ニュース
» 2014年11月18日 11時15分 UPDATE

エプソン、X99マザー採用のハイエンド構成ミドルタワーPC「Endeavor Pro8100」

エプソンダイレクトは、ミドルタワー型デスクトップ筐体を採用したフラッグシップPC「Endeavor Pro8100」を発表した。

[ITmedia]
photo Endeavor Pro8100

 エプソンダイレクトは11月18日、ミドルタワー型デスクトップ筐体を採用したフラッグシップPC「Endeavor Pro8100」を発表、本日より受注を開始する。BTOカスタマイズにも対応、価格は19万9000円から(税別)。

 マザーボードとしてIntel X99チップセット採用製品を採用したハイエンド向けデスクトップPCで、CPUとしてCore i7-5820K(3.3GHz)〜同-5960X(3GHz)までの搭載に対応。グラフィックスカードは標準でRadeon R7 240を装備するほか、GeForce GTX 770/Quadro K4000などへの変更も可能となっている。

 メモリはDDR4 4Gバイト(最大64Gバイト)、ストレージは500GバイトHDD(M.2 SSDやRAID構成にも対応)、光学ドライブはDVD-ROMドライブを標準で装備。OSはWindows 8.1/同 Pro、Windows 7 Professionalを選択可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.