ニュース
» 2014年04月29日 21時12分 UPDATE

8万8800円から:MacBook Airが値下げ――“Haswell Refresh”で高速化

アップルの薄型ノート「MacBook Air」がモデルチェンジ。インテルの新CPUを採用しつつ、価格を下げている。

[ITmedia]

 アップルは4月29日、ノート型Mac「MacBook Air」の新モデルを発表した。“Haswell Refresh”と呼ばれるインテルの新型CPUを採用するとともに、11インチ/13インチともに価格を下げている。

 11インチモデルは、128GバイトSSDを搭載する下位機「MD711J/B」が8万8800円、256GバイトSSDを搭載する上位機「MD712J/B」が10万8800円。13インチモデルは、128GバイトSSDの下位モデル「MD760J/B」が9万8800円、256GバイトSSDを搭載する上位モデル「MD761J/B」が11万8800円(すべて税別)。直販サイトのApple Storeではすべて24時間以内の出荷となっている。

og_air_001.jpg

 CPUを強化したマイナーチェンジモデルで、特徴的なユニボディデザインやスペックはほぼ従来モデルを引き継いでいる。CPUは1.4GHz動作(最大2.7GHz)のデュアルコアCore i5で、3Mバイトの共有スマートキャッシュを搭載、グラフィックス機能としてHD Graphics 5000を統合する(この仕様からCore i5-4260Uと思われる)。また、オプションにより1.7GHz動作(最大3.3GHz)のCore i7も選択可能だ。

 液晶ディスプレイの解像度は従来同様、11.6型の11インチモデルが1366×768ピクセル、13.3型の13インチモデルが1440×900ピクセル。メモリ容量は4Gバイト(1600MHz LPDDR3)/最大8Gバイト。バッテリー駆動時間も11インチモデルが最大9時間、13インチモデルが最大12時間と変更はない(ワイヤレスインターネット閲覧時。ただし、iTunesムービー再生などで若干の違いも見られる)。

 インタフェースはUSB 3.0×2、Thunderbolt、ヘッドフォン出力端子、ステレオスピーカー、デュアルマイク、720p対応FaceTime HDカメラ、ACアダプタ(45ワットMagSafe 2)接続用のMagSafe 2ポートを搭載。また、13インチモデルはSDXC対応SDメモリーカードスロットを備える。ワイヤレス通信機能はIEEE802.11ac/a/b/g/nの無線LANとBluetooth 4.0を内蔵する。

 本体サイズは、11インチモデルが300(幅)×192(奥行き)×3〜17(高さ)ミリ、重量は約1.08キロ。13インチモデルは325(幅)×227(奥行き)×3〜17(高さ)ミリ、重量は約1.35キロ。OSはOS X Mavericks。

og_air_002.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-