ニュース
» 2015年03月19日 14時34分 UPDATE

Apple、OS X向けSafariをアップデート――WebKitに関する問題に対応

AppleがOS X向けWebブラウザ「Safari」の最新版を公開。WebKitに関する深刻な脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。

[田中宏昌,ITmedia]

 Appleが、WebKitに関するメモリ破損およびユーザーインタフェースの一貫性欠如などの脆弱(ぜいじゃく)性に対応した最新のSafariを提供開始。OS X Yosemite(10.10.2)用のSafari 8.0.4、Mavericks(10.9.5)用の「Safari 7.1.4」、Mountain Lion(10.8.5)向けの「Safari 6.2.4」が公開された。

関連キーワード

Mac | Apple | Safari | Web | WebKit


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-