連載
» 2012年03月16日 09時00分 UPDATE

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8(まだ仮称)」:MetroでWindows 8はモバイルOSを目指す (1/3)

Windows 8で導入する「WinRT」ランタイムエンジンとその上で動作する「Metroスタイル」アプリ。今回は、Metroスタイルアプリが“裏でやっている”ことを紹介しよう。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

リニューアルするタスクマネージャー

 「Windows 8 Developer Preview」(Windows 8 DP)を使っていると、Metroスタイルアプリについていくつか特徴が見えてくる。従来のWindowsアプリケーションと比較して、その違いで代表的なのは下記のものだろう。

  • 現在どのアプリが実行されているかが一目で把握できない
  • 明示的にアプリを終了する方法がない


 これまでであれば、タスクバー上に現在実行中のアプリケーションが一覧で表示され、「そこに表示されていない=実行されていない」ということが明示的に確認できた。アプリケーションの終了も「×」ボタンを押すほか、メニューから「終了」を選んで終了させる方法が用意されていた。だが、Windows 8 DPでは、通常の操作でこうしたことはできない。「Windowsキー」+「Tab」などでアプリを順次切り替えると実行しているアプリを確認できる程度だ。

 しかし、この「いつ実行して、いつ終了したのか分からない」というのが、Windows 8の設計思想を端的に示している。

 Windows 8におけるMetroスタイルアプリの実行メカニズムを解析していこう。アプリの挙動を把握するには「タスクマネージャー」を利用する。タスクマネージャーの起動方法はいくつかあるが、ここでは、デスクトップ画面へ移動して、タスクバー上で右クリックして表示するメニューから「Start Task Manager」を選択する。各アプリやバックグラウンドプロセスの稼働状況が一目で分かるようになっている。Windows 8 DPにおけるタスクマネージャーは、従来のものからリニューアルして見た目が異なるほか、Windows 8における新機能に対応する変更が加えられている。

 タスクマネージャーから行うアプリの基本的な管理事項は、すべてトップメニューの「Processes」タブで行える。メインのアプリ、ならびにバックグラウンドプロセスについて、現在のステータスやリソースの消費状況が一目で分かるからだ。

kn_win804_01.jpgkn_win804_02.jpg デスクトップ画面でタスクバーを右クリックして表示されるメニューから「Start Task Manager」を選択し、タスクマネージャーを起動する(写真=左)。起動したタスクマネージャー。実行中のアプリとバックグラウンドプロセスを表示する「Processes」を初めに表示する(写真=右)

 この記事に示したタスクマネージャーでは、実行中のアプリが6つ表示され、そのうちの3つに「Suspended」というステータスの表示が確認できる。6つのアプリのうち、上にある「Internet Explorer」と「Windows Task Maneger」の名前左横には、三角形のマークがついている。これは「従来のWindowsベースのアプリケーション」と「Windows 8以降のMetroスタイルアプリ」を区別するもので、前者には三角形のマークがつき、後者には何もつかない。「Internet Explorer」が2つあるのは、「従来版」と「Metroスタイル版」で、2種類のInternet Explorerが同時に起動していることを意味する。

 Metroスタイルアプリのステータスに表示する「Suspended」とは、そのアプリが「サスペンド」状態で、一時的に休眠していることを表している。これは、Windows 8で初めて導入されたMetroスタイルアプリ特有の動作状態だ。

kn_win804_03.jpgkn_win804_04.jpgkn_win804_05.jpg タスクマネージャーの見慣れた項目も、従来とは大きく異なっている(写真=左)。基本的に情報の一覧性と、メインプロセスの管理に特化したメニュー構造といえる(写真=中央)。複数のアプリが起動した状態のタスクマネージャー。従来のWindowsアプリケーションとMetroスタイルアプリの違いに注目したい(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-