ニュース
» 2015年09月03日 12時09分 UPDATE

日本マイクロソフト、会議室向け大画面デバイス「Surface Hub」の国内予約受付を開始

日本マイクロソフトは、Windows 10を導入した会議室向けのコラボレーションデバイス「Surface Hub」の予約受付を開始した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは9月3日、Windows 10を導入した会議室向けのコラボレーションデバイス「Surface Hub」の予約受付を開始した(出荷は2016年1月予定)。ラインアップは55型モデルと84型モデルの2タイプを用意。予想実売価格はそれぞれ83万949円/237万4059円だ(ともに税別)。

photophoto Surface Hub 84型モデル(左)、壁面設置イメージ(右)

 タッチ操作およびペン入力に対応した大画面ディスプレイを備えるWindowsデバイスで、OSとしてWindows 10を導入。最大100点までのマルチタッチと3つまでの同時ペン入力をサポートするほか、1080p対応のWebカメラ、無線LAN/Bluetooth 4.0、NFCなどを利用でき、ネットワークを介した参加者との共同作業も可能となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.