ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セレクトショップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セレクトショップ」に関する情報が集まったページです。

4ブランドが集積:
店舗で試着して自宅に届く ザ・スーツカンパニーが新OMO型店舗で目指す姿とは
青山商事が「THE SUIT COMPANY新宿本店」をオープンする。4つのブランドを集結したOMO型店舗の位置付けで「TSC SQUARE」として展開する。(2021/10/1)

IT起業家がパン屋に:
焼き立てパンは置いていません! パン屋の”当たり前”をくつがえす「時をとめるベーカリー」は、なぜ生まれたのか?
パン屋の魅力といえば、焼き立ての香りが充満する空間でおいしそうにテカテカと光るパンを選ぶことといっても過言ではないだろう。神奈川県・瀬谷駅直結のパン屋「時をとめるベーカリー」はそんなパン屋の常識をくつがえす。「うちには焼き立てパンは置いていません」。どういうことなのだろうか? パン屋の魅力をとっぱらった店はなぜ生まれたのか?(2021/9/30)

サラダ専門店:
キャッシュレス決済が顧客体験向上を生み出す──CRISP宮野代表に聞く
“コネクティッド・レストラン”の構築を目標に2014年に起業されたCRISPは、セルフレジシステムの活用、グループオーダー、サブスクリプションと拡大を続け、同社製のセルフレジシステムは他社への販売も行う。顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上の手法、将来の展開などを宮野浩史社長に聞いた。(2021/9/24)

開業以来、最大規模:
浦和PARCO、グランドフロアを大規模リニューアル 狙いは?
浦和PARCOがグランドフロアの大規模リニューアルを発表した。2021年秋に実施するという。狙いは? どのような店舗が新たに入るのだろうか?(2021/9/9)

Supply Chain Dive:
Adidasはatma.ioとの契約で何をしようとしているか 顧客体験を変えるDX投資の中身
消費のトレンドはこの数年で大きな転換点を迎える中、世界中に販売網を持つスポーツブランドAdidasがあるクラウドサービスと契約をして話題を集めている。リサイクル市場の拡大、サステナビリティーを意識したコト消費、オンライン/オフラインを問わない顧客接点など、物の売り方が複雑になる中、ブランドを守り、収益力を上げる仕掛けを探る。(2021/8/27)

磯部孝のアパレル最前線:
堅調ZOZOに死角はあるのか 若年層を取り込む「本田翼」CM戦略と「ツケ払い」から考える
ZOZOTOWNを運営するZOZOが好調だ。直近の22年3月期の第1四半期 (21年4〜6月)の商品取扱高は1067億円(前年同期比11.9%増)、営業利益125億円(同20.8%増)と、ステイホームによるデジタルシフトという高いハードルに対して2桁増だった。(2021/8/25)

アパレル各社が「ジェンダーフリー」に照準、オンワードは新ブランド 三陽も企画
 アパレル各社が、性別に関係なく着られるジェンダーフリーの商品を相次ぎ投入している。オンワードホールディングス(HD)が新ブランドを立ち上げたほか、三陽商会やワールドも品ぞろえを強化している。背景にはLGBTQ(性的少数者)への社会的理解が進んでいることや、ファッションの好みに対する性別の違いがなくなっていることがある。各社は固定観念にとらわれない商品づくりで新たな需要を取り込もうとしている。(2021/8/17)

地域密着型:
千葉県に商業施設「SoCoLA(ソコラ)南行徳」 10月29日開業
野村不動産と野村不動産コマースは、千葉県市川市に地域密着型商業施設「SoCoLA(ソコラ)南行徳」を開業すると発表した。開業日は10月29日。SoCoLAシリーズの展開は千葉県初となる。(2021/8/12)

磯部孝のアパレル最前線:
コロナ禍でも改革断行で黒字転換のアダストリア 多ブランド展開で進める“差別化”と“課題”
グローバルワーク、ニコアンド、ローリーズファームなどを展開するカジュアル衣料大手アダストリアの22年2月期第1四半期(21年3〜5月)の決算が好調だ。(2021/8/3)

Apple製品をワンストップで 「ビックカメラ池袋SELECT」がオープン
池袋ビックカメラにApple製品専門店ができたのでさっそくチェックしてきた。(2021/7/30)

北海道の住みここちランキング2021 道民から人気が高い自治体と駅は?
北海道に住む成人男女累計2万4646人の回答から、各ランキングを作成した。(2021/7/16)

オーダーシューズの「CAGIANA」 第3四半期時点で、前年売上比300%超
ハウスメーカーのネイブレインは、運営するシューズブランド「CAGIANA」(カジーナ)の今年度第3四半期時点で、前年度の売上金額比300%を超過した。(2021/7/14)

コロナ禍で4店舗を展開:
オープン初月で全店黒字化 24時間無人の古着店「秘密のさくらちゃん」を読み解く5つの秘密
コロナ禍でアパレル企業の業績が落ち込む中、続々と出店数を伸ばしている24時間無人の古着店がある。「秘密のさくらちゃん」だ。2020年1月に1号店を出店し、7カ月で4店舗まで拡大、全店でオープン初月黒字化を達成している。秘密のさくらちゃんを読み解く5つの「秘密」を探った。(2021/7/12)

PR:小売業に求められるデジタルシフト 小規模店舗のオムニチャネル戦略を成功に導くサービスとは?
(2021/7/9)

スピン経済の歩き方:
市場は7割減! “スーツ離れ”を断ち切ることはできるのか
スーツ市場が苦戦している。ピーク時(1992年)に比べて、販売数が7割ほど減少しているが、どうすれば回復することができるのか。筆者の窪田氏は……。(2021/7/6)

家賃滞納で追い出される→服を購入 ビームスの“うっかりOL”1週間コーデ記事にツッコミ殺到 攻めた企画の狙いを聞いた
賛否両論を巻き起こすマイコ。(2021/6/28)

磯部孝のアパレル最前線:
おしゃれの象徴だったアパレルの「買い物袋」 有料化から1年で各社の対応に差が
2020年7月から全国一斉にレジ袋有料義務化が始まった。導入からおよそ1年が経過し、マイバッグやエコバッグ使用の浸透度合いやアパレル業界の対応、今後の課題感について取り上げてみたい。(2021/6/3)

モノづくり最前線レポート:
「モノ」から「コト」そして「ヒト」へ、ビームスが進める転換
ファッションワールド東京(2021年3月23〜25日、東京ビッグサイト)において、ビームス 取締役 開発事業本部 本部長 クリエイティブディレクターの窪浩志氏が「BEAMS(ビームス)のPB戦略とものづくり」をテーマに特別講演を行った。講演ではワクワクドキドキ感や面白さを追求する中で生まれた具体的なヒット事例をもとに、ビームスの商品戦略の原点を紹介した。(2021/5/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
有名ブランドの服を“激安”で売る「オフプライスストア」が増殖中 背景にバーバリーの焼却事件
売れ残った有名ブランドの洋服や靴を激安で販売する「オフプライスストア」が増えている。大手アパレルのワールドやゲオグループなどが参戦。単に安く売るのではなく、ある特徴を備えているという。(2021/4/19)

Natural Coordinate:
ダイソー、ナチュラルテイストの商品を集めたセレクトショップ展開
大創産業(広島市)は4月3日、新ブランド「Natural Coordinate(ナチュラルコーディネート)」をLINKS UMEDA(リンクス梅田、大阪市)に開店した。その狙いは?(2021/4/5)

プロジェクト:
延べ約6.4万m2の物流施設が海老名市で竣工、三菱地所
三菱地所は、神奈川県海老名市で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「ロジクロス海老名」が竣工した。既に、大手物流会社と1棟丸ごとの賃貸借契約を締結している。(2021/4/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍でも「横丁」は大繁盛 昼から酒を楽しむ人が殺到する理由とは
コロナ禍で大都市都心部の居酒屋やレストランが苦戦している。一方で、集客に成功している横丁が多い。その理由とは?(2021/3/29)

レーベル名はフィンランド語で「家」:
ユナイテッドアローズ、初のアウトドアレーベル展開 本格的な商品展開で新規客層を獲得
ユナイテッドアローズが初のアウトドアレーベル「koti BEAUTY&YOUTH(コティ ビューティ&ユース)」を春夏シーズンからスタートする(2021/3/27)

二極化:
アパレルで働く人の平均年収は「341万円」、職種別は?
アパレル業界で働く人は、どのくらいの給与を手にしているのだろうか。ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」が調査したところ、平均年収は341万円であることが分かった。(2021/3/19)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

「Amazon Holiday 2020」が開始 ブラックフライデー・サイバーマンデーも開催
もうクリスマスか……!(2020/11/6)

新たな事業の柱に:
ランドセルのセイバンが大人向けバッグ「モノリス」を発売
セイバンは11月1日、大人向けバッグの新ブランド「MONOLITH(モノリス)」を発売した。価格は送料込みで1万2000〜4万4000円(税別)。少子化などの影響でランドセルの販売数が減少する中、新たな事業の柱としたい考え。(2020/11/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ビックカメラ、ワークマン、アルペン…… 異業種の参入で盛り上がるアウトドア市場の今
アウトドア市場が盛り上がっている。ビックカメラやコーナン商事が相次いで専門店をオープンするなど、異業種からの参入も相次ぐ。どこまで伸びるのか。(2020/10/13)

新しいケア商品:
白髪を切ったり抜いたりする男性が約80% ホーユー、男性向けの白髪ケア商品発売
ホーユーは、白髪を簡単に隠すことができる「メンズビゲン クイックスティック」を10月1日に発売。Amazon、楽天24、LOHACO限定での販売。商品デザインは、セレクトショップのビームスのライセンスブランド「BEAMS DESIGN」が監修。(2020/9/18)

タイムアウト東京のオススメ:
マネキンと相席してソーシャルディスタンスを保てるレストランが登場
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/6/16)

林信行が読み解くApple Watch5周年:
5つの視点で振り返る「Apple Watch」のすごさ
Appleのスマートウオッチ「Apple Watch」が、2020年4月で発売5周年を迎える。登場前と登場後で何が変わり、これからどこへ向かうのか。林信行氏が解説する。(2020/4/24)

「ダイヤわっさー入っとる」「虫どものように男を引き寄せる」 パワーワードだらけの宝石オススメ文がクセになる
コテコテの大阪弁だったり貴婦人目線だったり、商品の紹介文が変幻自在。(2020/3/9)

Oracle EPM Cloudで損益表作成が10日間から2時間に ビームスが「脱・表計算」
セレクトショップ「BEAMS」を展開するビームスホールディングスは、Oracleのクラウド型経営管理ソリューションを導入し、店舗と事業部の損益表作成業務を効率化して、早期開示を実現。経営層や事業本部長に精緻な経営指標をタイムリーに報告できるようになった。(2020/1/15)

実家に帰ったら両親がとんでもない漫画部屋を作ってた―― 「理想の部屋」「秘密基地感すごい」と話題、制作の経緯を聞いた
めっちゃうらやましい……!(2020/1/7)

「街の住みここちランキング」大東建託が発表 東京や大阪をおさえて1位になったのは……九州の街
大都市近郊の街も高い傾向に。(2019/12/18)

アーバンリサーチとフランチャイズ契約締結:
ファミマ、セレクトショップ風の新業態スタート ヨガイベントやクラフトビールを提供 夜時間帯強化の狙いも?
ファミマが都市型店舗「ファミマ!!」で新業態をスタートする。セレクトショップを手掛けるアーバンリサーチとFC契約を締結。17年末から協議を進めており、ようやく日の目を見る形に。セレクトショップ風の店舗で、虎ノ門ヒルズビジネスタワーに20年2月、オープンする。ヨガイベントを開いたり、クラフトビールを提供したりと新たなニーズも狙う。(2019/12/5)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

「タイムトラベル専門書店」がクラウドファンディングに成功 ホーキング博士の実験「タイムトラベラーのパーティ」開催へ
パーティの招待状を、タイムトラベラーへ閉会後に出す実験を試みます。(2019/11/13)

Architecture & Interior Design alternatives―Vol.1:
素材を生かした「メイド・イン・ローカル」のデザインメソッドが世界へ。建築家・芦沢啓治氏に聞く
一貫して素材に対し「正直なデザイン」を心掛け、他に2つと無い特徴的な作品を次々と世に送り出している建築家・芦沢啓治氏――。木や鉄、石の持つ表現力をそのまま生かすため、マテリアルと真正面に向き合い、まさに対話することで作品を生み出している。3.11の被災地に設立した家具ブランド「石巻工房」は、メイド・イン・ローカルを掲げ、マテリアルに向き合う個性的なデザインは守りつつも、EUやアジアでもパートナーを拡大させている。(2019/11/14)

仕掛け人4人はインスタ利用経験なし:
「インスタ経験なし・50坪」から始まったうんこミュージアムが海を渡るまで
横浜で産声を上げたうんこミュージアムが、ついに海を渡った。2019年3月、横浜市にオープンしたうんこミュージアム。当初は7月までの期間限定だったが、好評を受けて会期を9月末まで延長した。公式発表によると、来場者数は30万人を突破。8月には「MAXうんこカワイイ」を掲げお台場に進出し、10月には中国、上海でもオープン。20年1月までの期間限定で展開している。快進撃を続けるうんこミュージアムは、どのように練り上げられたのか。仕掛け人に取材した。(2019/10/29)

タイムアウト東京のオススメ:
BENTOはモダンに味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/10/24)

EC業界活性化の新アプローチ:
購買動機は価格から共感へ――“個性売れ”に注目するファッションEC業界
個人の“センス”を狙う新ビジネス――EC業界活性化の新アプローチとは?(2019/10/28)

グッチを日本で初めて紹介 老舗セレクトショップ「サンモトヤマ」破産
セレショの元祖的存在でした。(2019/10/1)

かなり深刻:
日本で大人気のディーン&デルーカは、なぜ海外で衰退したのか
本家のディーン&デルーカが苦戦している。高級食材のセレクトショップとして、ニューヨークの食文化に多大な影響を及ぼしてきたが、現在は全米で4店舗を構えるだけ。なぜディーン&デルーカの売り上げは伸び悩んでいるのか。(2019/8/30)

タイムアウト東京のオススメ:
最新ひんやりスイーツで涼む
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/8/28)

タイムアウト東京のオススメ:
次のブームが到来? ベトナムスイーツ「チェー」を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/8/14)

「企業より個人が勝つ時代が来る」 UUUMが語るYouTuberの今と未来
多数の人気YouTuberを抱えるYouTuberプロダクション「UUUM」で取締役CFOを務める渡辺崇さんに、YouTuberの今とこれからについて話を聞いた。(2019/8/5)

「うんこは誰もが知っているIP(知的財産)」 うんこがテーマのエンタメ施設「うんこミュージアム」はなぜ生まれたか
「うんこ」をテーマにした施設というアイデアはどこから来たのか。(2019/8/3)

パゴダ傘って知ってる? 貴婦人がもっていそうな優雅な傘がそろうブランド「Lumiebre」がロマンの塊だった
貴族の間で日傘が流行したのは19世紀頃からだったそうです。(2019/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。