ニュース
» 2014年10月06日 14時34分 UPDATE

今度のIGZOは輝度と色も制御する:シャープ、MEMS-IGZO採用7型Androidタブレットの開発表明

シャープは、「MEMS-IGZO」技術を導入する「メディアタブレット」が開発中であることを明らかにした。出荷予定は2015年上半期の予定だ。

[ITmedia]

シャッター制御で高い色再現モードから省電力のグレー表示モードまで簡単切り替え

 シャープは、10月6日に「MEMS-IGZO」技術を導入する7型ディスプレイ搭載の「メディアタブレット」が開発中であることを明らかにした。出荷予定は2015年上半期の予定だ。

 MEMS-IGZOは、米国のPixtronixと共同で開発した技術で、Pixtronixが開発したMEMS技術をシャープのIGZO技術に取り入れている。従来の液晶ディスプレイと比較して消費電力を削減したほか、高い色再現性を確保している。また、外光のもとでも見やすい高輝度モードや省電力を重視したグレースケール/白黒モードなど、複数の表示モードを切り替えて利用できる。

kn_memsigzo_01.jpg シャープが開発を表明したMEMS-IGZO採用の7型ディスプレイ搭載「メディアタブレット」

 MEMS-IGZO導入のディスプレイは、MEMSシャッターとスリット、バックライトの単純な構造とすることで、バックライトの透過量を増やして消費電力を減らし、高い色再現を可能とした。また、バックライトの光源をシャッターで制御して画像を表示する仕組みを採用するため、シャッターの開閉クロックを変えることで利用や表示するコンテンツにあわせた表示モードとディスプレイが消費する電力に切り替えることが可能だ。メディアタブレットでは、モード変更をワンタッチでできるユーザーインタフェースも用意する予定だ。

kn_memsigzo_02.jpg MEMS-IGZO技術を採用したディスプレイの構造

kn_memsigzo_03.jpg シャッターの開閉クロックを制御してディスプレイに表示する色の数や色域、そして消費電力が異なる表示モードを切り替えるのがMEMS-IGZO技術の特徴だ。なお、モードの種類や名称、設定ユーザーインタフェースのデザインは今後の開発で変更する可能性もある

 メディアタブレットは現在開発途上ということで、本体のサイズと重さ、バッテリー駆動時間は確定していない。ただし、本体に防水機能を持たせることを明らかにしている。採用するプロセッサはSnapdragon 800シリーズでOSはAndroid 4.4を導入する予定だ。搭載する7型ディスプレイの解像度は1280×800ピクセルで、背面と正面にカメラを内蔵する。無線接続では、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANのほか、LTEと3Gに対応したワイヤレスWANも利用できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.