ニュース
» 2015年02月25日 11時33分 UPDATE

デル、“Dell Venue”シリーズに10.1型タブレット「Venue 10」「Venue 10 Pro」を追加

デルは、10.1型液晶を内蔵したタブレット端末「Dell Venue 10」「Dell Venue 10 Pro」を発表した。

[ITmedia]

 デルは2月25日、10.1型液晶を内蔵したAndroid搭載タブレット端末「Dell Venue 10」、およびWindows 8.1搭載タブレットPC「Dell Venue 10 Pro」を発表、4月下旬に販売を開始する(2月27日よりAmazon.co.jp/ヨドバシカメラ/ヨドバシ・ドット・コムでの先行予約を実施)。

photophoto Dell Venue 10(左)、Dell Venue 10 Pro(右)

 ともに「Dell Venue」シリーズ初となる10.1型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したモデルで、CPUとしてAtom Z3735F(最大1.83GHz)を搭載。ワコム製スタイラスペン(別売)でのペン入力もサポートした。導入OSはDell Venue 10がAndroid 5.0、Dell Venue 10 ProがWindows 8.1 with Bing 32ビット版となっている。

 Android搭載モデルのDell Venue 10は、1920×1200ピクセル表示対応のディスプレイを搭載。ラインアップは“WiFiモデル”と“LTE SIMフリーモデル”の2タイプを用意している。価格はそれぞれ3万6980円/4万5980円だ(税別、以下同様)。

 Windows搭載モデルのDell Venue 10は、1280×800ピクセル表示対応/32GバイトeMMC搭載の下位構成の“WiFi スタンダードモデル”と、1920×1200ピクセル表示対応/64GバイトeMMC搭載構成の“WiFi ハイエンドモデル”“LTE SIMフリーモデル”の3タイプを用意した。いずれも着脱式キーボードを装備、Microsoft Office 2013 Home & Businessも標準で搭載している。価格はそれぞれ4万2980円/4万6980円/5万6980円。ほか、法人モデルも合わせて発売される予定となっている。

デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.