ニュース
» 2012年08月30日 04時00分 UPDATE

バッテリーも内蔵:ソニー、寝かせてタッチ操作できる液晶一体型PC「VAIO Tap 20」を欧州で発表

ソニーはドイツで開催中の「IFA 2012」にて、画面を寝かせてマルチタッチ操作が行える20型の液晶一体型PC「VAIO Tap 20」を発表した。

[ITmedia]

 ソニーは8月29日(現地時間)、ドイツのベルリンで開催されている家電トレードショウ「IFA 2012」にて、画面を寝かせてタッチ操作できる20型の液晶一体型PC「VAIO Tap 20」を発表した。Windows 8もしくはWindows 8 Proをプリインストールし、2012年10月末に出荷が開始される予定だ。日本での発売予定や価格は明らかにされていない。

tm_1208tap_01.jpg 画面を寝かせた状態でタッチ操作が行える液晶一体型PC「VAIO Tap 20」。バッテリーも内蔵する

 最大の特徴は、画面の角度を柔軟に調整できる独自のアジャスタブルスタンドだ。画面を垂直近くまで立てた状態では、通常のデスクトップPCとして扱えるほか、画面を水平近くまで寝かせて自然に見下ろしつつ、手に負担がかかりにくい姿勢でタッチ操作を行うこともできる。家庭内での持ち運びに配慮し、バッテリーも内蔵した。

 液晶ディスプレイは広視野角の20型ワイドパネルを採用。画面解像度は1600×900ドットだ。グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 4000を採用し、動画の高画質化技術が備わった独自の映像エンジン「Mobile BRAVIA Engine 2」も内蔵する。タッチパネルは10点マルチタッチに対応し、マルチタッチ機能に最適化された家庭向けアプリも用意している。

 ソニーヨーロッパによる基本スペックは、CPUがCore i7-3517U(1.9GHz/最大3.0GHz)/Core i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)/Core i3-3217U(1.8GHz)、メモリが4Gバイトから8GバイトまでのDDR3L-1600 SDRAM、ストレージが750Gバイト/1TバイトのHDD(5400rpm)だ。

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、1000BASE-Tの有線LAN、Bluetooth 4.0 + HSを搭載。インタフェース類は、USB 3.0×2(1基は電源オフ時の給電対応)、メモリースティック デュオ/SDメモリーカード共用スロット、“Exmor for PC”CMOSセンサー採用の131万画素HDカメラを装備し、高音質化技術の S-Force Front Surround 3Dに対応した2.1チャンネルスピーカーも内蔵する。

 本体サイズは最小傾斜角度で504(幅)×304(奥行き)×187(高さ)ミリ、最大傾斜角度で504(幅)×45(奥行き)×312(高さ)ミリ。重量はバッテリー込みで約5.2キロだ。

tm_1208tap_02.jpgtm_1208tap_03.jpg 画面を立てれば、キーボードとマウスを組み合わせて通常のデスクトップPCとして利用できる(写真=左)。本体を背後から支えるスタンドは、チルト角度の柔軟な調整が可能だ(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう