ニュース
» 2011年10月12日 22時40分 UPDATE

エレコム、「TK-FBP018」に「ELECOM日本語入力 powered by ATOK」を提供

エレコムは、スマートフォンで利用できるBluetooth接続の折りたたみ式キーボード「TK-FBP018」向けに、日本語入力システム「ELECOM日本語入力 powered by ATOK」の提供を開始した。

[ITmedia]
og_ele_001.jpg 日本語65キーのBluetoothキーボード「TK-FBP018」。

 エレコムは10月12日、Android Marketを通じて「ELECOM日本語入力 powered by ATOK」の無償配布を開始した。折りたたみ式キーボード「TK-FBP018」シリーズで利用できる。

 TK-FBP018は、Bluetooth接続のワイヤレスキーボード。SPPプロファイルとHIDプロファイルをスイッチで切り替えることができ、SPPモードではXperia arcなどのAndroid搭載スマートフォンに、HIDモードではPCやWindows Mobile、Galaxy S/Galaxy Tabなどに接続して使用可能だ。

 今回リリースされたELECOM日本語入力 powered by ATOKにより、高い変換精度や推測変換機能を持つATOKエンジンをTK-FBP018で利用でき、Android搭載スマートフォンでより高速なタイピングが可能になった。

og_ele_002.jpgog_ele_003.jpgog_ele_004.jpg ソフトウェアキーボードはATOK風仕上げ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう