ニュース
» 2012年02月10日 13時00分 UPDATE

2012年PC春モデル:相変わらず薄くて軽い──「dynabook R631」

東芝は、2月10日にdynabook R631の新モデルを発表した。Ultrabookコンセプトの薄いボディとシステム構成はそのままに、新しいユーティリティを導入している。

[ITmedia]

Webカメラを利用した機能を強化

kn_r631e_01.jpg 重さは約1.12キロ、バッテリー駆動時間は約9時間のdynabook R631

 dynabook R631は、インテルが提唱するUltrabookコンセプトを反映した薄型軽量ノートPCとして、2011年9月に発表された(出荷は2011年11月から)。2012年春モデルとして今回登場する「dynabook R631/28E」は、従来店頭モデルとハードウェア構成は共通する。ボディサイズは、約316.0(幅)×227.0(奥行き)×8.3〜15.9(厚さ)ミリ、重さは約1.12キロになる。13.3型液晶ディスプレイを搭載して解像度は1366×768ドットだ。

 CPUは、デュアルコアでTDP 17ワットのCore i5-2467M(1.6GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大2.3GHz、3次キャッシュメモリ容量3Mバイト)で、チップセットにはIntel HM65 Expressを採用。システムメモリはDDR3-1333を4Gバイト(2Gバイト×2基)を載せる。グラフィックス機能はCPUに統合したIntel HD Graphics 3000を利用する。データストレージは、容量128GバイトのSSDだ。以上の構成で、バッテリー駆動時間は約9時間となる。

 キーボードはバックライトを内蔵するアイソレーションタイプを採用し、キーピッチは19ミリ、キーストロークは1.2ミリを確保する。本体に搭載するインタフェースには、SDメモリーカードスロット、USB 3.0、2基のUSB 2.0、1000BASE-Tまで対応する有線LAN、そして、HDMI出力を用意する。無線接続では、IEEE 802.11 b/g/nに準拠する無線LANとWiMAXを標準構成で利用できる。また、インテルのワイヤレス映像転送技術「Intel Wireless Display」(Intel WiDi)にも対応する。

 OSは64ビット版 Windows 7 Home Premium Service Pack 1。標準構成で導入するソフトウェアには、「Microsoft Office Home and Business 2010」(Service Pack 1適用)や東芝オリジナルの「東芝高速スタート」「東芝ピークシフトコントロール」のほか、内蔵するWebカメラを利用して手の動きでPCを操作する「ハンドジェスチャリモコン」と顔認証機能をもつ「TOSHIBA Face Recognition」、そして、音声でPCを操作する「てぶらナビ」を用意した。

 出荷開始は2月下旬で、実売予想価格は14万円前後になる見込みだ。

kn_r631e_02.jpgkn_r631e_03.jpg アイソレーションタイプのキーボードを搭載(写真=左)、バックライトを内蔵するので暗所での利用も可能だ(写真=右)

dynabook R631店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
dynabook R631 R631/28E Ultrabook ソフトウェア追加 Core i5-2647M (1.6GHz/ 最大2.3GHz) 4GB (DDR3) 128GB SSD 64ビット版7 Home Premium (SP1) 14万円台前後
dynabook R631店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook R631 R631/28E 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM65 CPU統合 ─ / Office Home and Business 2010 約1.12キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう