ニュース
» 2014年06月05日 15時33分 UPDATE

お店で僕と握手!:ソフトバンク、人との交流で成長する自律型ロボ「Pepper」発表――2015年2月に発売、価格は19万8000円

ソフトバンクモバイルは、人の感情を認識する人型ロボット「Pepper」を発表した。2015年2月に19万8000円で発売する。また6月6日からソフトバンク表参道およびソフトバンク銀座の店頭にも設置する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「Pepper」

 ソフトバンクモバイルと仏ALDEBARAN Robotics(以下、アルデバラン)は6月5日、世界初という感情認識パーソナルロボット「Pepper」(ペッパー)を発表した。2015年2月に本体価格19万8000円(税別)で発売する。

 また6月6日より、ソフトバンク表参道およびソフトバンク銀座にソフトバンククルーとしてPepperを設置し、来店者がPepperとコミュニケーションする機会も設ける。Pepperを配置する店舗は順次全国に拡大していくという。

 Pepperは周囲の状況を把握して自律的に判断し行動する独自のアルゴリズムを搭載。音声認識技術や人の表情と声のトーンを分析して人の感情を推定する感情認識機能、滑らかな動きを実現する関節技術など、人とのコミュニケーションに特化した機能とインタフェースを備えたロボット。日々のコミュニケーションを通じて学習し、成長していく機能も実装するという。

 さらに吉本興業グループのよしもとロボット研究所の協力により、お笑いやダンスなど多彩なエンターテインメントで人々を楽しませる機能も用意。機能を拡張できる「ロボアプリ」のダウンロード提供と、開発者向けにロボアプリを開発するためのSDK公開も計画している。また9月には東京で技術仕様や開発方法の詳細などを公開するテックフェスティバルの開催も予定している。

  • 多彩なセンサーなどで状況を判断し、アプリケーションを自律制御する独自のアルゴリズムを搭載
  • 表情と声から人の感情を推定する感情認識機能を搭載
  • 12時間以上の連続稼働時間を実現
  • 独自開発の関節技術によって、自由度の高いスムーズな動きを実現
  • インターネットを通じて、さまざまな情報の取得やクラウド上のデータベースと連携が可能
  • センサーを使って衝突を回避する衝突防止機能や、自らバランスを取り転倒を防ぐオートバランス機能など、さまざまなセーフティー機能を搭載
  • 新たなソフトウエアやさまざまな「ロボアプリ」をインストールすることで機能が拡張
  • 簡単な操作による動作の作成から、一般的な開発言語を使った高度なカスタマイズまで、幅広い対応が可能なソフトウエア開発キット(SDK)を提供
photo Pepperの主なスペック

関連キーワード

感情 | ロボット | 学習 | 音声認識 | 世界初


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう