ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セレクトショップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セレクトショップ」に関する情報が集まったページです。

小売・流通アナリストの視点:
「ニッセン売却」が象徴するセブン&アイEC構想の大失敗 カタログ通販に残された利用価値とは
5月9日、セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)は、子会社の総合通販企業ニッセンホールディングスの全株式を売却すると発表した。これは同社が推し進めた、ネットをベースに連携させるオムニチャネル戦略「オムニ7」の失敗を意味する。EC全盛時代に、売却されるニッセンにはどんな価値が残されているのだろうか。(2024/6/10)

まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと
エレコムから、ていねいにケアされたネイルのようなPC周辺機器が登場した。シリーズ名は「ILMF」。スペックにこだわることなく、見た目でこだわったアイテム群だ。全7アイテムを試す機会を得たので紹介する。(2024/5/28)

パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
中止の告知もわずか数日で削除。(2024/5/27)

PARCOのパンイベント、開催中なのに突如中止に 出店者からは「支払いがない」と困惑する声も
開催初日に中止なったところも。(2024/5/24)

“遊戯王カード”のラグマットで玄関をデュエリスト仕様に! 10倍サイズの攻めたデザインに「めちゃくちゃ良い」「守備表示したい」
来客を守備表示のラグがお出迎え。(2024/5/21)

アラフォーママ、プチプラミックスの“公園コーデ9種”がおしゃれでかわいい! 「全コーデ大好き」「むちゃくちゃ参考にしてます」
子どもと全力で遊べそう。(2024/5/4)

石野純也のMobile Eye:
“Xperiaの父”も加わり日本攻略に本腰のNothing スマホ/イヤフォンの両軸が強みになるワケ
Nothingがワイヤレスイヤフォンの新製品「Nothing Ear」とその廉価版「Nothing Ear (a)」を発表。2つのイヤフォンは生成AIの「ChatGPT」とも連携し、タッチ操作でアシスタントのように呼び出すことが可能になる。イヤフォンを日本で発表したのは、同社にとって日本市場の重要性が高まっているからだという。(2024/4/20)

ルミネ、JR新宿駅のエキナカ施設を4月17日オープン 東京初出店を含め28店舗
ルミネ(東京都渋谷区)は、JR新宿駅改札内の新たなエキナカ商業施設「EATo LUMINE(イイトルミネ)」を4月17日にオープンする。タイパの高い食体験の提供を目指し、トレンドのグルメや同施設限定の商品などを提供する。(2024/3/19)

お金をかけずに“脱おじさん”化! プロスタイリストおすすめ、40〜50代男性に似合う「ユニクロ服」5選
40代・50代なら試してみたい。(2024/3/16)

「イオンモール幕張新都心」第3期リニューアル、どう変わる?
イオンモールは、イオンモール幕張新都心の第3期リニューアルとして新規21店舗、移転改装を含めると31店舗をオープンすると発表した。(2024/3/14)

「トンボ池」近く:
大阪・岸和田の複合施設「ワタワン」5月開業、物販エリアの店舗が決定
antiquaは、大阪府岸和田市にオープン予定の複合施設「WHATAWON(ワタワン)」について、大型物販エリア「WBOX」に出店する店舗が決定したと発表した。(2024/3/9)

3月15日オープン:
「イオンタウン仙台泉大沢」がリニューアル、どう変わる?
イオンタウンは、2023年秋から一部店舗の入れ替えを進めていた宮城県仙台市泉区のショッピングセンター「イオンタウン仙台泉大沢」をリニューアルオープンすると発表した。(2024/3/2)

磯部孝のアパレル最前線:
ファミマの「服」は実際どうなのか ユニクロやワークマンと比較して見えた“矛盾点”
コンビニでアパレル商品が売れている。ファミリーマートが展開する「コンビエンスウェア」や、ローソンが人気セレクトショップとコラボした「インスタントニット」は軒並み人気商品となった。なぜ、コンビニで扱われるアパレル商品がこれほど人気なのだろうか。(2024/2/29)

「イオンモール大高」約50店舗を刷新、どう変わる?
名古屋市緑区に店舗を構えるイオンモール大高は、3月20日より順次リニューアルオープンすると発表した。(2024/2/27)

「ラフォーレ原宿」約20店舗が変わる、どのように?
ラフォーレ原宿は、2〜5月にかけて約20の店舗を段階的に新規オープンすると発表した。(2024/2/15)

ローソンで「ニット」が想定以上の売れ行き 一部店舗では品切れ 20代をターゲットにした戦略とは
ローソンの雑誌コーナーで展開している「ニット」が、想定以上のペースで売れている。1月16日に全国のローソン約1000店舗で発売したところ、一部店舗で品切れが発生。2月13日に追加納品を予定している。(2024/2/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
リベンジ消費やインバウンド復活だけじゃない 三陽商会、ワールド、オンワード アパレル各社の「V字回復」戦略
コロナ禍が落ち着きを見せ、大手アパレルが業績の回復を見せている。三陽商会・ワールド・オンワードホールディングスの3社に着目し、好調の要因を探る。(2024/2/9)

「イオンモール宮崎」約80店舗を刷新、どう変わる?
イオンモール宮崎は3月22日から秋にかけて、大規模リニューアルを実施する(2024/2/4)

濱口優、“昔からやりたくてしょうがなかった”バイクカスタムを実践 「52歳になって夢がかなうとは」
いい感じ!(2024/1/25)

「イオンモール太田」がリニューアルオープン どうなる?
イオンモールは4月19日、群馬県太田市で運営するショッピングモール「イオンモール太田」を増床リニューアルオープンする。(2024/1/20)

au PAYで最大40%還元、au PAY マーケット+三太郎の日に 1月1日〜8日
KDDIは、2024年1月1〜8日に「ポイント超超祭 新春キャンペーン」を開催。auスマートパスプレミアム会員は「au PAY マーケット」で「三太郎の日」に最大40%還元を受けられる。(2023/12/27)

「アニヤ・ハインドマーチ」コラボで混雑、行列、転売 なぜユニクロは有名ブランドに選ばれ続けるのか
ユニクロが、新たなコラボでまた大ヒットを飛ばした。英国発のブランドアニヤ・ハインドマーチとコラボした商品が大きな話題を呼んだ。いったいなぜ、ユニクロはコラボをヒットさせ続けられるのだろうか。(2023/12/25)

「DEAN & DELUCA」の福袋は11月15日から予約 スイーツバッグなど4種
食のセレクトショップDEAN & DELUCAの福袋が発表されました。(2023/11/14)

「イオンモール直方」11月にリニューアル、どうなる?
イオンモールは、福岡県直方市にある「イオンモール直方」を、11月3日にリニューアルオープンする。どのように生まれ変わるのか……。(2023/10/31)

「全く年を取らない」「この50歳はヤバすぎ」 深津絵里、ロエベのドレス着用した近影に驚きの声相次ぐ
深津さんは意外にもファッションショーへの参加が初とのこと。(2023/10/2)

福岡県の住みここちランキング 3位「薬院」、2位「今池」、1位は?
大東建託は「街の住みここちランキング」を発表した。福岡県在住の人に「住みここちがいい最寄り駅」を聞いた。(2023/8/12)

CEOに聞いた:
「衣類破棄がそもそも存在しないビジネスを」 アパレルテック企業が見出した意外な販路
世界で生産された衣料のうち60%以上は廃棄されている。これらは「商習慣」と見なされ、半ば諦められてきた。こうした「業界の常識」をDXの力で破壊しようというスタートアップ企業がGOOD VIBES ONLYだ。(2023/8/11)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
“利他の心”を徹底し、100億円を成し遂げたお客様本位の理念ドリブン経営
富山など北陸三県を中心に段ボールなどの梱包事業を展開するサクラパックス。経営理念を中心に、利他の心で年商100億を成し遂げた橋本淳社長が、理念経営について講演を行った。(2023/8/1)

Matt、豪華な自宅での誕生日会で父・桑田真澄と親子ショット アンミカも「愛に満ちたご家庭」
29歳の誕生日を迎えていました。(2023/7/26)

施設全体が完成:
虎ノ門ヒルズ「ステーションタワー」10月開業 特徴は?
森ビルは、開発中の虎ノ門ヒルズ内の複合施設「ステーションタワー」を10月6日に開業する。特徴は……。(2023/7/24)

最寄り駅のトップは:
北海道の「住みここち」ランキング 3位「中央区」、2位「東神楽町」、1位は?
大東建託は、北海道の居住者を対象とした「 住みここちランキング」を発表した。住みここちのいい自治体を聞いたところ、1位は……。(2023/7/13)

グッドパッチとUXの話をしようか:
「旅行の代わり」にあらず ホテルのサブスクがコロナ後も新規客を獲得できるワケ
コロナ禍に「旅行の代わり」として需要を取り込んだホテルのサブスク。旅行が解禁になった現在もその人気は衰えず、今後も成長が期待できる。人気の理由をUX観点から解説。(2023/7/13)

県内3店舗目:
「ドン・キホーテ高松丸亀町店」オープン、特徴は?
ドン・キホーテは、香川県高松市に県内3店舗目となる「ドン・キホーテ高松丸亀町店」を8月4日にオープンする。(2023/7/12)

母から届いたプレゼントに「大泣きしてしまった」 娘へのメッセージをつづった直筆の贈り物に胸が熱くなる
一生の宝物になるプレゼント。(2023/7/6)

磯部孝のアパレル最前線:
売上高1000億円は達成できるのか アパレル業界の新星「TOKYO BASE」への懸念
おしゃれ好きな若者をターゲットにアパレルショップを展開するTOKYO BASE。創業から16年で売上高191億円の企業に成長した。寡占化が進むアパレル業界の中にあって、最速で売上高1000億円を目指すという同社の歩みとこれからについて考えてみた。(2023/6/23)

DEAN&DELUCA、夏恒例のメッシュトートを発売 2023年限定カラーは涼しげなシトラスイエロー
夏のおでかけのお供に。(2023/6/22)

グッドパッチとUXの話をしようか:
10年で市場規模が10倍に 「アナログレコード」復活の理由をUX観点から考える
サブスクサービスで音楽を聴くことが増えてきましたが、意外なことにここ10年で「アナログレコード」の市場は10倍に成長しています。なぜアナログレコードが人気なのでしょうか、その秘密をUXの観点から考えてみました。(2023/6/9)

なぜ? 「空の会社」が、足元のアイテム:
「空」でも「地上」でも履ける JAL系航空会社が「1足2万円」のスニーカーを発売したワケ
JAL系航空会社のZIPAIRが4月、ファッションデザイナーと共同開発した1足2万円のスニーカーを発売した。「空の会社」なのになぜ、靴なのか。そして、どんな靴なのか。(2023/6/3)

4ブランド集約のワケ:
青山商事 屋号を変える激変の裏に「ビジネスモデル崩壊」の過去
青山商事は5月11日、「THE SUIT COMPANY」(ザ・スーツカンパニー)を、4つのブランドを1店舗に集結したOMO型店舗「SUIT SQUARE」(スーツスクエア)へ屋号を変更した。銀座店では1500着以上を店頭に用意していたスーツを約3分の1に減らし、売り場面積も圧縮。屋号を変えるという大きな変化の裏に、どのようないきさつがあったのか。(2023/5/31)

アパレル企業が自社開発:
「姿見×AI」 似合う色やコーデを診断するミラーで、何ができる?
デイトナ・インターナショナルは自社開発した「インタラクティブミラー」を、店舗DXソリューションとして外部提供を開始した。AIカメラがコーディネートやメイクを提案するなどの機能を備える。導入企業の要望に合わせてカスタマイズ、サポート、メンテナンスに対応するとしている。(2023/5/24)

100年前のアンティーク着物に、ヘッドドレスを合わせたら…… センス抜群な“地雷系着物コーデ”に「かわいい!」「着てみたい」の声
違和感のないアレンジがすてき。(2023/5/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「バーニーズ」はなぜ苦戦し、売却されたのか かつてはバブルに沸いた日本を象徴する存在
セブン&アイが、高級セレクトショップ「バーニーズ ニューヨーク」を運営するバーニーズジャパンを売却。日本に進出した当初は勢いがあったが、なぜ苦戦するようになったのか。(2023/5/2)

ビジネス小話:
なぜ、「サイゼ」直結のホテルが誕生したのか そのビジネスモデルは? 担当者に聞いてみた
大手ファミレスチェーン「サイゼリヤ」と直結しているホテルがある。入居している背景について広報担当者に聞いてみた。(2023/4/29)

無料ですぐに実践できる「一人暮らしの防犯対策」が目からウロコ ドアスコープをすっぽり隠すアイデアに「さっそくやってみます」の声
貼るだけかんたん。(2023/4/10)

ハルメク編集長に聞く:
【後編】新規上場ハルメクの快進撃 爆売れの裏側にある、地道な作業と圧倒的データ量
ハルメクホールディングス(新宿区)が3月23日、東京証券取引所グロース市場に新規上場した。同社は年間定期購読誌「ハルメク」の出版を柱に、Webメディア「ハルメク365」、通販、セレクトショップの運営など幅広いシニア女性向け事業を展開することで知られている。出版不況が続く中、シニア女性向けというニッチな領域で、かつ定期購読という特殊なプロダクトをどのように成長に導いたのか。山岡朝子編集長に話を聞いた。(2023/3/31)

ハルメク編集長に聞く:
【前編】新規上場ハルメクの快進撃 「こんなの全然読みたくない」といわれた雑誌が無双するまで
ハルメクホールディングス(新宿区)が3月23日、東京証券取引所グロース市場に新規上場した。同社は年間定期購読誌「ハルメク」の出版を柱に、Webメディア「ハルメク365」、通販、セレクトショップの運営など幅広いシニア女性向け事業を展開することで知られている。出版不況が続く中、シニア女性向けというニッチな領域で、かつ定期購読という特殊なプロダクトをどのように成長に導いたのか。山岡朝子編集長に話を聞いた。(2023/3/30)

店舗数は300店:
台湾初の「ららぽーと台中」がグランドオープン LOPIA国外1号店も出店
三井不動産は、台湾初のららぽーと「三井ショッピングパーク ららぽーと台中」を5月16日にグランドオープンする。(2023/3/27)

4月にオープン:
「ジ アウトレット湘南平塚」2階建の大型モール 約150店舖が出店
イオンモールは4月28日、神奈川県平塚市に「ジ アウトレット湘南平塚」をオープンする。約150店舗が集結するほか、本格アウトドアや大型LEDビジョンでのライブビューイングなど、多くの人が楽しめる体験の場を提供する。(2023/3/20)

生鮮食品マルシェも:
「イオンモール橿原」リニューアルで42店舗を刷新、どう変わる?
イオンモールは3月24日、「イオンモール橿原」をリニューアルオープンする。生鮮食品専門店を導入するほか、新規22店舗を含む42店舗を刷新。地域住民向けの快適なサービスを拡充する。(2023/3/17)

2月から4月にかけて:
京橋駅「京阪モール」に7店舗がオープン、全国初の店も
京阪京橋駅ビル商業施設「京阪モール・Kぶらっと」に、成城石井の新業態など7店舗がオープンする。2月から4月にかけて。(2023/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。