ニュース
» 2011年03月14日 09時45分 公開

2000万円相当の義援金を拠出:エルピーダ、地震による停電で秋田エルピーダが操業停止中

エルピーダメモリは東北地方太平洋沖地震の影響による停電で、秋田エルピーダメモリが操業停止状態にあることを発表した。広島工場は通常通り、操業している。

[ITmedia]
エルピーダメモリの後工程拠点となっている秋田エルピーダメモリ。2010年3月現在の月産生産能力は、1500万個(シングルダイパッケージ換算)

 DRAM専業メーカーのエルピーダメモリは、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を発表した。

 秋田エルピーダメモリ(秋田県秋田市)は地震に伴う停電で操業停止状態となっているが、電力の回復次第、通常のオペレーションに回復する見込み。

 広島工場は震度が軽微だったため、通常のオペレーションを行っており、地震によってスクラップされたウェハはないという。物流は3月14日より通常通り行うとしており、今回の地震による同社事業へのインパクトは軽微との見方だ。

 なお、同社は被災者支援のため、2000万円相当の義援金を拠出するとともに、全世界のグループ従業員より寄付を募り、これも併せて寄付すると発表した(3月14日16時追記)。

 3月16日、秋田エルピーダメモリは操業を再開した(3月16日20時30分追記)。

関連キーワード

エルピーダ | 地震 | 停電 | 工場 | 物流 | ウェハ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう