ニュース
» 2015年05月11日 11時47分 UPDATE

富士通、組み立て現場などに向く業務用ヘッドマウントディスプレイ

富士通は、現場業務向けとなる非シースルー型ヘッドマウントディスプレイ「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE ヘッドマウントディスプレイ」の販売を開始する。

[ITmedia]
photo FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE ヘッドマウントディスプレイ

 富士通は5月11日、現場業務向けとなる非シースルー型ヘッドマウントディスプレイ「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE ヘッドマウントディスプレイ」を発表、5月中旬に販売を開始する。価格はオープン。

 保守点検業務や組立業務などの作業支援に向くウェアラブルタイプのヘッドマウントディスプレイで、作業手順や点検項目などの情報を確認しながらの作業を行うことが可能。腕に取り付けられるウェアラブルキーボードも付属しており、キーボード操作や音声コマンドによってカメラ撮影などの各種操作を行うことができる。IPX5/7およびIP5Xの防水/防じん機能を搭載するほか、1.5メートルからの落下にも耐える堅牢仕様となっているのも特徴だ。

photophoto

 ディスプレイは854×480ピクセル/0.4型(仮想画面サイズは15型相当)。OSとしてAndroid 4.4を導入、メモリは4Gバイト(ROMは8Gバイト)を内蔵、ほか810万画素Webカメラ、IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0も利用できる。内蔵バッテリーの駆動時間は約4時間。本体重量は約315グラムだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.