ニュース
» 2013年06月19日 13時30分 UPDATE

バッファロー、300Mbps接続対応の11a/b/g/n無線LANルータ「WHR-600D」

バッファローは、IEEE802.11a/nおよび11b/g/nの同時接続に対応した無線LANルータ「WHR-600D」を発売する。

[ITmedia]
photo WHR-600D

 バッファローは、IEEE802.11a/nおよび11b/g/nの同時接続に対応した無線LANルータ「WHR-600D」を発表、7月下旬に出荷を開始する。価格は8925円(税込み)。

 WHR-600Dは、IEEE802.11a/b/g/n接続に対応した無線LANルータで、5GHz帯となるIEEE802.11a/nと、2.4GHz帯となる11b/g/nの同時接続に対応。本体内に5GHz帯用2本+2.4GHz帯用2本の計4本のアンテナを内蔵しており、ともに規格値300Mbpsの接続が可能となっている。

 接続設定機能は“AOSS2”に対応するほか、付属シートのQRコードを読み込ませることでスマートフォン/タブレットから初期設定を含むセットアップを簡単に行える「QRsetup」機能に対応しているのも特徴だ。

 有線ポートは10/100BASE-TX対応ポート5基(WAN側×1、LAN側×4)を装備した。本体サイズは55(幅)×130(奥行き)×159(高さ)ミリ(スタンド含まず)、重量は約275グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.