ニュース
» 2015年05月12日 13時30分 UPDATE

シリーズ最薄最軽量の新モデルが日本上陸へ:「Surface 3」は5月19日に国内発表

シリーズ最薄最軽量でフルのWindowsが動作する10.8型タブレット「Surface 3」。その国内発表は5月19日に行われる。

[前橋豪,ITmedia]

米国では499ドルからだが……

 日本マイクロソフトは5月12日、10.8型Windowsタブレット「Surface 3」の国内展開について5月19日に発表することを明らかにした。5月12日14時から都内で記者発表会が行われる。発表会の内容は「米国で発表されたSurface 3の日本での事業展開に関して」とされている。

 Surface 3は米国で3月31日(現地時間)に発表、5月5日に販売が開始されたタブレット。米国をはじめ世界26地域での発売がアナウンスされていたが、日本はその中に入っておらず、日本マイクロソフトは「現在最適な形での投入を検討している」とコメントしていた。

tm_1504_surface3_02.jpg 日本でも発売中の「Surface Pro 3」(右)と、5月19日に国内展開が発表される「Surface 3」(左)
tm_1504_surface3_01.jpg Surface 3はAtomプロセッサとWindows 8.1を搭載した10.8型タブレット。純正アクセサリのカバー兼キーボード「Type Cover」、筆圧対応デジタイザスタイラスペン「Surface Pen」と組み合わせた状態

 Surface 3は、第4世代Coreプロセッサを採用した「Surface Pro 3」(米国で2014年6月、日本で同年7月発売)の下位機となるAtomプロセッサ搭載タブレット。Surface Pro 3の799ドルより300ドル安い499ドル(Wi-Fi)で販売され、LTEモデルも用意する。日本での価格については、円安などの影響によって、6月1日にSurface Pro 3の価格が1万6000円〜3万6000円値上げされることが決定しており、それを踏まえた値付けになると予想される。

 これまでの「Pro」ではない「Surface」シリーズ(Surface RT/Surface 2)は、ARM系プロセッサとWindows RTシリーズを搭載していたが、Surface 3はCPUに14ナノメートルプロセスルールによる新世代プロセッサのAtom x7-Z8700(1.6GHz/最大2.4GHz、クアッドコア)、OSに64ビット版Windows 8.1(法人向けにWindows 8.1 Proも用意)を採用し、フルのWindowsが動作する製品となった。

 この仕様変更により、Surface 3は今夏リリース予定のWindows 10に無償でアップデートが可能なこともアナウンスされている(ARM系プロセッサとWindows RTシリーズを搭載したSurface旧機種は、Windows 10にアップデートができないとされている)。

 ボディはファンレス設計を採用し、本体サイズは267(幅)×187(高さ)×8.7(奥行き)ミリ、重量は約622グラムと、Surfaceシリーズで最薄最軽量を実現した。バッテリー駆動時間は公称で約10時間(動画再生)。背面に内蔵するキックスタンドはSurface Pro 3の無段階調整タイプではなく、3段階調整が可能なものだ。

 10.8型ワイド液晶ディスプレイは1920×1280ピクセル表示で、Surface Pro 3同じように3:2のアスペクト比を採用。米国モデルは上位機(599ドル)が4Gバイトメモリと128GバイトSSD、下位機(499ドル)が2Gバイトメモリと64GバイトSSDを装備する。

tm_1504_surface3_03.jpg キックスタンドは3段階のチルト角度調整に対応する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.