ニュース
» 2013年06月05日 13時01分 UPDATE

グラフィックスコアは最大844MHz動作:AMDが第3世代のデスクトップ向けAPU「Richland」を投入

AMDは6月5日、“Richland”の名で知られる次世代デスクトップ向けAPUとして、最大4.4GHz動作の「A10-6800K」などを発表した。

[本間文,ITmedia]
og_amda1_001.jpg Richlandコアを採用した新デスクトップAPUを発表するアダム・コザック氏

 AMDは、Socket FM2プラットフォームに対応する、同社としては第3世代のメインストリームデスクトップAPUとなる“Richland”を投入した。同製品は、現行AMD Aシリーズである“Trinity”(開発コード名)と半導体設計を共用しているが、より積極的な温度制御を行なうことで、CPUコアやグラフィクスコアの動作クロックを高め、すぐれたパフォーマンスを発揮する。

 同社でデスクトップAPUの製品マーケティングを担当するアダム・コザック氏は「CPUコアは最大4.4GHzで動作し、384コアを統合するグラフィックスコアは最大844MHzで動作する。上位モデルではオーバークロックも容易だ」と説明。その演算性能は779GFLOPSにも達する。

 また、同APUはメモリにDDR3-2133を公式サポートすることも強化ポイントの1つだ。コザック氏は「CPUとグラフィックスがメモリを共有するAPUでは、メモリの高速化によるベネフィットは大きい」と説明し、ゲームパフォーマンスで10%程度の性能向上が見込めると語る。

 各モデルの販売価格と主なスペックは以下のスライドの通り。日本における参考価格は、「A10-6800K」が1万7480円、「A10-6700」が1万7480円、「A8-6600K」が1万3480円、「A8-6500」が1万3480円、「A6-6400K」が8980円となっている。

og_amda1_002.jpg AMDの各世代APUの比較

og_amda1_007.jpg Richlandコアベースの新Aシリーズの仕様

og_amda1_003.jpgog_amda1_004.jpg Richlandのパフォーマンス。なお、比較対象に挙げられているCore i5-4670Kは2万6000円前後で販売されている

og_amda1_005.jpgog_amda1_006.jpg メモリの高速化によるゲームパフォーマンスも向上

 また、AMDは2013年末に出荷を開始する次世代メインストリームAPU“Kaveri”(カヴェリ)のテストチップを公開するとともに、同APUを使ったDevil May Cryのデモを披露。同社にとって第4世代となるAPUの開発が順調に進んでいることをアピールした。

og_amda1_008.jpgog_amda1_009.jpg KaveriのBGA版とPGA版を披露するリサ・スー上級副社長(写真=左)。Kaveriのライブデモを披露(写真=右)

※記事初出時、Kaveriの投入時期に関する記述に誤りがありました。正しくは2013年末です。おわびして訂正いたします

関連キーワード

Intel対AMD | AMD | APU | Temash | Kabini | 省電力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう