ニュース
» 2012年07月11日 12時00分 UPDATE

IPSパネル採用:エイサー、10.1型WUXGA液晶を搭載したAndroidタブレット「ICONIA TAB A700」

日本エイサーは10.1型サイズのAndroidタブレット「ICONIA TAB A700」を発売する。IPSパネルを採用した1920×1200ドット対応のディスプレイを搭載し、ドルビーデジタルプラスに対応するなど、画質と音質にこだわった製品だ。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 10.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載するタブレット「ICONIA TAB A700」

 日本エイサーは7月11日、10.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載したAndroidタブレット「ICONIA TAB A700」を発表した。内蔵ストレージの容量が16Gバイトと32Gバイトの2種類を用意し、2012年7月20日に発売する。価格はオープンで、想定実売価格は16Gバイトモデルが4万4800円(税込み、以下同)で、32Gバイトモデルが4万7800円。

 この製品は、高画質/高音質を特徴とするAndroidタブレットだ。広視野角のIPSパネルを採用したWUXGA(1920×1200ドット)対応ディスプレイを搭載し、デジタルサラウンド機能「ドルビーデジタルプラス」を実装した。ディスプレイの視野角は水平、垂直ともに約178度、コントラストは800:1、輝度は348カンデラ/平方メートルとなる。静電容量式のタッチパネルは10点同時認識に対応する。

 CPUはクアッドコアのTegra 3(1.3GHz)で、メインメモリはDDR2 1Gバイト、データストレージは16Gバイトまたは32Gバイトのフラッシュメモリ(eMMC)を搭載する。OSはAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)を採用した。

 インタフェースはMicro USB(ホスト機能付き)、HDMI出力(Micro HDMI)、ヘッドフォン/マイク入出力(3.5ミリピンジャック)、内蔵マイク×2、microSDカードスロット(SDHC対応、32Gバイトまで)、500万画素のリアカメラ、100万画素のフロントカメラなどを備える。無線機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 2.1+EDRを利用可能で、センサー類は3軸加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサー、デジタルコンパス、GPSを搭載する。

photophoto 本体上側面には画面回転ロックスイッチと音量調節スイッチを(写真=左)、下側面にはMicro USB(充電用)とステレオスピーカーを備える(写真=右)
photophoto 左側面にはヘッドフォン出力と電源ボタンを搭載する(写真=左)。右側面にはMicro HDMIを備えるほか、Micro HDMI端子の左にあるふたを外すとmicroSDカードスロットがあらわれる

 内蔵するリチウムイオンバッテリーの容量は9800ミリアンペアアワー/3.7ボルトで、バッテリー動作時間については、720pのHD動画(MPEG-4 AVC/H.264)を約11時間連続で再生可能としている。

 本体サイズは260(幅)×175(奥行き)×10.95(厚さ)ミリで、重量は約665グラム。カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色を用意し、16Gバイトモデルがシルバー、32Gバイトモデルがブラックとなる。

photophoto カラーバリエーションは2種類あり、16Gバイトモデルがシルバー(写真=左)で、32Gバイトモデルがブラックだ(写真=右)。背面上部には500万画素のWebカメラを備える

※記事初出時、解像度をフルHDと記載していましたが、正しくはWUXGAです。お詫びして訂正いたします(13:30)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.