ニュース
» 2013年02月26日 15時00分 UPDATE

純正アクセサリも同時発売:ソニー、「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルを4月13日発売 (1/2)

ソニーは10.1型Androidタブレット「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルを4月13日に発売する。先に発表されたドコモ販売モデル「SO-03E」からLTE/3G機能などを省いた製品だ。

[ITmedia]

薄型軽量、防水防塵の「Xperia Tablet Z」にWi-Fiモデル登場

 ソニーは2月26日、10.1型Androidタブレット「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルを発表した。カラーバリエーションはブラック「SGP312JP/B」とホワイト「SGP312JP/W」の2種類を用意し、2013年4月13日に発売する。価格はオープン、実売価格は6万円前後の見込みだ。

tm_1302xptz_01.jpg カラーバリエーションはブラック(右)とホワイト(左)を用意。側面と背面のカラーが異なる

・製品レビューはこちら→新旧モデル、ライバル機との比較も:これぞ本命!?――大変身した「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルを速攻チェック

 Xperia Tablet Zは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroid 4.1搭載タブレット。2013年1月22日に発表されたドコモ販売モデル「SO-03E」からLTE/3G機能を省いたWi-Fiモデルで、ソニーマーケティングが販売を行う。

 SO-03Eと比較して、Xi/FOMAハイスピード対応のLTE/3G機能、ワンセグやNOTTV、ドコモ純正アプリ、付属の卓上ホルダ、16GバイトのmicroSDカード、ヘッドセットを省いている。その一方で、SO-03EにはないACチャージャーとUSBケーブルが標準添付となる(クレードルをオプションで用意)。

tm_1302xptz_02.jpg IPX5/7の防水性能とIP5Xの防塵性能も有する

 それ以外の主な仕様は、SO-03Eと共通だ。解像度1920×1200ドット(WUXGA)の10.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、IPX5/7の防水性能とIP5Xの防塵性能も備えていながら、6.9ミリ厚(最厚部で7.2ミリ)、約495グラムの薄型軽量ボディを実現した。10.1型以上の液晶を搭載するタブレットでは世界最薄、国内最軽量としている(2013年1月現在/同社調べ)。

 前モデルの「Xperia Tablet S」や初代モデル「Sony Tablet S」は雑誌を折り返した形状がモチーフのボディデザインだったが、Xperia Tablet ZはAndroidスマートフォン「Xperia Z」と共通の「オムニバランスデザイン」を採用した。オムニ(Omni)とは全方位を意味し、シーン、使い方、持ち方を問わず、最適なバランスで使えるように、無駄を排したスリムでフラットな形状に仕上げている。

 6プレート構造によって薄型ボディを実現しつつ、バックパネルに軽量強化グラスファイバーを採用して薄型軽量と剛性を両立し、電源ボタンはアルミ製、カメラリングはステンレス製とした。SO-03Eは側面のパーツが鏡面調仕上げで、増反射コート材に裏からブラックの印刷をしているが、SGP312JP/B・Wは増反射コート材を使わない光沢調仕上げとなっている。本体サイズは266(幅)×172(高さ)×6.9〜7.2(厚さ)ミリ、重量は約495グラムだ。

tm_1302xptz_03.jpgtm_1302xptz_04.jpg 6プレート構造によって薄型ボディを実現(写真=左)。側面でデザインのアクセントになっている電源ボタンはアルミ製だ(写真=右)

 CPUはクアッドコアのQualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064(1.5GHz)、メモリは2Gバイト、ストレージは32Gバイト、プリインストールOSはAndroid 4.1だ。メインカメラは有効約810万画素、インカメラは有効約220万画素で、いずれも裏面照射型CMOSの「Exmor R for mobile」を採用する。6000mAhのバッテリーを内蔵し、駆動時間はWeb閲覧で約8.2時間だ。

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0を標準搭載。入出力はMHL対応のMicro USB、microSDカードスロット、ヘッドフォン出力、内蔵マイク、内蔵ステレオスピーカー、赤外線ポートを装備し、センサー類は、照度、ジャイロ、デジタルコンパス、加速度、GPS、NFC、FMラジオを備えている。NFCを対応機器にかざすと簡単に連携できる機能も持つ。

tm_1302xptz_05.jpgtm_1302xptz_06.jpg ブラック(写真=左)とホワイト(写真=右)の背面。下部にNFCポートを配置している

tm_1302xptz_07.jpgtm_1302xptz_08.jpg 横位置で正面から見て、左側面にヘッドフォン出力、電源、音量調整、充電端子、スピーカー(L)を用意(写真=左)。右側面にインタフェース類はなく、スピーカー(R)があるのみだ(写真=右)

tm_1302xptz_09.jpg 下面にはカバーが装着されたmicroSDカードスロットとMicro USB、スピーカー(L/R)を配置している

iconicon
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.