ニュース
» 2015年02月16日 15時00分 UPDATE

2015年PC/タブレット春モデル:VAIOが定番セレクトショップとコラボ――「VAIO Z | BEAMS特別仕様モデル」

VAIOとBEAMSの異色コラボが実現。ソニーから分離した新生VAIOならではの特別仕様モデルだ。

[前橋豪,ITmedia]

BEAMSらしいオレンジのアクセントが効いた特別な「VAIO Z」

 VAIOは2月16日、2in1仕様の13.3型モバイルノートPC「VAIO Z | BEAMS特別仕様モデル」を発表した。2015年3月13日にソニーストアでに受注を開始する予定だ。価格は同日発表した通常のVAIO Zに6000円を追加した額となる。CPUなど購入時に選択できるスペックは、通常のVAIO Zと変わらない。

tm_1502_z-b_01.jpg 「VAIO Z | BEAMS特別仕様モデル」

 同社が国内の大手セレクトショップ「BEAMS」とコラボレーションした特別仕様の台数限定モデル(数は非公開)。販売はソニーストア(Webのみ)で行うが、BEAMSの4店舗でも展示する予定だ。

 VAIO Zのブラックモデルをベースとしており、クリックパッドをBEAMSのイメージカラーであるオレンジに着色している。また、液晶ディスプレイのヒンジ右(樹脂パーツ部分)にBEAMSロゴをオレンジ色で刻印し、デスクトップには「VAIO × BEAMS特設コラボサイト」に移動するアイコンも用意した。購入した本体はBEAMSの布製ショッパーに入った状態で届けられる。

 それ以外の仕様は通常のVAIO Zと同様だ。

tm_1502_z-b_02.jpg 通常はブラックのクリックパッドをオレンジに着色。液晶ディスプレイのヒンジ部にもオレンジ色のBEAMSロゴが刻印されている
tm_1502_z-b_03.jpg デスクトップ画面には、特設サイトに移動するアイコンも用意される予定だ

 同社によると、ソニー時代のVAIOでは、他社のロゴがPC本体に入ったような製品は社内調整などの面で実現のハードルが高かったが、新会社はこうしたコラボモデルを企画しやすくなったという。

※記事初出時、「起動時にBEAMSロゴが表示される仕様」との記載がありましたが、実際の製品では省かれることになりました(2015年3月3日19時)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.