ニュース
» 2011年10月13日 20時50分 UPDATE

レノボのUltrabookはオレンジに輝く:レノボ・ジャパン、“Ultrabook”な「IdeaPad U300s」を発表

レノボ・ジャパンは、10月13日に「IdeaPad U300s」「IdeaPad U400」を発表した。IdeaPad U300sは、インテルが提唱する“Ultrabook”を意識したモデルだ。

[長浜和也,ITmedia]

最薄部14.9ミリで重さは1.32キロのUltrabook

 「IdeaPad U300s」は、インテルが提唱するデザインと性能を重視する薄型ノートPC“Ultrabook”のコンセプトを反映したモデルだ。レノボ・ジャパンでは、日本向けモデルの仕様詳細は11月上旬に公開予定で、ボディサイズもバッテリー駆動時間もスペック表として明らかにしていない(ただし、バッテリー駆動時間は説明資料で示されていた)。

 発表当日に行われた製品説明会では、液晶ディスプレイサイズが13.3型ワイドで解像度が1366×768ドット、ボディの厚さが最薄部で14.9ミリ、重さが1.32キロであることが公開された。なお、米国LenovoのWebページでは、本体サイズが324(幅)×216(奥行き)×14.9(厚さ)ミリ、バッテリー駆動時間が8時間(“スタンバイ”状態で30日)というスペックが紹介されている。

kn_idpu300s_01.jpgkn_idpu300s_02.jpg レノボ・ジャパンの“Ultrabook”はIdeaPad U300sとして登場する。ボディ最薄部は14.9ミリだ

 搭載するCPUは、Sandy Bridge世代のTDP 17ワットモデル「Core i7-2677M」(1.8GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大2.9GHz)で、チップセットはIntel QS67 Expressを採用する。システムメモリはDDR3を最大で4Gバイト載せる。データストレージには容量256GバイトのSSDを用意する。なお、光学ドライブは内蔵しない。

 本体搭載のインタフェースは、USB 3.0、USB 2.0をそれぞれ1基にHDMI出力と、薄いボディだけにその種類は限られる。米国LenovoのWebページでは、1000BASE-Tまで対応する有線LANと、IEEE802.11b/g/nに対応する無線LANが利用できることになっている。また、Lenovo RapidCharge対応のバッテリーパックを採用し、30分の充電で約3時間のバッテリー駆動か可能になるという。

kn_idpu300s_03.jpgkn_idpu300s_04.jpg 左側面にはUSB 2.0を備え(写真=左)、右側面にはマイクとヘッドフォン兼用端子とUSB 3.0、HDMI出力を搭載する(写真=右)

 ボディは天面から底面までつなぎ目を設けない“ワンピース構成”とレノボ・ジャパンが呼ぶメタルカバーを使用し、ボディカラーにはクレメンタインオレンジを採用する。ボディ表面の温度も底面で35〜39度となるものの、キーボードエリアで34〜35度、パームレストでは29〜30度に抑えている。ボディ内部にはロールケージ構造を取り入れて薄いボディでも強度を確保している。

 出荷開始は11月下旬の予定で実売予想価格は15万円前後になるとみられる。

kn_idpu300s_05.jpgkn_idpu300s_06.jpg キーボードはアイソレーションタイプを採用し、タッチパッドにはガラスパネルを導入して指の動きを滑らかにする(写真=左)。ボディカラーは鮮やかなクレメンタインオレンジを採用。用意するボディカラーはこの1色のみとなる

2スピンドルノートPCもUltrabookのような薄型ボディで

 「IdeaPad U400」も“ワンピース構成”のメタルカバーを取り入れたノートPCで、14型ワイド液晶ディスプレイ(解像度は1366×768ドット)とスロットインタイプの光学ドライブを搭載するモデルだ。レノボ・ジャパンはスペックの詳細を11月上旬に公開する予定で、ボディの最薄部は22.6ミリ、重さ1.98キロであることを公開している。なお、米国LenovoのWebページでは、本体サイズが340(幅)×230(奥行き)×22.6(厚さ)ミリであることと、バッテリー駆動時間が7時間であることが記載されている。

 CPUは、TDP 35ワットのCore i5-2430M(2.4GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3GHz)、チップセットはIntel HM65 Expressを採用。システムメモリはDDR3を最大8Gバイトまで載せる。データストレージは容量500GバイトのHDDと合わせて容量32GバイトのSSDも搭載する。

 出荷開始は11月下旬の予定で、実売予想価格は10万円前後になるとみられる。

kn_idpu300s_07.jpgkn_idpu300s_09.jpgkn_idpu300s_08.jpg 14型ワイド液晶ディスプレイを搭載し光学ドライブを内蔵する「IdeaPad U400」は、ボディ最薄部が22.6ミリでデザインはIdeaPad U300sと共通する(写真=左)。左側面には有線LANとUSB 3.0を搭載し(写真=中央)、右側面には2基のUSB 2.0とHDMI出力、そして、スロットインタイプの光学ドライブを内蔵する(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.