ニュース
» 2015年07月24日 10時30分 UPDATE

まだ慌てる時間じゃない?:「Windows 10」の無料アップグレードをあえて阻止するという選択肢

アプリの動作確認などが完了してからWindows 10を導入したいユーザーへ(追記あり:Windows 10の無料アップグレードを予約しなければ、自動でダウンロードされることはない)。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトのWindowsテクニカルサポート公式ブログ「Ask CORE」にて、Windows Updateから「Windows 10」への無料アップグレードを抑止する方法が紹介されている。

 Windows 7(SP1)/8.1 Updateのユーザーは7月29日から1年間、Windows 10のアップグレードが無料で提供されるが、ビジネスユースを中心にアプリケーションの動作確認など管理上の懸念事項をクリアにしてから導入したいといった要望もあるだろう。そうした場合、次の手順でWindows UpdateからのWindows 10アップグレードをブロックできる。

tm_1407_win10update_01.jpg Windows 7(SP1)/8.1 Updateでは、通知領域のWindowsロゴアイコンもしくは、Windows UpdateからWindows 10の無料アップグレードを予約できる。 Windows Updateで更新プログラム「KB3035583」をインストールすると、これらの予約機能が追加される仕組みだ

グループポリシーからブロックする方法

 まず、Windows 10のアップグレードを行いたくないPCに、OS別に用意された以下の更新プログラムをインストールする。

  • Windows 7用の更新プログラム → 「KB3065987
  • Windows 8.1用の更新プログラム → 「KB3065988

 次に「Windows」+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動し、「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックすると、「ローカル グループ ポリシー エディター」が立ち上がる。

 このウィンドウの左ペインにあるツリーを「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows Update」とたどり、右ペインの項目「Turn off the upgrade to latest version of Windows Update」をダブルクリックで開き、値を「有効」に変更すれば作業は完了だ。

tm_1407_win10update_02.jpg 「ローカル グループ ポリシー エディター」を起動し、左ペインにあるツリーを「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows Update」とたどる
tm_1407_win10update_03.jpg 右ペインの項目「Turn off the upgrade to latest version of Windows Update」をダブルクリックで開き、値を「有効」に変更する

レジストリからブロックする方法

 上記のポリシー設定は、レジストリの編集によっても行える。「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力して「OK」を押すと、「ユーザーアカウント制御」のダイアログが表示されるので「はい」をクリックする。

 「レジストリ エディター」が起動するので、以下の値を設定する。

  • キー HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate
  • 名前 DisableOSUpgrade
  • 種類 REG_DWORD
  • 値 1

 ここで左ペインから「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「Software」→「Policies」→「Microsoft」→「Windows」とたどって、「WindowsUpdate」キーがない場合、「Windows」キーを右クリックして「新規」→「キー」を選択し、新規作成された「新しいキー #1」の名前を「Windows Update」に変更すればよい(Windows Updateキーがある場合は次の操作からで問題ない)。

 「Windows Update」キーをクリックしたら、右ペインの空いている場所を右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット)値」を選択し、新規作成された「新しい値 #1」の名前を「DisableOSUpgrade」に変更する。

 最後に「DisableOSUpgrade」を右クリックして「修正」を選ぶと「DWORD(32ビット)値の編集」ウィンドウが表示されるので、「値のデータ」に「1」と入力して「OK」を押す。「DisableOSUpgrade」の種類が「REG_DWORD」、データが「0x00000001(1)」となっていれば設定完了だ。

tm_1407_win10update_04.jpg 「レジストリ エディター」での設定も可能だ

 このレジストリをコマンドラインで適用する場合は、以下の「reg」から「/f」までを管理者権限のコマンドプロンプトで実施すればよい。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v "DisableOSUpgrade" /t REG_DWORD /d 00000001 /f


 レジストリ編集のミスはOSの重大な動作不良を引き起こしかねないため、不慣れなユーザーはグループポリシーから設定したほうが無難だ。

Windows 10の無料アップグレードは自動実行ではない(追記)

 なお、Windows 10の無料アップグレードは、自動で実行されることはない。アップグレード対象となるWindows 7(SP1)/8.1 Update搭載PC/タブレットのユーザーが、「Get Windows 10」アプリやWindows Updateの画面から予約することで、7月29日以降にWindows 10へのアップグレードが可能になる。予約をすることで、7月29日以降にWindows 10が自動でダウンロードされ、アップグレードの準備ができ次第、アップグレードのスケジュールを促すポップアップが表示される予定だ。

 つまり、Windows 10アップグレードの予約をしなければ、無理にグループポリシーやレジストリの設定をしなくても、Windows 10の自動ダウンロードおよびアップグレードは実行されない。個人ユーザーでWindows 10のアップグレードをすぐ行いたくない場合、これらの予約をしなければ問題ないだろう。

 ちなみにWindows 10の無料アップグレードを一度予約したがキャンセルしたい場合、通知領域にあるGet Windows 10アプリのアイコンを右クリックし、メニューから「アップグレードのステータスを確認する」→「予約の取り消し」を選択すればよい。

 一方、家庭内の共用PCや業務用PCを知らない間にアップグレードされたくない場合などでは、今回紹介した設定が有用だ。

※公式ブログの追記を受け、最後のパートを加筆しました。またレジストリ編集の手順を加筆しました(2015年7月24日16時/PC USER編集部)

関連キーワード

Windows | Windows Update | Windows 10 | OS | Microsoft


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.