ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Haswell Refresh」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Haswell Refresh」に関する情報が集まったページです。

売れ筋モデルが新デザインで復活:
15.6型ゲーミングノートがコスパ抜群の10万円台!! 製品担当者が語る「NEXTGEAR-NOTE i5520」の魅力
リリースなしでひっそりと登場した「NEXTGEAR-NOTE i5520」は、抜群のコスパで人気を博したゲーミングノートの後継機だ。製品担当者にその魅力を聞く。(2016/8/30)

最高峰システムが新BTOでさらなる高みへ:
PR:クリエイティビティを加速するフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」徹底解剖
とにかく速いマシンが欲しいユーザーに朗報だ。エプソンダイレクトが誇るフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」が新BTOメニュー追加でパワーアップ。さらにハイエンドなタワー型PCへと進化した。(2015/9/29)

GTX 960でFF14がサクサク:
イシュガルドはこれで遊びたい! 上質なFF14推奨モデル「G-Master Spear Z97-FFXIV2」を試す
「G-Master Spear Z97-FFXIV2」は、単なるFF14推奨認定PCにとどまらない“サイコムらしいこだわり”が魅力。これはいいものだー。(2015/7/10)

ビジネスを加速するフラッグシップマシン:
PR:最新GPUで生まれ変わった高性能“お仕事ノート”の決定版――「Endeavor NJ5970E」徹底分析
エプソンダイレクトの「Endeavor NJ5970E」は、通常のオフィス系ソフトだけでなく、クリエイティブワークやエンジニアリングまでをカバーするフラッグシップビジネスノートだ。(2015/6/9)

週末アキバ特価リポート:
反響が読めない「Broadwell」の予約状況
今週から多くのショップがデスクトップ版「Broadwell」の販売予約を受け付けている。6月18日発売とのことだが、反響は……?(2015/6/6)

第5世代Core×M.2 SSD×IGZO液晶:
クラシカルなスタイルと最新テクノロジーが同居する高コスパモバイル――「LuvBook J」を駆る
「LuvBook J」は、第5世代CoreやM.2 SSDといった最新技術を盛り込みつつ、薄型化・軽量化よりも使いやすさにこだわった13.3型モバイルノートだ。(2015/6/5)

VAIOが強くて何が悪い:
「VAIO Pro 13 | mk2」徹底検証――“タフモバイル”への路線変更は英断か?
人気モバイルノートPC「VAIO Pro 13」が約2年ぶりにフルモデルチェンジ。第2世代となった「VAIO Pro 13 | mk2」は、ある意味で先代機の美しさを捨て、ビジネス向けの実用性にフォーカスした進化を遂げている。その実力をじっくり試してみた。(2015/5/27)

VAIO Z/Pro 13と横並び比較:
「VAIO Z Canvas」の圧倒的パフォーマンスを徹底検証する
数あるPCブランドでも高性能なモバイルPCに定評あるVAIO。モンスタータブレットこと「VAIO Z Canvs」は、既存の「VAIO Z」や「VAIO Pro 13」といった人気モデルに比べてどれくらいの性能を実現できているのだろうか? 横並びで徹底検証した。(2015/5/22)

重ければ重いほど力を発揮:
「GX7J-D63/ZE」で“2枚差し”の実力を再確認する
TSUKUMOのゲーミングPCハイエンドシリーズG-GEAR neo でSLIモデルは、税別19万9800円という“購入しやすい”モンスターゲーミングPCだった。(2015/4/30)

高画質化機能を強化し、パフォーマンスを改善:
さらに美しく、よりスムーズに――動画再生ソフト「PowerDVD 15」発表会
最新「PowerDVD 15」は、新しい彩色処理エンジンを搭載したほか、UHD 4K映像や120/240fps動画のスムーズな再生に対応。H.265/HEVCのGPUアクセラレーションをサポートした。(2015/4/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
キングストンから登場したPCI Express x4接続のM.2 SSDが大いに期待される
キングストンのM.2 SSD「Hyper X Predator」シリーズが登場し、複数のショップから注目されている。そのほか、TDP 35ワットの新Core i3やELSA製のPCIE x1グラフィックスカードなども出回っている。(2015/4/13)

注目ノートPC詳細レビュー:
“物理ボタン”TrackPointを備えた王道コンパクトモバイル──「ThinkPad X250」
CarbonやHelixと新世代モバイルノートPCが登場するThinkPadシリーズだが、正統進化系となるのは、やはり「X250」だ。その“由緒正しい”実力をチェックする。(2015/3/17)

直販限定の隠れた名機か!?:
第5世代Core+デュアルポインタ+Windows 7の“質実剛健”モバイルノート――「dynabook R63/PS」徹底検証(前編)
東芝の直販モデル「dynabook R63/PS」は、最新の第5世代Core i7、タッチパッドとアキュポイントのデュアルポインタ、Windows 7を備えた実用性の高い13.3型モバイルノートPCだ。その実力をじっくりチェックする。(2015/3/4)

性能、スタミナ、騒音、発熱をじっくりテスト:
復活した“モンスターPC”の驚くべき性能とは?――新生「VAIO Z」徹底検証(前編)
かつて秀逸なハイエンドモバイルPCとして人気を誇った「VAIO Z」が最新仕様で帰ってきた。VAIO新会社とともに生まれ変わった“Z”の実力を徹底的にチェックする。(2015/2/24)

PC販売ランキング(2015年1月26日〜2月1日):
Haswell Refresh世代の「Mac mini」が圏外から急浮上(2015年1月第5週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2015年1月第5週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/2/23)

PC販売ランキング(2015年1月19日〜1月25日):
Retina化した「MacBook Pro」と「iMac」がそろってランクイン(2015年1月第4週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2015年1月第4週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/2/16)

ファンレスで騒音もなし:
“3万円台前半”で1キロ切りのミニノートPC――「EeeBook X205TA」はどこまで使えるか?
タブレットのプラットフォームで小型ノートPCを作ったら、軽量でファンレス、ロングバッテリー、さらに価格も安い、ありそうでなかったナイスなモバイルPCが生まれた。(2015/2/12)

PC販売ランキング(2015年1月12日〜1月18日):
Office強化の富士通製ノートPC「FMV LIFEBOOK AH」下位モデルが首位(2015年1月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2015年1月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/2/9)

みんながこのキーボードを待っていた! :
6段配列とTrackPoint物理ボタンが復活した「ThinkPad X1 Carbon」の心地よさを試す
電光石火の変わり身だ。5段+タッチスクリーンのAdaptiveキーボードを搭載した従来モデルの発表から1年、ThinkPad X1 Carbonが早くもモデルチェンジした。(2015/2/3)

PC販売ランキング(2015年1月5日〜1月11日):
NECの液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR N」下位機がトップ(2015年1月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2015年1月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/2/2)

これはいいものだ:
高性能なのに超静音――デュアル水冷ゲーミングPC「G-Master Hydro-Z97」
サイコムのデュアル水冷モデルがリニューアル。フラクタルデザインの最新ケースを採用した「G-Master Hydro-Z97」をチェック!(2015/1/28)

PC販売ランキング(2014年12月29日〜1月4日):
NECの2014年秋冬モデルがノートPC・デスクトップPCの上位を独占(2015年1月第1週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2015年1月第1週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/1/26)

PC販売ランキング(2014年12月15日〜12月28日):
ノート・デスクトップPC共にNEC製品が首位に輝く(2014年12月第4週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年12月第4週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/1/19)

PC販売ランキング(2014年12月15日〜12月21日):
Haswell Refresh世代の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」がランクイン(2014年12月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年12月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/1/13)

PC販売ランキング(2014年12月8日〜12月14日):
ノート・デスクトップPC共にNECの下位シリーズが人気(2014年12月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年12月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/1/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2015年にPCはどう変わるか?――Intelプラットフォームの進化から考える
PCの進化において2014年は大きなアップデートに乏しく、比較的落ち着いた1年だった。しかし2015年はWindows 10の発売に加えて、プロセッサの大型アップデートも続く予定で、大きな変化が期待できそうだ。(2015/1/3)

2014年のアキバまとめ後編:
GTX 980/970が新たなハイエンド像を、「Windows 8.1 with Bing」が新たなジャンルを生んだ
自作の街・アキバの2014年を象徴する8大トピックス。後半の4テーマは「DDR4対応のX99」と「GeForce GTX 980/970」「超小型PC」、そして「円安による値上がりと特価競争」だ。(2014/12/31)

停滞か助走か実質的進化か:
PCパーツレビューの最前線から2014年の自作PCを振り返る
これは、ベンチマークテストを回し続けたレビュー担当者が、自分の体力と体重と睡眠時間と引き換えに得た実体験に基づく2014年PCパーツの総括である。(2014/12/31)

2014年のアキバまとめ前編:
XPマシンの代わりに小型の7マシンを組む雰囲気に
自作PC街としての「アキバの2014年」を前編/後編に渡って8大トピックで振り返る。前半の4テーマは「Kaveri」と「消費税×XP終了」「ベイトレ」そして「Haswell Refresh&Intel 9シリーズ」だ。(2014/12/30)

Surface、Core M、4K、5K、超小型……:
達人レビュアーが選ぶ「2014年の私的ベストPC/タブレット」
早いもので2014年もあとわずか。今年もさまざまな新製品が登場し、注目機種を次々にテストしてきたが、中でも個人的に強い印象が残ったPC/タブレットを挙げていこう。(2014/12/30)

PC USERアワード:
2014年下半期で忘れられない「SSD」「小型ベアボーン」「ゲーミングキーボード」
新規参入に新技術と進化するSSD、ユニークなデザインが登場した小型ベアボーン、個性的な製品が増えたゲーミングキーボードを振り返る(PC USER 20周年特別企画)。(2014/12/30)

PC USERアワード:
2014年下半期の「モバイルPC」おすすめ“7選+α”
2in1デバイスやモバイルノートPCの新機種が多数登場した2014年下半期。今回はその中からITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/12/29)

PC販売ランキング(2014年12月1日〜12月7日):
5120×2880ピクセルの27型「iMac」が再浮上(2014年12月第1週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年12月第1週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/12/22)

PC販売ランキング(2014年11月24日〜11月30日):
ノート・デスクトップPC共に2014秋冬モデルが姿を現す(2014年11月第4週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年11月第4週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/12/15)

PC販売ランキング(2014年11月17日〜11月23日):
売れ筋は富士通製ノートPC 2014夏モデルがまだまだ人気(2014年11月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年11月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/12/8)

PC販売ランキング(2014年11月10日〜11月16日):
Haswell Refresh世代の「MacBook Pro Retina」が圏内浮上(2014年11月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年11月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/12/1)

PC販売ランキング(2014年11月3日〜11月9日):
NECの液晶一体型PC「VALUESTAR S」中位機が首位守る(2014年11月第1週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年11月第1週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/11/25)

まさにワークステーション品質:
PR:プロクリエイター待望のスーパーマシン「Endeavor Pro8100」登場
エプソンダイレクトの「Endeavor Pro8100」は、「Haswell-E」の開発コードネームで知られるウルトラハイエンドCPUを採用した最新のタワー型シリーズだ。マニアなコンシューマーユーザーはもちろん、プロのクリエイターやエンジニアをも満足させるワークステーションクオリティのパフォーマンスと信頼性を備えたスーパーマシンの魅力に迫る。(2014/11/19)

PC販売ランキング(2014年10月27日〜11月2日):
Haswell Refresh世代の「MacBook Pro Retina」と「Mac mini」が登場(2014年10月第5週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第5週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/11/17)

PC販売ランキング(2014年10月20日〜10月26日):
Retina化した5120×2880ピクセルの27型iMacが圏内に浮上(2014年10月第4週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第4週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/11/10)

PC販売ランキング(2014年10月13日〜10月19日):
売れ筋はNEC「LaVie S」 バリューモデルが11週連続トップ(2014年10月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/11/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「1年前とも2年前とも全然違います」――超小型ベアボーンの現状
ASUSTeKの「Vivo PC」やShuttle「XPC」の新モデルが登場し、インテル「NUC」の特価が複数店で実施されるなど、超小型ベアボーンが活発だ。しかし……(2014/10/27)

PC販売ランキング(2014年10月6日〜10月12日):
アップル祭りの余韻? 「13インチMacBook Air」下位モデルがランクイン(2014年10月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/10/27)

PC販売ランキング(2014年9月29日〜10月5日):
NECの液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR N」の下位モデル「VN770/SS」がトップ(2014年10月第1週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第1週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/10/20)

ラインアップは3モデル:
Mac miniも第4世代CoreとYosemiteにアップデート
2012年10月以来、約2年ぶりに省スペースPC「Mac mini」に新モデルが登場した。ラインアップは、従来の2モデルから3モデルに拡張された。価格は5万2800円(税別)から。(2014/10/17)

PC販売ランキング(2014年9月22日〜9月28日):
ノート・デスクトップPCともに東芝製品2モデルがランクアップ(2014年9月第4週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年9月第4週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/10/14)

タブレットに“超高性能”という新提案:
「VAIO Prototype Tablet PC」を濃密にチェックする
4コア/8スレッド対応の第4世代Core Hプロセッサ、Iris Pro、PCIe SSD、Adobe RGB対応の12.3型“2560×1704”液晶、ワイヤレスキーボード、筆圧ペン……新生VAIOが放つ超高性能タブレットの試作機に込められた数々のこだわりを追う。(2014/10/8)

Haswell-E+X99であと5年は戦える:
G-Tune印のハイエンドゲームマシン「NEXTGEAR i850」実力診断
ゲーミングPCブランド「G-Tune」にラインアップされるNEXTGEAR i850シリーズは、先進規格に対応した高い拡張性や将来性が魅力のハイエンドモデルだ。性能をチェック!(2014/10/7)

PC販売ランキング(2014年9月15日〜9月21日):
NEC「LaVie S」が安定の人気 トップ譲らず2製品がランクアップ(2014年9月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年9月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/10/6)

週末アップルPickUp!:
次期iPadはどうなる? アップルイベントのウワサまとめ
iPhone 6/6 Plusの発売から早2週間が経ちました。10月に突入し、次に気になるのは今月開催がウワサされているアップルのスペシャルイベントでしょう。(2014/10/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。