ニュース
» 2013年01月18日 17時14分 UPDATE

HaswellでUltrabookはファンレスに:有言実行だった2012年のインテルと、熱いパッションで挑戦する2013年のインテル (1/2)

インテルが、2012年の実績を振り返り2013年の目標を掲げる説明会において、Haswellの登場で大きく飛躍するPCやUltrabookへの期待を示した。

[長浜和也,ITmedia]

結果は厳しいが、やるべきことはやった

kn_intelconf_01.jpg インテル代表取締役社長の吉田和正氏。前日に米国から帰国したばかりという

 インテルは、1月18日に2012年の総括と2013年の事業展開に関する説明会を行った。インテル代表取締役社長の吉田和正氏は、2012年を「厳しい数字だったが、有言実行の1年だった」と振り返っている。

 吉田氏は、インテルの事業におけるこの数年の変化を、「PCだけでなく、インターネットとサーバの組み合わせも加わって大きく成長するようになった」と表現している。「PCだけでなく、さまざまなデバイスがインターネットを通じて新しいサービスを受ける」(吉田氏)という変化が加速した2012年は、インテルにとってタブレットデバイスやスマートフォンにむかって大きく一歩を踏み出した1年でもあったと述べている。

 しかし、同時に“先がない”といわれてしまうPCにおいても、「中身の進化を見てほしい、性能が上がりグラフィックス機能は強化した」と、2012年でも大きく変わったことを強調し、さらに、性能の向上がユーザーの使い勝手を改善するのはスマートフォンもタブレットデバイスも同じだと述べた。「性能が上がり、グラフィックス機能も強化し、かつ、本体は小さく薄くなった。さらに、タッチ機能など新しいものを取り入れていく。PCは、スマートフォンやタブレットデバイスの機能を取り入れて、大きく進化した」(吉田氏)

 吉田氏は、2012年にコンバーチブルタイプやデタッチャブル(クラムシェルスタイルのノートPCで、ディスプレイ部分がキーボードから分離してタブレットPCとして使える。ASUSのARM搭載Android対応「Transformer」シリーズで広く知られるようになった)タイプが出現して、その定義が大きく変わったUltrabookも、2013年では、“Haswell”の登場などで、さらに処理性能と省電力機能を強化するとした。

kn_intelconf_02.jpgkn_intelconf_03.jpg インテルが2012年に“成し得た”重要な項目には、新しいスタイルのUltrabookが登場したことや22ナノメートルプロセスルールで3Dトライゲートを採用した製品の出荷を挙げている(写真=左)。米Intel CEOのポール・オッテリーニ氏が寄せたコメントにもあるように、厳しい状況ながら、やるべきことはやった2012年、とインテルは自らを評価する

 説明会の直前に米Intel本社が発表した2012年第4四半期の決算報告については、厳しい内容だったことを認めた上で、それでも、技術力の優位性を維持するために、研究開発のために130億ドルという十分な予算を投入して、プロセスルールの微細化やウェハサイズを現在主流の300ミリから450ミリへ移行していくことを紹介した。

 このような、研究開発と生産設備の投資を必要とする大きな理由として、吉田氏は、インターネットユーザーが予想を超えるペースで増加していることを挙げる。1年間で10億単位でユーザーが増え、それに伴って市場が拡大するペースに追いついていくためには、研究開発と生産設備にもそれに見合う投資が必要というのがインテルの考えだ。「インターネットを利用できるユーザーが増えれば需要も増える。接続するデバイスも増える。これを可能にするのがムーアの法則に支えられている半導体の基幹技術だ」(吉田氏)

kn_intelconf_04.jpgkn_intelconf_05.jpg インターネットユーザーの数は、予想を超える10億人規模で増加を続けており(写真=左)、この増加についていくためにもプロセスルールの微細化と450ミリウェハ移行の投資は必要という(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう