ニュース
» 2015年06月30日 11時00分 UPDATE

レノボ・ジャパン、重箱タイプの周辺機器「ThinkPad Stack」発売

異なる機能のユニットを積み重ねて場所取らず。自分が必要なユニットだけを選んで重ねることも、全載せすることもOK。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは、6月30日に外付け周辺機器「ThinkPad Stack」シリーズを発表した。ラインアップは「ThinkPad Stack Bluetoothスピーカー」「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」「ThinkPad Stack ワイヤレスルーター/1TB ハードドライブキット」、そしてすべてのユニットをセットにした「ThinkPad Stack プロフェッショナルキット」で、販売は6月30日から順次開始する。

 ダイレクト販売価格は、税別でThinkPad Stack Bluetoothスピーカーが1万1000円、ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンクが7500円、ThinkPad Stack ワイヤレスルーター/1TB ハードドライブキットが2万7000円、ThinkPad Stack プロフェッショナルキットが3万9500円だ。(記事掲載当初、プロフェッショナルキットの価格に誤りがありました。おわびして訂正いたします)

kn_tpstack_01.jpg ThinkPad Stack

 ThinkPad Stackは、各ユニットに用意した“ポゴピン”と“ポゴパッド”に重ねることで接続ケーブルを使うことなく各ユニットを自由にの組み合わせて接続できる。電源や扱うデータを共有できるほか、Windows 、Android、iOS(7月上旬配布開始)のそれぞれで用意する専用アプリでPCやモバイルデバイスから各ユニットを一元管理が可能だ。

 ThinkPad Stack Bluetoothスピーカーは、2ワット+2ワットのスピーカーを内蔵するBluetooth 4.0接続ユニットだ。本体サイズは136(幅)×76.8(奥行き)×28(高さ)ミリで、重さは242グラム。この状態で容量1500mAhのバッテリーを内蔵して8時間のバッテリー駆動が可能だ。インタフェースはMicro USB 2.0と3.5ミリ外部入力を備える。電源はMicro USBで充電できるほか、ポゴピン、ポゴパッド経由でも可能だ。

 ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンクは、容量38ワットアワーのモバイルバッテリーユニットだ。本体サイズは、本体サイズは136(幅)×76.8(奥行き)×16(高さ)ミリで、重さは250グラム。インタフェースはMicro USBとUSB(Type-A) 2.0を備える。電力入力は5ボルト/2アンペアに対応し、供給は5ボルト/1アンペアが2系統と、5ボルト/4アンペア(ポゴピンにより充電時)が可能だ。

 ThinkPad Stack ワイヤレスルーター/1TBハードドライブキットは、無線LANルータユニットとHDDドライブユニットを組み合わせた製品だ。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠を利用できる。下り最大の転送速度は2.4GHz帯接続時で150Mbps、5GHz接続時で433Mbpsになる。また、3G/4Gモジュールを接続できるUSB 2.0とギガビットイーサ対応有線LANも備える。

 本体サイズは、無線LANルータユニットが136(幅)×76(奥行き)×16ミリ(高さ)で重さは138.5グラム。HDD本体は、136(幅)×76(奥行き)×14ミリ(高さ)で重さは211.6グラムとなる。

 「ThinkPad Stack アシスタント」は、レノボのダウンロードサイト、または、Google Playからダウンロードできる。ThinkPad Stackそれぞれのユニットを一元管理できるツールで、各ユニットの状態確認は設定、無線LANルータへのログインやHDDユニットに保存しているデータ共有設定が可能だ。

kn_tpstack_02.jpgkn_tpstack_03.jpg ThinkPad Stack アシスタントを使えば複数のユニットの一元管理やデータの共有設定が簡単にできる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.