ニュース
» 2013年12月10日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、Quadro K3000Mを標準搭載した高機能ノートPC――4K液晶とのセットモデルも

マウスコンピューターは、グラフィックスコアとしてQuadro K3000Mを採用した映像製作向けノートPC「MB-P9300」シリーズの販売を開始する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは12月10日、グラフィックスコアとしてQuadro K3000Mを採用した映像製作向けノートPC「MB-P9300」シリーズを発表、本日より販売を開始する。価格はCore i5搭載の下位モデル「MB-P9300S-WS」が16万8000円、Core i7搭載の中位モデル「MB-P9300X-WS」が19万8870円。Core i7搭載/シャープ製32型4K液晶を付属した最上位のセットモデル「MB-P9300X2-WS-P32GZ」が57万9600円だ(いずれも税込み)。

photophoto MB-P9300シリーズ

 MB-P9300シリーズは、1920×1080ドット表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したクリエイター向けの高機能ノートPCで、グラフィックスコアとしてQuadro K3000M/2Gバイトを内蔵。4K解像度対応のDisplayPort出力を2基備えており、最大3画面の高解像度マルチディスプレイを構築できる。またディスプレイとして、NTSCカバー率95%を実現した非光沢タイプの広色域パネルを採用しているのも特徴だ。

 MB-P9300S-WSは、CPUとしてCore i5-4200M(2.5GHz)、メモリが8Gバイト、ストレージが500GバイトHDDを内蔵。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入した。

 MB-P9300X-WSは、CPUとしてCore i7-4700MQ(2.4GHz)、メモリが16Gバイト、ストレージが128GバイトSSD+1TバイトHDDを内蔵。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。

 MB-P9300X2-WS-P32GZは、CPUとしてCore i7-4800MQ(2.7GHz)、メモリが32Gバイト、ストレージが128GバイトSSD+1TバイトHDDを内蔵。OSはWindows 7 Professional 64ビット版を導入した。またシャープ製の4K2K対応32型ワイド液晶「PN-K321」を標準で付属している。

top_features1_icon_2_1379074020.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
5GHzの衝撃!! AMDファン待望のモンスター級ゲーミングPC「MASTERPIECE a1500BA1」が登場! こだわり派のあなたへ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.