ニュース
» 2015年03月18日 21時00分 UPDATE

顔、虹彩、指紋の認証でパスワードいらずに:Windows 10は生体認証「Windows Hello」に対応

Windows 10は生体認証機能「Windows Hello」をOS自体がサポートする。パスワード代わりに、顔、目の虹彩、指紋といった生体情報を用いることで、より安全で便利なユーザー認証を行うことを意図している。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月17日(現地時間)、2015年夏にリリースされる予定の次期OS「Windows 10」に生体認証機能「Windows Hello」を搭載すると発表した。

tm_1503_hello_01.jpg Windows Helloの生体認証では画面上に「Hello ユーザー名」と表示される。画面では米MicrosoftでOS開発チームを統括するテリー・マイヤーソン氏の名前が出ている

 Windows Helloとは、Windows 10搭載デバイスを利用する際、パスワード入力による認証の代わりとして、顔、目の虹彩、指紋による生体認証を行う機能。生体認証用のセンサーを搭載したデバイスで利用できる(OSの初期設定ではオフになっている)。

 指紋認証には既存のセンサーを利用し、顔や虹彩の認証には赤外線カメラを用いて写真や変装によるなりすましなどを防ぐ。Intelの3Dカメラ「RealSense 3D Camera(F200)」がWindows Helloの認証に対応する。

 生体認証を利用すれば、ユーザーは複雑なパスワードをいくつも覚えて使い分けるような手間が不要になる。登録した生体認証はローカルのデバイス内に保存され、ネットワーク上には流れないため、パスワードよりも安全なログイン機能を提供できるという。

 なお、同社は各種WebサービスやアプリにWindows Helloを組み込むための開発ツール「Passport」も用意。Passportに対応したWebサイトであれば、パスワードの入力なしで、Windows Helloの生体認証を使ってログインすることが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう