ニュース
» 2015年07月21日 11時45分 UPDATE

NEC、8型/10.1エントリーAndroidタブレット「TE508」「TE510」最新モデルを発表

NECパーソナルコンピュータは、エントリークラスモデルとなるAndroidタブレット「LAVIE Tab E」シリーズの新モデル2製品を発表した。

[ITmedia]

  NECパーソナルコンピュータは7月21日、エントリークラスモデルとなるAndroidタブレット「LAVIE Tab E」シリーズの新モデル2製品「LAVIE Tab E TE508/BAW」「LAVIE Tab E TE510/BAL」(以下TE508/BAW、TE510/BAL)を発表、7月23日より順次販売を開始する。販売価格はそれぞれ2万2800円/3万3800円だ(税別)。

photophoto LAVIE Tab E TE508/BAW(左)、同 TE510/BAL(右)

 8型モデルのTE508/BAWは、従来製品より画面周りのフレーム幅を細くしたスマートデザイン筐体を実現した。ディスプレイ解像度は1280×800ピクセル表示に対応、“1.3GHzクアッドコア”プロセッサを搭載し、メモリは1Gバイト、ストレージは16Gバイトを内蔵する。ほかWebカメラ2基(200万画素+500万画素)、microSDカードスロットなども備えた。またサウンド出力はサラウンドサウンドを楽しめる“Dolby Atmos”に対応している。

 10.1型モデルとなるTE510/BALは、1920×1200ピクセル表示対応のIPS液晶パネルを採用した。またスピーカーを3スピーカー構成に変更、TE508/BAWと同様に“Dolby Atmos”にも対応した。プロセッサは“1.7GHzクアッドコア”を搭載、メモリは2Gバイト、ストレージは16Gバイトを内蔵。Webカメラ2基(500万画素+800万画素)、microSDカードスロット、IEEE802.11a/b/g/n無線LANも利用可能だ。


 またNECは、法人向けモデルとなる「LAVIE Tab E ビジネス向けモデル」を発表、8月3日より出荷を開始する。業務システムの安全な利用を実現する「セキュアブラウザ」を搭載したセキュリティ強化仕様となっているのが特徴だ。価格は8型モデルが3万3800円、10.1型モデルが4万8800円(ともに税別)。

NEC Direct(NECダイレクト)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.