ニュース
» 2014年01月09日 13時31分 UPDATE

リコー、停電時にも内蔵バッテリーで動くA4ジェルジェット複合機「RICOH SG 3120B SF」

リコーは、電力が確保できない場所でも内蔵バッテリーで動作できるA4ジェルジェット複合機「RICOH SG 3120B SF」を発表した。

[ITmedia]

 リコーは1月9日、バッテリー内蔵型のA4ジェルジェット複合機「RICOH SG 3120B SF」を発表、1月17日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は約7万6000円だ。

photophoto RICOH SG 3120B SF  バッテリー交換は前面から行なうことが可能だ(画像右)

 RICOH SG 3120B SFは、同社製のA4ジェルジェット複合機「RICOH SG 3120SF」をベースにリチウムイオンバッテリーを標準搭載し、電力確保が困難な場所でも稼働を可能としたモデルで、内蔵バッテリーで約1000枚の出力が可能となっている(未使用時の待機時間は約17時間)。また本体前面のUSBポートから電源供給を行なうことも可能だ。排紙口にはLEDランプも備えており、停電時の暗闇でも文書の確認を行なうことができる。

 そのほかの基本仕様はRICOH SG 3120SFに準じ、プリンタ/スキャナ/コピーおよびファクスの4機能を装備。自動両面印刷にも対応、連続プリント/コピー速度はA4時で29枚/分(カラー、モノクロとも)となっている。給紙枚数は標準で250枚(別売オプション追加で最大850枚)。本体サイズは399(幅)×437(奥行き)×330(高さ)ミリ、重量は16キロ(バッテリー含む)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.