ニュース
» 2013年02月22日 18時54分 UPDATE

PCベンダー、GeForce GTX TITAN搭載グラフィックスカードを発表

NVIDIAの最上位GPU「GeForce GTX TITAN」の発表を受けて、PCパーツベンダーが搭載モデルを発表した。

[ITmedia]

ZOTAC

 アスクは、ZOTAC「ZOTAC GeForce TITAN」の取り扱いを開始する。出荷開始は2月下旬の予定で実売予想価格は13万円台の見込みだ。グラフィックスメモリとしてGDDR5を6Gバイトを実装し、映像出力インタフェースはDVI-IにDVI-D、HDMI(1.4準拠)、そして、DisplayPort(1.2準拠)を用意する。コアベースクロックは837MHz、ブーストクロックは876MHzで、グラフィックスメモリの転送レートはGDDR5で6008Mbpsとなる。クーラーユニットはリファレンスデザインと共通する。

kn_gftitancard_01.jpg ZOTAC GeForce TITAN

GIGABYTE

 CFD販売は、GIGABYTE「GV-NTITAN-6GD-B」の取り扱いを開始する。出荷開始は2月下旬から3月上旬の予定で、実売予想価格は12万円前後になるとみられる。こちらも基本仕様はNVIDIAが示すリファレンスデザインに準ずる。コアクロックはベース設定で837MHz、ブースト設定で876MHz、グラフィックスメモリはGDDR5を6Gバイト載せて転送レートは6008Mbps相当になる。

 映像出力インタフェースは、DVI-IとDVI-D、そして、HDMIとDisplayPortを備える。リファレンスデザインに準拠するため、搭載するクーラーユニットは2スロット厚の空冷タイプを採用する。

 このほか、パッケージにはGIGABYTEオリジナルのマウスパッドとトランプが標準で付属するほか、GIGABYTEが独自に用意したオーバークロックツール「OC GURU II」に対応して、GPUコアクロック、グラフィックスメモリ転送レート、駆動電圧、ファンの回転数などの設定が行える。

kn_gftitancard_02.jpg GV-NTITAN-6GD-B

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう