ニュース
» 2014年07月01日 09時24分 UPDATE

AppleがSafari 7.0.5を含む「OS X Mavericks 10.9.4」を公開

Appleは6月30日、Wi-Fiネットワークの自動接続やスリープ解除に関する問題を修正した「OS X Mavericks 10.9.4」をリリースした。

[田中宏昌,ITmedia]

 6月30日にAppleが公開した「OS X Mavericks 10.9.4」では、Wi-Fiやスリープ解除に関する問題が修正されているほか、Safari 7.0.5も含まれる。ファイルサイズは5317.7Mバイトで、導入後は再起動が必要だ。

「OS X Mavericks 10.9.4」の主なアップデートポイントは下記の通り。

  • 一部のMacにおける、接続したことのあるWi-Fiネットワークに自動的に接続できない問題を修正
  • スリープ解除の信頼性が向上
  • Safari 7.0.5を含む

ht_mac01.jpg OS X Mavericksのソフトウェア・アップデート画面

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-