ニュース
» 2014年10月17日 04時03分 UPDATE

デスクトップPCも5Kに:27型iMacがついにRetina化――5120×2880ピクセル

うわさ通り、ついにデスクトップPC「iMac」がRetina化を果たした。「Retina 5K display」を搭載して、標準構成で25万8800円からだ。

[田中宏昌,ITmedia]

オールインワンタイプのiMacもRetina対応

 エッジ部分がわずか5ミリのスリムボディはそのままに、27型iMacの最上位モデルにRetinaディスプレイ搭載機が登場した。画面解像度は従来の2560×1440ピクセルから4倍の5120×2880ピクセルと「Retina 5K display」になったのが特徴だ。

ht_im01.jpg 5K(5120×2880ピクセル)という広大な画面解像度を手に入れた

 注目はフルHDの7倍、4Kディスプレイの1.67倍に相当する画面解像度を手に入れたことで、酸化物TFT(Oxide TFT)や高効率のLED、iPad Retinaモデルで導入された有機パッシベーションなどを採用することで従来モデルから消費電力を低減しつつ、高精細な表示を実現する。

ht_im02.jpg 新たにThunderbolt 2を2ポート採用

 採用されるCPUとGPUは、それぞれクアッドコアCore i5(3.5GHz/最大3.9GHz)とAMDのRadeon R9 M290X(2GバイトGDDR5)で、CTOではクアッドコアCore i7(4.0GHz/最大4.4GHz)やRadeon R9 M295X(4GバイトGDDR5)に変更できる。従来モデルのクアッドコアCore i5(3.4GHz/最大3.8GHz)とNVIDIA GeForce GTX 775Mから、それぞれ強化された形だ。

標準構成で25万8800円、最大構成では44万5000円

 メモリは標準で8Gバイト(4Gバイト×2)、最大で32Gバイト(8Gバイト×4)と従来モデルを継承しているが、HDDは1Tバイトのフュージョンドライブとなり、CTOには3Tバイトのフュージョンドライブや1Tバイト/512Gバイト/256GバイトのSSDも用意されている。

 外部ディスプレイ出力は従来の2560×1600ピクセルから、最大3840×2160ピクセルとなったほか、Thunderbolt 2×2ポートを新たに備えた。

 ボディサイズは従来同様、650(幅)×203(奥行き)×516(高さ)ミリ、重量は約9.54キロのままだ。付属品はApple Wireless KeyboardやMagic Mouse、電源ケーブルで、OSは最新のOS X Yosemiteをプリインストールしている。

 米国での発売は10月17日からで、価格は2499ドルとなっているが、日本では原稿執筆時の出荷予定が3〜5営業日、価格は標準構成で25万8800円(税別)、スタンドを省いたVESAマウントアダプタ搭載モデルが26万3200円(税別)、最大構成(4.0GHzクアッドコアIntel Core i7、32Gバイトメモリ、1TバイトSSD、AMD Radeon R9 M295X)では44万5000円(税別)だ。

ht_im03.jpg 「iMac Retina 5K ディスプレイモデル」の価格は標準構成で25万8800円から

関連キーワード

Apple | iMac | ディスプレイ | OS X Yosemite | 解像度


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-