ニュース
» 2014年07月30日 22時00分 UPDATE

Google Atmosphere Tokyo 2014:日本未発表のChromebookも――Atmosphere会場の展示から

グーグルは現在開催中のイベントにChromebookを並べて展示していた。日本未発表のものなど、目を引くものを紹介する。

[笹田仁,ITmedia]

 グーグルは2014年7月30日〜31日の2日間、自社イベント「Google Atmosphere Tokyo 2014」を東京・芝のザ・プリンス パークタワー東京で開催している。会場には日本でも提供開始が決まったChromebookを各社が展示していた。

hs_Atmosphere_Exhibition_1.jpg まだChromebookを発表していない日本ヒューレット・パッカードもChromebookを展示していた。写真は「HP Chromebook 11 G3」。1366×768ピクセルの11.6型液晶ディスプレイを搭載している比較的小型の製品だ。メモリ容量は4Gバイトで、16Gバイトのストレージを搭載している。プロセッサはCeleron N2830(開発コード名Bay Trail、デュアルコア、2スレッド)だ。動作周波数は2.16GHz〜2.41GHz
hs_Atmosphere_Exhibition_2.jpg 日本ヒューレット・パッカードが展示していたもう1台のChromebook「HP Chromebook 14」。1366×768ピクセルの14型液晶ディスプレイを搭載している大きめの製品だ。メモリ容量は2Gバイトで、16Gバイトのストレージを搭載している。プロセッサはHaswellアーキテクチャのCeleron 2955U(デュアルコア、2スレッド)だ。動作周波数は1.4GHz
hs_Atmosphere_Exhibition_3.jpg エイスース・ジャパンの「CHROMEBOX-M032U」。会場に展示してあった製品の中で唯一のデスクトップ製品だ。液晶ディスプレイにはHDMIで接続していた。ワイヤレスのキーボードとマウスはこのCHROMEBOXのオプションだ
hs_Atmosphere_Exhibition_4.jpg エイスース・ジャパンの「CHROMEBOX-M032U」の本体を拡大したところ。メモリ容量は2Gバイトで、16Gバイトのストレージを搭載している。プロセッサはHaswellアーキテクチャのCeleron 2955U(デュアルコア、2スレッド)だ。動作周波数は1.4GHz。USB端子は前面に2つ、背面に2つ搭載し、ディスプレイとの接続端子はHDMIとDisplayportを1つずつ持っている。本体側面にはSDカードリーダーがある
hs_Atmosphere_Exhibition_5.jpghs_Atmosphere_Exhibition_6.jpg 日本ヒューレット・パッカードのChromebookを見ると、他メーカーと同じように液晶画面の背面に「Chrome」ロゴが入っていた

関連キーワード

Chromebook | Google | ASUS | HP | Chrome OS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.