ニュース
» 2011年11月16日 11時00分 UPDATE

アイ・オー、WHS 2011搭載オールインワンNAS「HDL-Z2WH」シリーズ

アイ・オーから小規模ビジネスシーン向けのWindows Home Server 2011採用NAS、90Mバイト/秒のシングルドライブNASが登場する。

[ITmedia]

Windows Home Server 2011搭載の小規模ビジネスシーン向けNAS

photo 「HDL-Z2WH」シリーズ

 アイ・オー・データ機器は11月16日、OSにWindows Home Server 2011を採用する2ドライブ型NAS「HDL-Z2WH」シリーズを発表。2011年12月上旬に発売する。価格は7万9800円(税別)。

 本シリーズは、SMB(中小規模事業者)向けとするWindows Strage Server 2008(ユーザー利用制限数:50ユーザー)搭載「HDL-Z*WSA」シリーズに対し、10ユーザーまで利用できるWindows Home Server 2011を採用し、SOHOや小規模ビジネスシーン、ホームユースに向くモデルとして展開する。基本仕様にAtomプラットフォーム(デュアルコア Atom D510/1.66GHz)を採用し、2Gバイトメモリ、2TバイトのSerial ATA/3.5インチHDDを1基内蔵する(空きストレージベイ×1)。

 ネットワークストレージ/ファイルサーバ機能、ネットワーク型集中管理コンソール「ダッシュボード」、外部リモートアクセス機能、メディアサーバ機能(DLNA1.5準拠)/リアルタイムトランスコード機能、イメージバックアップなど、WHS 2011採用NASならではの機能に加え、アンチウイルスソフト「ESET NOD32 Antivirus(90日版)」、複数ドライブを1ボリュームとして管理できるドライブ仮想化アドインソフト「VVAULT 2.0 Basic」、GPTパーティション対応イメージバックアップソフト「ActiveImage 3.0(10クライアント分)」、ダッシュボード上で機器状態をモニタリングできる「ZWH Manager」もプリインストールした状態で出荷する“オールインワン”仕様を特徴とする。法人向けモデルのため「ISS(アイオー・セーフティー・サービス)保守」による故障時の代品貸与/同時引き取りや専用フリーダイヤルによるサポートなども受けられる。

 ストレージベイは計2スロット用意し、空いているベイへHDDをもう1基増設可能。Windows Home Serverの前バージョンに存在したDrive Extenderの代替としてプリインストールしたVVAULTにより、保存したデータを消去することなく増設分を1ボリュームに統合できる。このほか、USB 2.0×5、eSATA×2の豊富な増設インタフェースにより、外付けHDDも併用できる。搭載インタフェースは1000BASE-T準拠の有線LAN、USB 2.0×5(前面×1、後面×4)、eSATA×2、盗難防止(ケンジントンロック)ポート。ボディを共通とするHDL-Z2WSAより、アナログRGB出力ともう1つのLAN端子は無効となる。本体サイズは102(幅)×216(奥行き)×150(高さ)ミリ。

シングルドライブ版高速NAS「HDL-A」シリーズ 約90Mバイト/秒を実現

photo 「HDL-A」シリーズ

 約90Mバイト/秒を実現するシングルドライブ仕様の高速NAS「HDL-A」シリーズも2011年12月上旬に投入する。価格は、個人向け1Tバイトモデル「HDL-A1.0」が2万5300円、同2Tバイトモデル「HDL-A2.0」が3万600円、法人向け1Tバイトモデル「HDL-AH1.0」が2万7400円、同2Tバイトモデル「HDL-AH2.0」が3万2800円。

 同シリーズは、2ドライブ仕様「HDL2-A」シリーズ(レビュー:今買うなら“高速+多機能”でなきゃ──100Mバイト/秒の高速NAS「HDL2-Aシリーズ」検証)の高速データ転送、スマートフォンからのリモートアクセス機能、スカパー!HD含めDTCP-IPによる番組録画・配信機能といった特徴を継承した1ドライブモデルとなる。長期保証や有償保守サービス加入を可能とする法人向けモデルも用意する。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.