ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Atom x7」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Atom x7」に関する情報が集まったページです。

サードウェーブ、Atom x7を搭載したスティック型PCエントリーモデル
サードウェーブは、同社製スティックPC「Diginnos Stick」シリーズのラインアップにAtom x7搭載のエントリーモデルを追加した。(2019/2/22)

「GPD Pocket 2」開封レビュー! 初代Pocketとの比較も
外も中もデキがいい。(2018/10/11)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Surface Go」日本モデルを冷静にチェックする
発表直後から「Office付きで米国モデルより割高」という面に注目が集まっている「Surface Go」の日本モデル。製品発表会で説明を聞き、実機にも触れた筆者の率直なインプレッションをお届けする。(2018/7/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Snapdragonを搭載したWindows 10 PCの気になる性能は? Geekbenchにスコア出現
MicrosoftとQualcommが共同で開発を進めている「Snapdragon 835を搭載したフル機能のWindows 10 PC」。そのプロトタイプらしきベンチマークテスト結果がGeekbenchに掲載され、話題になっている。(2017/11/29)

NEC、ペンを収納可能になった法人向けWinタブの新モデル
NECが、法人向けタブレットPCの新モデル「VersaPro タイプVT」シリーズを投入。別途、文教向けモデルも用意する。(2017/11/7)

富士通、10.1型法人向けタブレットに新モデル「ARROWS Tab Q508」を発表、新たにUSB Type-Cを装備
富士通が、文教向けタブレットPC「ARROWS Tab Q508」シリーズを発表、10月24日から発売する。提供は2018年1月下旬以降の見込みだ。(2017/10/24)

製品分解で探るアジアの新トレンド(21):
Intelを取り囲む中国チップ群、半導体“地産地消”の新たな形
中国製の2つの超小型PCを分解して見えてきたのは、Intelプロセッサを取り囲むように配置されている中国メーカーのチップだった。Intelチップを中心に構成される「インテルファミリー」では今、中国勢の台頭が目立つようになっている。(2017/10/13)

リンクス、7型WUXGA液晶を備えた小型軽量モバイルノート「GPD Pocket」の取り扱いを開始
リンクスインターナショナルは、中国GPD製のWindows搭載7型モバイルノートPC「GPD Pocket」の取り扱いを発表した。(2017/9/26)

PR:Synologyの市場参入で変わるルーターの常識 新世代ルーター「RT2600ac」(活用編)
前編ではSynologyの無線LANルーター、RT2600acの導入までを解説した。後編では具体的な活用方法を紹介する。(2017/9/8)

3万4800円のお手軽モバイルPC 「m-Book C」実力検証
気軽に持ち運んで自由に使えるモバイルPCがあると、合間に学校の課題や打ち合わせの準備をしたりでき、時間を効率的に使える。SNSでちょっと気の利いた投稿をするにも便利だ。(2017/4/28)

7型のポケットサイズPC「GPD Pocket」 出資スタートからわずか7時間で目標金額に到達(追記あり)
(2017/2/15)

ビジネスギア探訪:
ちょっと前に流行ったスティックPCはビジネスに使えるか?
2014年頃に「スティックPC」が登場しました。今では家庭のテレビなどにつなげて動画サービスを楽しむといった用途が中心です。これを仕事の場合なら、どう活用できるのかを検証してみます。(2017/1/7)

円筒形でコンパクト:
タンブラーみたいな新感覚ミニPC「Diginnos DG-CANPC」を試す
バッテリーで駆動する水筒風PCが登場。ちょっと変わったPCが欲しい人に。(2016/11/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
144Hz対応カーブ液晶&1.5万円の冷却台がゲーマーに刺さる!
144Hz表示対応の34インチ液晶や19型ノートまで対応する冷却台が登場し、一部のユーザーに注目されている。(2016/10/17)

サードウェーブデジノス、水筒風デザインの Atom x7搭載ミニPC「Diginnos DG-CANPC」
サードウェーブデジノスは、ユニークな円筒型デザイン筐体を採用した小型デスクトップPC「Diginnos DG-CANPC」を発表した。(2016/10/13)

破格の11.6型モバイルPC:
4コアCPU+240GB SSD搭載モバイルノートが4万4800円!? いろんな意味で大丈夫か?
クアッドコアCPUと240GB SSDを搭載する11.6型モバイルPCが税込みで5万円を切る価格、と聞いたら「それって安くない?」と思うのは当然。もちろんからくりはあるのだが……。(2016/9/30)

PCゲームをプレイできる携帯デバイスがクラウドファンディングで人気 DS風の上下2画面&ゲームパッドを搭載
縦に持ってAndroidスマホとしても動作します。(2016/7/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface 3」後継不在のまま終了へ 薄幸なシリーズに未来はあるか?
Atom搭載の10.8型Windowsタブレット「Surface 3」が2016年内に生産終了となる。いまだ後継機の姿が見えない状態だが、今後Surfaceシリーズはどうなるのだろうか。(2016/6/27)

NEC、横幅がゴルフボール1つ分の小型デスクトップ「Mate タイプMC」など ビジネス向け計11タイプ30モデル発表
NECが、ビジネス・教育向けPC計11タイプ30モデルを発表した。(2016/5/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Atomに見切りを付けたIntel 安価なWindowsタブレットは存続の危機か?
Intelはスマートフォン/タブレット向けの次期Atomプロセッサをキャンセルすると発表。同社の戦略変更は、Windowsデバイス市場にも大きな影響を与えそうだ。(2016/5/11)

2016年PC/タブレット夏モデル:
新デザイン、プロセッサ刷新モデルも 動画が楽しい「LAVIE」2016年夏モデル
NECパーソナルコンピュータが、個人向けPCの2016年夏モデルを発表した。(2016/5/10)

エイサー、ゲーミングシリーズ「Predator」ラインアップを刷新――第一弾の4モデルを投入
日本エイサーは、ハイスペック仕様のゲーミングデスクトップPC「Predator G3」「Predator G6」を発表。ほか湾曲ゲーミング液晶、タブレットなども用意した。(2016/2/10)

Atom x7-Z8700搭載:
エイサー、ゲーミング「Predator」ブランドから4スピーカー搭載の8型Androidタブレット
日本エイサーは、ゲーミングシリーズ「Predator」から、4つのスピーカーを搭載する8型のAndroidタブレットを発表した。(2016/2/10)

Cherry Trail搭載タブレット:
低価格2in1デバイスは、10.1型と8.9型のどちらが買いか?
Cherry Trail世代のSoCを搭載した新「mouse」ブランドの低価格Windowsタブレット「MT-WN1001」と「WN892」を徹底レビュー。サイズの違いで何が変わる?(2016/2/4)

Surface Pro 4完全検証(2):
「Surface Pro 4」の携帯性をSurface Pro 3/Surface 3と徹底比較する
毎日持ち運ぶモバイルPCならば、携帯性や使い勝手にこだわりたい。「Surface Pro 4」は先代モデル「Surface Pro 3」からどれだけ進化しているのだろうか?(2015/12/21)

ポメラでアレができたらいいのに、をかなえる:
ポータブックは究極の“ニッチガジェット”か? 「XMC10」徹底レビュー
「ポータブック XMC10」はポメラでおなじみの文具メーカー、キングジムが開発したパソコンだ。他のノートPCやタブレット、ポメラと比較した際のメリット、デメリットを考えながらねっとりとレビューする。(2015/12/17)

ポメラからPCへ進化:
キングジムがついにPC発売へ 広く使える分割キーボード搭載の8型ノート「ポータブック」
キングジムは、左右に分割して収納できるキーボードが備わった8型モバイルノートPC「ポータブック」を2016年2月12日に発売する。(2015/12/8)

キングジムがモバイルPC「ポータブック」発表 キーボードが2つに分かれてたためる
たたむとA5サイズの手帳くらいのサイズに。(2015/12/8)

Surface Pro 4完全検証(1):
「Surface Pro 4」の性能をSurface Pro 3/Surface 3と徹底比較する
正統進化を遂げた「Surface Pro 4」はパフォーマンス面でどれだけ進化したのか? 性能、動作音、発熱を「Surface Pro 3」「Surface 3」と横並びでじっくり比較する。(2015/12/6)

NEC、筆圧感知ペンを付き10.1型Windowsタブレット「TW710/C」シリーズの販売を開始
NECパーソナルコンピュータは、Windows 10搭載10.1型タブレットPC「TW710/C」シリーズの販売開始日をアナウンスした。(2015/10/23)

破格の11.6型モデル:
SSD搭載でも5万円台!! 快適レスポンスの“お手軽”モバイルノートPC「LuvBook C」
最小構成なら3万円台という低価格が魅力の11.6型モバイルノートPC「LuvBook C」シリーズを試す。もうこれで十分だよね。(2015/10/21)

7万1800円から:
「Surface 3」のWi-Fiモデル、個人向けに10月9日発売
これまで法人向けのみ展開していた「Surface 3」のWi-Fiモデルだったが、個人向けにも販売が始まる。(2015/10/8)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
ひょっとすると歴史が変わるかもしれない「iPad Pro」の登場
「iPad Pro」登場でますます激化するタブレット市場の覇権争い。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/10/2)

2015年PC/タブレット秋冬モデル:
“Cherry Trail”CPUと新デジタイザペン採用──NEC「LAVIE Tab W」
LAVIEシリーズのWindowsタブレットの10.1型で大幅強化モデルが登場。処理能力と操作環境が向上した。(2015/9/15)

レノボ、Windows 10搭載ビジネス向け10.1型タブレット「ThinkPad 10」
レノボ・ジャパンは、OSとしてWindows 10を標準搭載したビジネス向け10.1型タブレットPC「ThinkPad 10」を発表した。(2015/8/25)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Windows 10」はAppleと真逆のアプローチで勝負を挑む
「Windows 10」はXP以降で最も納得感あるメジャーアップデートになった。PC向けOSとしてのWindows 10はうまくいくだろう。しかし、パーソナルコンピューティングの中心は、もはやPCにはない。(2015/8/3)

“eクーポン適用で5万円台”にも注目:
これは“ほどよい2in1──「Lenovo MIIX 3」の“優れたバランス感覚”を試す(後編)
“Miix”から“MIIX”に変わった三代目を使い勝手を検証。今回は、価格を重視して採用したAtom Z3735の費用対効果を改めて試してみる。(2015/7/22)

さまざまな企業で採用加速:
PR:Surfaceが切り開く近未来のワークスタイルとは?
2014年7月の国内リリース以来、数多くの企業で採用されている「Surface Pro 3」。今年6月には「Surface 3」も発売されたことで、この新たなデバイスの企業利用がさらに加速することだろう。そうした中、日本マイクロソフトはプライベートイベント「2015 Microsoft Premium Day Windows 10&Surface」を開催。Surfaceが企業にもたらすイノベーションなどが徹底解説された。(2015/7/22)

「Surface 3」の気になるトコロ(7):
これぞ我慢いらずのタブレット?――「Surface 3(4G LTE)」長期レビュー総まとめ
さまざまな角度から「Surface 3」について検証してきた本連載。最終回は各ポイントを振り返りながら、レビューの総まとめをしよう。(2015/7/10)

「Surface 3」の気になるトコロ(6):
Surface Pro 3から画質は進化した?――「Surface 3(4G LTE)」のディスプレイを測定する
注目度の高い「Surface 3」を検証する本連載。今回は液晶ディスプレイの表示品質を実際の測定で明らかにする。(2015/7/8)

「Surface 3」の気になるトコロ(5):
Atom x7はゲームで“熱く”なる?――「Surface 3(4G LTE)」の3D描画性能と発熱をチェック
小型軽量で4G LTE対応の「Surface 3」を大画面の携帯ゲーム機として活用できないだろうか。今回はさまざまなPCゲームのベンチマークテストを行い、3D描画性能や本体の発熱について検証した。(2015/7/5)

「Surface 3」の気になるトコロ(4):
Surface Pro 3と比較して気づいた進化点とは?――「Surface 3(4G LTE)」のType Coverに迫る
2in1デバイスとして、Surfaceを語る上で外せないのがキーボード兼カバーの「Type Cover」だ。「Surface 3」の本体サイズに合わせて専用のType Coverが用意されたが、従来モデルを使い慣れたユーザーなら、キータッチの変化に気づくのではないだろうか。(2015/6/30)

「Surface 3」の気になるトコロ(3):
Surface Pro 3より薄型軽量でもバッテリーは長持ち?――「Surface 3(4G LTE)」のスタミナを検証する
「Surface 3」は小型軽量の2in1デバイスとして持ち運びに優れているため、外出先でバリバリ活用したいところ。そこで気になるのがバッテリーのスタミナだ。充電時には予想外の挙動も発見したので、今回はバッテリーまわりをチェックしていこう。(2015/6/26)

単体購入より最大15%安価:
「Surface 3」に文教向けバンドルモデル追加――Wi-Fiモデル+タイプカバー+ペンのセットで7万1514円から
日本マイクロソフトは7月3日、「Surface 3」のWi-Fiモデルにタイプカバーとペンがセットになった文教市場向けバンドルモデルを発売する。(2015/6/24)

「Surface 3」の気になるトコロ(2):
“Atomは遅い”はもう古い?――「Surface 3(4G LTE)」の性能を見極める
日本国内でついに発売された「Surface 3」。Atomプロセッサ搭載と聞くと身構えてしまう人もいるだろうが、果たして実際の性能は?(2015/6/21)

「ネットブックとは違うんだよ」
「Surface 3」、使って分かった抜群の高性能と“やっぱりな限界”
Microsoftの新型タブレット「Surface 3」は、同シリーズの中でも最高の柔軟性と携帯性を誇っている。Atom x7を搭載する新端末は、果たしてどれほどの実力を備えているのだろうか。(2015/6/17)

「Surface 3」の気になるトコロ(1):
USBが2つ同時に使えるってホント?――「Surface 3(4G LTE)」をSurface Pro 3ユーザーがチェックした
まもなく日本国内で発売となる「Surface 3」のLTEモデルを、一足早く編集部で入手! 本連載では、製品の特徴やスペックをSurface Pro 3と比較しながら「ぶっちゃけ、買いなの?」という疑問を解消する。今回は外観やインタフェースの違いをみていこう。(2015/6/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Surface 3」の日本版LTEモデルを速攻レビュー
6月19日の発売に先駆け、「Surface 3」の日本版LTEモデルを試用する機会が得られた。Surface 3に関するウワサを解明しつつ、数日間使ったインプレッションをお届けする。(2015/6/1)

PC USER 週間ベスト10:
両極端な2つの「Windowsタブレット」が話題に(2015年5月18日〜5月24日)
今回のアクセスランキングは、2つのWindowsタブレット新機種に注目が集まりました。(2015/5/25)

USモデル先行レビュー:
「Surface 3」を2週間使って分かったこと――Surface Pro 3/新MacBookとの違いは?
サンフランシスコに在住し、「Surface Pro 3」と「新しいMacBook」を使っているソフトウェアエンジニアの筆者が、いち早くUSモデルの「Surface 3」を入手。日本モデルの販売開始を前に、2週間ほど使ってみたレビューをお届けします。(2015/5/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。