ニュース
» 2014年01月07日 18時39分 UPDATE

2014 International CES:ソニーブースの事前公開で未発表「VAIO Fit 11A」を発見した

CESの正式開幕前日にソニーが展示ブースを関係者に公開した。いつも「未発表のなにか」が登場するこのイベントで、2014年も注目のVAIOに迫る。

[長浜和也,ITmedia]

価格799ドルでフルHDに対応するVAIO Fit 11A

kn_sonyces_01.jpg 正式発表前の「VAIO Fit 11A」

 ソニーは、2014 CESの正式開幕前日となる1月6日(現地時間)に、展示ブースの関係者向け事前公開とプレスカンファレンスを行った。いつも「未発表の次世代製品」が登場するこのイベントだが、2014年は未発表の「VAIO Fit 11A」が初めてその姿を公開した。

 VAIO Fitシリーズの“A”モデルは、クラムシェルスタイルとスレートスタイルを切り替えて使えるコンバーチブルタイプのノートPCで、日本では、13.3型ディスプレイを搭載したVAIO Fit 13A、14型ディスプレイを搭載するVAIO Fit 14A、15.5型ディスプレイを搭載するVAIO Fit 15Aの3モデルを展開している。VAIO Fit 11Aは、11.6型ディスプレイを搭載する最も小型のモデルになる。

kn_sonyces_02.jpgkn_sonyces_03.jpgkn_sonyces_04.jpg ほかのVAIO Fitシリーズと同じく、クラムシェルスタイルのキーボードモードからビューモード、そして、スレートスタイルのタブレットモードに姿を変える

 スタッフの説明では、米国でも発表前のモデルで本体のサイズやバッテリー駆動時間は明らかにしていないが、重さは2.82ポンド(約1.28グラム)で、搭載するCPUは、“Bay Trail”世代の「Pentium N3520」(2.16GHz、最大2.42GHz、クアッドコア)を採用、システムメモリはDDR3L-1333を8Gバイト実装して、ストレージは最大128GバイトのSSDを内蔵するなど、ハードウェア構成については細かい点まで説明している。

 ディスプレイはサイズが11.6型とコンパクトになったものの、解像度は1920×1080ドットとフルHDに対応する。また、スレートスタイルで視認性に優れるIPSパネルを採用しただけでなく、10点同時対応のタッチパネルを内蔵し、専用のアクティブペンでかなり細かいペン入力や機能をペンのボタンを切り替えて利用できる。

 ほかのVAIO Fitシリーズと同じく、広色域/高輝度をうたう「トリルミナスディスプレイ for mobile」や、液晶パネルとガラスの間に樹脂を挟んで空気をなくして光の反射と拡散を抑えながらコントラストを高めた「オプティコントラストパネル」を導入している。(記事掲載当初、重さと導入技術で誤りがありました。おわびして訂正いたします)

kn_sonyces_05.jpgkn_sonyces_07.jpgkn_sonyces_06.jpg VAIO Fit 11Aの左右側面とキーボードレイアウト。左右側面前よりにあるスロット状のものはスピーカーだ

kn_sonyces_08.jpgkn_sonyces_09.jpgkn_sonyces_10.jpg 展示機材で確認したシステムプロパティとデバイスマネージャー、そして、ディスプレイ解像度

 ボディは、天板部分にアルミを採用しているが、本体部分は軽量化のため樹脂部品を取り入れている。VAIO Fit 13Aと同様に、VAIO Fit 11Aでもボディのカラーバリエーションを用意するが、北米出荷モデルでは、シルバーにピンク、そして、ガンメタルを展開する。なお、価格は最小構成で799ドルからとなる予定だ。

kn_sonyces_11.jpgkn_sonyces_12.jpgkn_sonyces_13.jpg カラーバリエーションはシルバーとピンク、そして、ガンメタルを用意する。IPSパネルを採用して10点同時対応のタッチパネルを内蔵した。専用のアクティブペンで、細かい入力作業が可能だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.