ニュース
» 2013年10月21日 12時32分 UPDATE

東芝、外出先からのリモートアクセス機能を備えたポータブルHDD「CANVIO CONNECT」

東芝は、同社製ポータブルHDD「CANVIO」シリーズ新モデル2製品「CANVIO CONNECT」「CANVIO SLIM」を発表。外出先からデータにアクセスできるリモート接続機能を利用できる。

[ITmedia]

 東芝は10月21日、同社製ポータブルHDD「CANVIO」シリーズ新モデル2製品「CANVIO CONNECT」「CANVIO SLIM」を発表、10月26日に販売を開始する。価格はオープン。

photophoto CANVIO CONNECT(左)、CANVIO SLIM(右)

 2製品はいずれもUSB 3.0接続に対応した外付け型のポータブルHDD。リモートアクセスを実現する専用ソフト「Pogoplug PC」を搭載しているのが特徴で、これを接続したPCにインストールしておくことで外出先などからインターネット経由でHDD内のデータにアクセスすることが可能だ。さらに、10Gバイトまでのデータを保存できるクラウドストレージサービスも無償で提供される。対応OSはともにWindows 7/8/8.1、Mac OS X 10.6.6/10.7.x/10.8.x。

 CANVIO CONNECTシリーズは、ラインアップとして500Gバイト/1Tバイト/2Tバイトの3モデルを用意。カラーバリエーションは計5色展開(500Gバイトモデルは3色)となっている。本体サイズは79(幅)×111(奥行き)×15(高さ)ミリ(2Tバイトモデルは高さ20.5ミリ)。

 CANVIO SLIMシリーズは薄型デザイン筐体を採用したモデルで、従来の500Gバイトモデルに加えて今回新たに1Tバイトモデルを追加した。カラーバリエーションはブラック/シルバーの2色を用意。本体サイズは75(幅)×107(奥行き)×9(高さ)ミリ(1Tバイトモデルは高さ12.5ミリ)だ。

製品名 容量 予想実売価格
CANVIO CONNECT 500Gバイト 1万円前後
1Tバイト 1万3000円前後
2Tバイト 2万3500円前後
CANVIO SLIM 500Gバイト 1万500円前後
1Tバイト 1万3500円前後

※記事初出時から対応OSの記述を修正しました(10/23 15:50)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.