ニュース
» 2012年03月28日 17時30分 UPDATE

6.1%からどれだけ減るか:日本マイクロソフト、IEの自動アップグレードを開始

Internet Explorerの自動アップグレードが、ついに日本でも始まった。IE6の利用率がどれだけ減るか注目だ。

[池田憲弘,ITmedia]

 日本マイクロソフトは3月28日、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)の自動アップグレードを開始したと発表した。Windows Updateを通じ、セキュリティプログラムの更新時と同様に、最新版が自動でインストールされる。

 Windows XP(SP3のみ)でIE6/7を利用していればIE8に、Windows 7/Vista(SP2のみ)でIE7/8を利用していればIE9にアップグレードする。自動配布の無効化ツールキット(Blocker Toolkit)を導入していたり、IEの自動更新で「インストールしない」を選択したことがある場合は対象とならない。

photophoto アップグレードの対象となるユーザー(写真=左)。IE6とIE8/IE9の機能を比較した表がリリースに掲載されている(写真=右)

 最新Webブラウザを使うメリットについて、マイクロソフトはパフォーマンス、利便性の向上や、セキュリティの強化を挙げている。また、IE8/IE9になることでHTML5に対応するのもポイントだ。

 マイクロソフトはIE6終了促進のカウントダウンサイトを立ち上げるなどの活動を行っており、現行のWeb標準に対応しないIE6の利用率を減らすことを目標としている。

photo IE6終了促進のカウントダウンサイト「The Internet Explorer 6 Countdown」。2012年2月末時点で日本のIE6利用率は6.1%だった。3月末の時点でどこまで減るか注目だ

関連キーワード

Internet Explorer | 日本 | Microsoft | Windows | 自動更新


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.