ニュース
» 2014年04月17日 16時05分 UPDATE

東芝、リード260Mバイト/秒の“世界最速”microSDカードを開発

東芝セミコンダクター&ストレージは、業界初となるUHS-II規格準拠のmicroSDカードを製品化したと発表した。

[ITmedia]
photo

 東芝セミコンダクター&ストレージは4月17日、業界初となるUHS-II規格準拠のmicroSDカードを製品化したと発表、本日よりサンプル出荷を開始する。

 高速インタフェース規格のUHS-IIに初めて対応したmicroSDカードで、32Gバイトモデル/64Gバイトモデルの2製品を用意。転送速度は、32Gバイトモデルでリード最大260Mバイト/秒、ライト最大240Mバイト/秒を実現した。

 店頭での発売時期と価格の詳細ついては、現時点は未定としている(発売時期は2015年後半ごろの見込み)。

関連キーワード

UHS | microSDカード | 東芝 | ストレージ | 最速 | 転送速度


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.