ニュース
» 2012年03月05日 09時00分 UPDATE

CeBIT 2012:日曜日は(いろいろな意味で)ダメよ──CeBIT 2012 前前日リポート

バルセロナが熱狂したMWCの翌週は、ドイツのハノーバーがCeBIT 2012で盛り上がる。さあ、PC USER海外取材班はどこにいる? 全世界は知らんと欲す。

[長浜和也,ITmedia]

自作PCユーザーとしては、今回も未発表マザーに注目だな

 CeBIT 2012が、ドイツのハノーバーでもうすぐ始まる。会期は3月6日から3月10日まで。開催前日の3月5日にも複数のベンダーが事前説明会を予定している。

 CeBIT 2012で行われる「CeBIT Global Conferences」が掲げるキーワードは、“All things Smart, Flying the Cloud, Connect your Lifestyle, and Social Business”と、ソリューションを提案する展示や説明会が多い。

 一方で、自作PCユーザーとしては、CeBITは、その年に登場する新しいプラットフォームを採用するマザーボードが、正式発表前に多数登場するイベントとしても定着しつつある。CeBIT 2011では、Intel Z68 Expressチップセットの概要がIntel主催のCeBITゲームイベントで明らかになったほか、マザーボードベンダーのブースでは、Intel Z68 Expressチップセットを搭載するマザーボードがASRockをはじめとして多数登場した。

 CeBIT 2012では、次期CPUの“Ivy Bridge”に対応するIntel 7シリーズチップセット(勝手に想像した名称)を搭載したマザーボードの動向に注目したい。Intelが予定しているプレスカンファレンスやゲームイベントで、概要が明らかになるのだろうか。展示ブースでは未発表のマザーボードが登場するのだろうか。特に、1月の2012 Internarional CESで、MSIとGIGABYTEがプライベートブースでIntel Z77 Expressチップセットを搭載するマザーボードを公開した一方で、まったく製品を明らかにしなかったASUSの動向が気になるところだ。

 このほか、Acerも説明会を行うが、いつもそこでは、日本未発表のノートPCやタブレットデバイスが登場する。2012 CESで公開したAspire S5以外に何か出てくるのだろうか。Microsoftは、Windows 8 Betaのライブデモを行うことも予告している。バルセロナで行ったカンファレンス以上の情報がでてくるのか、こちらも注目したい。

 以上、PC USERでは、現地に派遣した取材班による「CeBIT 2012」の情報を、特集ページで連日報告する。

この記事はどこで書いているでしょーか!

 ということで、ごくごく一部の関係者には恒例の「PC USER海外取材班は、まともに現地についたのか」のコーナーだ。CeBIT 2011では、乗り継ぎのアムステルダムで、人間は“ぎりぎり”で乗り換えが間に合ったのに、荷物が置き去りになってしまった。

 今回の乗り継ぎもアムステルダムのスキポール国際空港だ。しかし、学習したPC USER取材班は、乗り継ぎ時間に余裕を持たせた。その時間は実に6時間。ちょ、ちょ、ちょっと、長すぎない? しかし、network cafeなるポイントで電源を確保し、無線LANを1日使い放題16ユーロで契約して、いまのところは、やる気満々だ。

 取材拠点のハンブルク(今回もまた、会場のハノーバーまで片道約2時間のICE通勤を連日こなすことになった)に到着するのは土曜日の深夜。欧州の流通は土日になると完全に止まってしまう。……ということは、下手するとプリベイドSIMを購入できる月曜日午前(日本時間では月曜の夕方)までネットワークが使えないことになる!

 さあ、首尾よくネットワークインフラが日曜日に開通していれば、この記事にはハンブルクの街並みが掲載されているはずだ。もし、記事に掲載されているのが、アムステルダムのスキポール空港にあるnetwork cafeの風景であれば、いまだ、ネットワークが確保できず、取材班は音信不通のままと哀れんでほしい。

kn_cebitzenzen_01.jpg オランダはアムステルダムにあるスキポール国際空港は、kpnが提供する無線LANを利用できる。30分×2台まで利用できる無料のプランの外に、転送速度が速い有料プランもある。15分で3ユーロ、30分で6ユーロ、90分で12ユーロ、そして、1日で16ユーロ。容量制限はなく、VPNや印刷サービスを利用できる。空港内のnetwork cafeでは、電源も使える。さあ、乗り継ぎまでの6時間を3ユーロのコーヒー一杯で粘れるのか否か? 戦いは始まったばかりだ!

kn_cebitzenzen_02.jpg なんとか、無事に取材拠点のハンブルクにPC USER海外取材班は到達した。しかし、土曜深夜到着で日曜日にプリペイドSIMカードを調達しようとしてもショップはまったく開いていない。この通りは、ハンブルク中央駅西口の前にある「シュピタラー通り」で、奥に見える尖塔を目指して歩くと、5分もしないうちに、E-Plus、O2、T-Mobile、Vodafoneとドイツの主要キャリアがすべてそろう

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう