ニュース
» 2014年06月01日 16時20分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2014:油断してたらもう始まる!──COMPUTEX TAIPEI 2014“開幕前前日”リポート

一気に蒸し暑くなってきた日本の皆さん、こんにちは。こちら台北市は、意外にも風がさわやかであります。そんな現地から2014年もこの話題をお送りしましょう。

[長浜和也,ITmedia]

2014年は“アンロック”に注目だ!

kn_zenzen_01.jpg こちらは現地に到着した5月31日に撮影したTaipei World Trade Center Nangang Exhibition Hall。現地到着に合わせて台北市に暗雲が立ち込めたのは単なる偶然に過ぎないと思いたい

 COMPUTEX TAIPIE 2014が、台湾の台北市で、6月3日から6月7日に行われる。きょう、6月1日はその前前日となるが、明日2日からは、大手ベンダーのプレスカンファレンスやウェルカムセッションが行われるなど、実質的には「スタート前日」といってもいいだろう。

 第34回目となるCOMPUTEX TAIPIE 2014では、1700の企業が参加して5000近いブースが登場する。主催者が予想する来場者数は約13万人で、このうち海外からは3万8000人が来るという。

 展示会場は例年と同じく、Taipei World Trade Center Nangang Exhibition HallにTaipei International Convention Center、Taipei World Trade Center ExhibitionのHall 1とHall 3だ。このほか、会場の近くにあるホテルにプライベートブースを用意する企業も多い。

 また、インテルやAMDが恒例の記者発表会を行うほか、ARMやQualcommといったモバイルプロセッサーメーカーやASUSTeK、GIGABYTEなどのPCパーツベンダー、そして、Microsoftが会場の内外で説明会を予定している。

 COMPUTEX TAIPEI 2014で気になるのは、なんといってもインテルの“アンロック”なCPUの動向だろう。インテルは、3日に夕方から深夜まで続く大規模なオーバークロックイベントを予定している。“Haswell Refresh”の立ち上げで登場しなかった“Devil Canyon”が登場するタイミングとしてCOMPUTEX TAIPEI 2014はまさにちょうどいい舞台となるはずだ。また、すでにその存在を明らかにしている記念モデル「Pentium Anniversary Editon」の詳細も明らかになるかもしれない。

 周辺機器関連では、Intel 9シリーズチップセット搭載マザーボードで採用が進むM.2対応ストレージとSATA Express対応デバイスの動向に注目したい。すでにプレクスターなどがデバイスを発表しているが、多くの周辺機器ベンダーが参考展示や製品発表を行うものと予想される。また、モバイル関連ではウェアラブルデバイスで「台湾らしい」展示にも期待したいところだ。

 そんな、興味深い情報が期待できるCOMPUTEX TAIPEI 2014の最新情報を、PC USERでは連日現地から紹介する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.