ニュース
» 2012年07月11日 11時29分 UPDATE

日本HP、法人向けのCeleron搭載エントリーデスクトップ

日本ヒューレット・パッカードは、法人向けモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「HP Compaq Pro 4300 SF」を発売する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは7月11日、法人向けモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「HP Compaq Pro 4300 SF」を発表、本日より販売を開始する。カスタマイズ構成に対応、同社直販「HP Directplus」販売価格は4万7250円から(税込み)。

photophoto HP Compaq Pro 4300 SF(左)、LV1911(右)

 HP Compaq Pro 4300 SFは、本体幅100ミリの省スペース筐体を採用したデスクトップPCで、Celeron G540(2.5GHz)〜Core i5-3470S(2.9GHz)の搭載に対応した。最小構成仕様はCeleron G540/4Gバイトメモリ/250GバイトHDD/DVD-ROMドライブ/Windows 7 Home Premium 32ビット版を導入。カスタマイズによりSSDやグラフィックスカードの追加も可能となっている。


 また日本ヒューレット・パッカードは、1366×768ドット表示対応の18.5型ワイド液晶ディスプレイ「HP 18.5インチワイドTFTモニター LV1911」を本日より発売する。省電力設計の液晶ディスプレイで、国際エネルギープログラム5.0にも適合したモデルとなっている。価格は9870円(税込み)。

※記事初出時、18.5型ワイド液晶ディスプレイ「LV1911」の解像度や製品名の表記を誤っていました。お詫びして訂正いたします(7/11 22:00)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう