる“クラフト”の初歩についてレクチャー。本作独自のシステム“修理”にも関係するため、ぜひとも手を付けておきたい要素のひとつだ。(2010/12/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
いきなり首位に──iPhone対応ワンセグチューナー「ちょいテレi」が急浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第2週版】(2010/12/20)

PC販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
デスクトップPCの売れ筋は地デジ付き液晶一体型──人気は「VALUESTAR N」
2010年冬商戦期が訪れたが、今回のPC販売ランキングは大きな変きがなかった。人気モデルの傾向は半ば固定化した印象だ。【2010年12月第2週版】(2010/12/17)

AMD、新しいアーキテクチャを導入した「Radeon HD 6900」シリーズ
AMDは、12月15日にRadeon HD 6900シリーズを発表した。開発コード名“Cayman”と呼ばれてきた新しいアーキテクチャを導入した最上位GPUラインアップとなる。(2010/12/15)

イマドキのイタモノ:
新しくなったアーキテクチャの実力は?──「Radeon HD 6970」「Radeon HD 6950」“緊急通関”レビュー
「出るの!出ないの!」と待たされた“Cayman”が登場。Radeon HD 6970以外に、なんとか間に合った「2枚のRadeon HD 6950」で“Antilles”の性能も占う!(2010/12/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
冬ボで自作PC組むなら?──今回は「AMD 890」マザーと「GeForce GTX 460」グラフィックスカードが人気上昇
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第1週版】(2010/12/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
「年末にブレイクする可能性もなくはない」――GeForce GTX 570カードが登場!
セミハイエンドGPU「GeForce GTX 570」を搭載したカードが一斉に登場した。最近やや冷えているグラボ市場だが、これと“年末に出るっぽいアレ”がそろえば、再び大きく盛り上がるかも。(2010/12/13)

PC販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
ノートPC売れ筋はA4オールインワンの秋冬モデル──中でも人気はNEC「LaVie S」
12月に入り、2010PC秋冬モデルにおける売れ筋の傾向がはっきりしてきた。同時に順位の変動もやや少なくなってきている。【2010年12月第1週版】(2010/12/10)

NVIDIA、CUDAコア480基搭載のGF110世代「GeForce GTX 570」
NVIDIAは、“GF110”世代のコアを採用したGPUの新モデルとして「GeForce GTX 570」を発表した。すでに登場しているGeForce GTX 580の下位モデルにあたる。(2010/12/8)

イマドキのイタモノ:
4万円で“480”の夢を見る──君は「GeForce GTX 570」で“ホクホク”できるか!
GeForce GTX 580の発表から約1カ月、GeForce GTX 500シリーズの第2弾として“570”が登場した。お手ごろ価格のGF110コアはどんな力を持っているのか。(2010/12/8)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
ファンレス/ロープロ+HDMI付きで数千円から──「Radeon HD 5450」搭載製品が急浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第4週版】(2010/12/6)

5分で分かった気になる、11月のアキバ事情:
大物のニューフェイスが多かった11月のアキバ
11月のアキバは、GeForce GTX 580カードや3TバイトHDDといった大物パーツが次々と登場して賑わっていたが、月末には老舗店舗の廃業という衝撃も待っていた。(2010/12/3)

PC販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
家電エコポイントの駆け込み需要、PC販売状況にも“若干”タナボタも
家電エコポイントの駆け込み需要で、11月末は家電量販店がかなり賑わった。PCはエコポイントの対象ではないが、“それならば”需要がそこそこあったようだ。【2010年11月第4週版】(2010/12/3)

イマドキのイタモノ:
ASUSのGeForce GTX 580搭載OC版「ENGTX580/2DI/1536MD5」の実力とSLI性能を試す
リファレンス準拠がほとんどだったGeForce GTX 580搭載モデルで、数少ないオーバークロック版「ENGTX580/2DI/1536MD5」。SLI構成も含めてその性能を検証した。(2010/11/30)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
PCで地デジ、数千円台で購入できるUSB外付けタイプが人気──首位は「ちょいテレフル DT-F100/U2」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第3週版】(2010/11/29)

PC販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
PC販売状況、じわじわ活発化──ノートPCはTOP10すべてが秋冬の新モデルに
PCの売れ筋は9月〜10月にかけて発売した2010年秋冬モデル。ノートPCはランクインしたすべてのモデルが秋冬の新モデルで占められた。【2010年11月第3週版】(2010/11/26)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月8日〜11月14日):
マザーボードの売れ筋、Intel P55搭載モデルで変化なし──首位は、ASUS「P7P55D-E」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第2週版】(2010/11/22)

G-Tune、SLI構成にも対応するミニタワーゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO」
マウスコンピューターは、ミニタワー型筐体採用ゲーミングPCの新モデル「NEXTGEAR-MICRO」シリーズの販売を開始する。(2010/11/19)

PC販売ランキング(2010年11月8日〜11月14日):
PCランキング、秋冬の新モデルが大多数に──MacBook ProとiMacも人気劣らず
PCの販売ランキングはすでに8割が秋冬の新モデルに移ったが、アップルのMacBook ProやiMacも変わらず高い人気を維持している。【2010年11月第2週版】(2010/11/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。